やっと全部読み終わったから語りたい
とりあえずこの漫画の作者頭おかしいよね?
二瓶出る辺りまでは大人しくして読者釣るのがいやらしい
そこからずっとジェットコースター
>>
この漫画がすごいノミネートで打倒ダンジョン飯!他の漫画家は全員敵です!ってお出ししたのがエドガイファッションショー回
アニメ化に当たって日和ったとか言われないようにします!ってお出ししたのがシートン回です
>>
くれいじー…
シマエナガの回は本当に狂ってんじゃないのかこの作者ってなった
そんなわけないでしょ!!
明治時代のアレコレとか北海道に根付く文化とか勉強になるし学校の図書館にも置くべきですよ!!
>>
>明治時代のアレコレとか北海道に根付く文化とか勉強になるし
うnうn
>学校の図書館にも置くべきですよ!!
うーn…
>>
大英博物館を飾ったほど由緒正しい漫画なんですけど?
姉畑と江戸貝はアウト
>>
宇佐美忘れるな
3話ぐらいまでは真面目に描こうとしてた感じがする
>>
諦めはええな!
真面目に描くとめっちゃ暗くて重い話になるから頭おかしいギャグとか入れて中和する
>>
キロちゃんの最後にギャグ入れるんじゃないよ!
>>
この旅は
無駄ではなかった
……いや結構無駄な事したな…
少女団ゲンジロウの首がどんどん太くなったのは何の意味があるんですか
>>
は?一向に読者サービスですが?
>>
女の子の前で勃起!とは言えないから自らの首を勃起させる
>>
アニメでもちゃんと太かったのは耐えられなかった
ラストはいい感じに終わりそうで
最後にギャグで落ちおつけるのは読めた
>>
結構前からラストは決めてるって言ってたはず
大団円にしますとも言ってる
ただそれが読者の思い描く大団円なのかはわからない
いろいろセンシティブな要素が多いから全部どうでもよくなるようなやばい人たちに頑張ってもらうんだ
>>
トニアンジの盲目ギャグが埋もれるレベルだからな
月島軍曹がだんだんとおかしくなっていくように見える構成いいよね…
最初からおかしいんだけど
>>
軍曹の狂気は真面目さと厳格さから来てるからな…
ラッコ鍋とか温泉シーンとかバーニャ!!とかなんでそんなに男の裸描きたがるの
>>
はー!?一向に読者サービスですがー?
単行本だけのシーン
俺も言われるまで忘れてたけど人間の皮剥ぐ行為の時点でなかなかグロい漫画だ
>>
皮を剥いでなめすからな…
単行本での修正もあたまおかしい
アイヌグルメ漫画とかなんとか言われた時期もありましたね…(遠い目)
>>
闇鍋ウェスタンですが?
北海道はゴールデンカムイを応援しています!!!!!!!!!!!!
>>
正気か北海道
>>
アニメは樺太編だったのマジでタイミング悪い…
話の最初にその回の鍵となる事柄を盛り込んでくれることが多いから展開がすっきり頭に入るのよね
たとえば稲妻強盗の回で「アイヌは子どもが大事」って話をチカパシたちがした後に鶴見が赤ん坊をフチに預けるシーンに繋げたり
>>
谷垣がアイヌの格好してても和人ってすぐばれるって話を振ってから
ニセアイヌの話するのいいよね
迫先生に悲しき過去…
タイトル回収まさかのアシリパさんではなく鶴見中尉で痺れたね
>>
寄生獣みたいに別解釈で再回収する可能性も…
>>
今のところウェンカムイ扱いだしプラスの意味でしそうではあるよね
バランス取ってるのか土方組の対戦囚人は真面目なやつばっかなんだよな
>>
ヤクザ系の話だって
片方は親分姫なのに土方の方は終始シリアスしてたもんな…
作者さんホモですよね?
>>
既婚者だぞ
土方組はわりと真面目だからマスコットキャラクターとして門倉を投入する
>>
土方組
門倉キラウシトニってちょっとマスコット多く無いかね
>>
お色気とカワイイ担当の谷垣がいなくなったので…
>>
それっぽかった有子はすぐ脱落しちゃったしな
姉畑先生の回って無くてもストーリー進むよね?
>>
あれのせいでキラウシが土方につくからいる
…いやキラウシが何なんだこいつ必要なのか
土方歳三だけ対戦相手までシリアスなのずるいよね…
>>
アンタが若いのは時間が止まってるからなんだな…
アニメ化にあたって問題のある部分が多すぎる…
そこに面白いシーンあるから困るし
>>
姉畑回はカットされたがファンも納得でダメだった
結局OVA化したけど
>>
えぇ…
トニはアレでシリアスなバックボーンのキャラなんだけどな
お前ちょこちょこ盲目ジョーク挟むのやめろ!誰も突っ込めないからそれ!
宇佐美と姉畑がこの漫画の敷居を引き上げてる
>>
江戸貝くんを忘れるな
精○探偵の下りいる!?
>>
宇佐美の異常性がよくわかるし…
もう麻痺してるけど人の死に方も結構えげつないからなぁ
>>
クマに引っ掻かれて顔ベロンってなるのインパクト凄いと思う
しかもあっこから相討ちになるのもヤバい
結構長い期間読んでなかったけどシマエナガが本当にひどい…
この漫画助かったのエゾモモンガぐらい?
>>
ヒグマの子供とかもアシリパさんの村で育てることになったから助かってる
まあ育てた後は殺すんだが
作者の幼少期に祖父母のセッ○○見てしまったってエピソードがシリアルキラーによくある幼少期に受けた性的虐待感あっていいよね…
>>
オチウ怖ぁい…
>>
あれからセクハラしなくなったチカパシ…
脳食べるのが好きなヒロインもキツくないか
>>
アイヌの食い方に何か文句でも?
>>
死んだ目で脳食ってる杉元いいよね
月並みだけど一番怖かったのは平太師匠回
脳内熊と師匠の一ページを見た時はリアルで声が出た
>>
頭巾ちゃんの絵も怖いし監獄内にいる平太師匠に近づいてくる熊も怖い
そしてあの人はもろゴールデンカムイに人生を狂わされた人という
>>
物語の終盤近くになってこんなゾッとするエピソードお出ししてくるのスゲェってなった
チ○ポ先生のおでこのハンペンの謎は明かされずに終わりそうだな…
>>
あれは単に鍛えた結果では
メタ的にはあれが無いと全部カッコよすぎるから付けてるんだってさ
二階堂は頭がだいぶ弱くなってる感じしたけど可愛げがある
>>
通しで読むと最初マトモ過ぎて相当メンタル壊したのがわかって可哀想…
二階堂は2つあるものが全部1つになってるらしいけど今何が残ってるの
>>
目と鼻の穴と肺
>>
それは最後の決戦が楽しみだ
一番恐ろしいのは数々の変態たちに現実の元ネタが居ること
>>
無から産み出す方がこえーよ
動物がちゃんとリアル調にその動物らしく可愛いのが動物好きなんだなーってなって好きほぼ食われるけど
>>
思いっきりリアルでかわいいのってあんまりないんだよね
ゆたんぽは情熱を感じた
>>
チュリリリリリ
本誌で読んでた時は辺見辺りの笑顔で殺す杉元は辺見の妄想だと思ってたけど
読み返したら杉元もノリノリで辺見殺してあげてるんだな
杉元も辺見の死に場所探しに共感するところあったんだな
>>
杉元だけの視点だと元々親切にしてくれてたし
殺し合いになったけど「お互い煌めきましょう!」とか言ってくるからな
>>
役に立った!
アニメは最初の頃はちょっと心配になる感じだったけど
回を重ねる毎に良くなっていったというかいい感じにあたまがおかしくなっていったよね…
>>
うんこち○ぽ叫んでる…
>>
バーニャ☆と少女団まで全力でやってくれてありがたい…
シマエナガ回はなんなの…あれも愛情なの…
>>
シマエナガちゃんがゴールデンカムイ出たいよ出たいよ〜って言ってたし…
死刑囚が本懐を遂げて幸せになる漫画
>>
二瓶 辺見 先生 海賊 平太師匠 上ェ地 いっぱいいるね…
なんかいい感じに肯定されて綺麗に死ぬサイコと登場人物全員にフルボッコにされて惨めに死ぬサイコの線引きがよくわからない
宇佐美が綺麗側なのが一番謎
>>
単にレギュラーだからだろう
>>
アシリパさんに危害を加えようとしたか否か
>>
家永はしたじゃん!
>>
アイツあれで鶴見の手のひらの上で踊ってんの自覚してるから
宇佐美からすると最後のあれは嬉しい8割ですよね2割なんだ
家永は綺麗な幕引きだったけど
これで良かったのかな…っての感じがしたくらいには殺しているよね
>>
劇中で明確に無辜の夫婦殺してるからな…
>>
しかも他の被害者もえっぐい殺し方してるからな…
脳食わせるとか
アチャだよ
物持ちいいよね
>>
刺青人皮と違って別に必要もないのに何年も保管してんだもんな…
>>
日露戦争の時もアチャ顔皮をもっていた鶴見中尉を思うと笑える
こんなの見つかったら下手したら捕虜虐待に問われたぞ
もうアチャは死んじゃったし復讐目的なら
アシリパさんが産んだ子供を殺すとかじゃないと完結しない気がする
>>
アシㇼパさんってちゃんといって
>>
言えねぇー!
>>
>>
乱用ダメ絶対
>>
セ゜ツ゜ト゜とかどうやって発音すんだろ…
全部アチャのせいじゃねーか
>>
あちゃー
鶴見の真意は長岡での(多分)悲惨な幼少期から猛勉強して軍に入って情報将校になるまでの過去編やらんとわからん
>>
宇佐美みたいに普通の家庭で人並みに幸せな
幼少期の方が異常性が際立つ
>>
アチャ「日本のスパイだってバレたから邪魔な家族は処分しておいたよ」
>>
アチャなりの長谷川さんへのお礼だったかもしれんな
邪魔な家族を処分して世話になった長谷川さんが逃げやすいようにしたって
>>
アチャは善意でこういう事しそうで困る
>>
アシリパさんとソフィアの気の強い女性2人を同時にビビらせた鶴見中尉を見習いたい
>>
気の強い女は目の前で人間の皮を被る人間に弱い
>>
誰だって弱いわそんなん!
藩閥政治と中央大嫌いなのは確実に真意として
実のところどこまで明治政府を恨んでいるのか
>>
この鶴見脳カケ前のしゃれこき将校さん状態だけど
後期鶴見に見える変な大仰な仕草してて好き
ウイルクの人の心は外付けだから…
>>
ウイルクはやるべき事を最短最速で考え出して即実行もできるとても美しい人だからね
本当に素敵な男だったよ
>>
キロランケ成仏しろ
みんな死んでも最後にアシリパさんが干し柿食べたら何となくきれいに収まった感じは出そう
>>
でも目の治療費を持ったアシリパさんが杉本の実家の村に行くんだ…
>>
梅ちゃんも流石に幼馴染みの遺言として遺産渡されたら受け取り断らないだろう
杉元が生きてたら断りそう
全話無料で久々に1話から読み直したけど
そういえばレタラとかいたなあ…って
>>
出てきても絶滅しそうだから出てこなくていい
>>
レタラとスケベマタギはエピローグで家族と仲良くするシーンが出るまで出番なくていいよ
死なないでくれ
回想で二瓶とか死亡済みの囚人が登場すると嬉しくなる
白石と二人で大阪太郎を茶化す下りめっちゃ面白い
>>
監獄の二瓶は割と普通だよね
やっぱり熊を狩らないと調子が出ないんだろうな
ドンキとコラボか〜…どれどれ…ん?…誰だこの美少女!?
>>
誰なの!?
>>
杉元ニシパのアイヌ飯の顔芸
金塊争奪でも妻子持ちはお荷物だった
>>
ブヒィまで声に出すとは思ってなかったアニメ版
土方が「男子の向こう傷だ」って褒めたのと
新撰組時代の士道不覚悟で切腹を思い出すと丸くなったねって
>>
函館戦争の時の土方はむっちゃ優しかったらしいぞ
兵士にも慕われてた母ちゃんみたいな感じだったと証言があった気がする
>>
元々土方は子供には優しいと証言もあるし
蝦夷共和国なんか選挙で総裁決めて榎本の次点が土方なので人望はある
先生って緻密に先のこと考えているようでけっこう行き当たりばったりで描いてるよね
>>
まあ週刊連載だからな…
>>
ある程度話の大筋は考えてあるだろうけど勢いを殺す方が良くねえよな
最悪加筆で直せるし
>>
初連載が
>作者にとって10年近いアシスタント生活を経て巡ってきた初の連載のチャンスだったが読者からの反応はなく、編集長から「時間を無駄にして欲しくない」と連載終了を告げられ全6巻で完結。
>のちに「今思えばわかりにくいタイトルや話の運び方など、反省点はたくさんある。一度読者を引き込むことに失敗すれば、挽回するのがどれだけ難しいかを痛感させられた」と語り、「あの悔しさは次作が売れなければ癒やせない。
>絶対にヒットさせて見返しやる」という気持ちが次作『ゴールデンカムイ』の原動力になったという[4]。
こういう苦い結果に終わったし余計にな…
尾形弟が思ったより重要キャラだった
>>
処女で常にライブのセンター務めてるのにスキャンダルやケガも病気もないアイドルみたいなものなのかな
鶴見の周りはホモしか居ねえ!
>>
本人がそうなるように仕込んでるからな
鯉登はこの漫画にしては珍しく全うに成長してるな
>>
わがまま坊っちゃんが擦れて成長してくのいいよね…
>>
戦争未経験なのと親に恵まれたのがでかい
何が成長だよ二階堂なんて生物として進化してるぞ
>>
サイボーグ兵器じゃねぇか
やっぱ長谷川さんの正体明かすシーンって連載当時すげー衝撃だったろうな…
>>
アニメでもあそこで芳忠さんっぽい演技になるところが良かったよ
ロシア人にこの漫画ってウケてるのかな
>>
日本のMANGAってすげーウケいいみたいだからまぁ舞台関係なくうけるじゃろ
ヘルシングがドイツで人気って聞いてええっておもったけど
こんな綺麗な目をしてる人間を人の心がないとか…
> こんな綺麗な目をしてる人間
綺麗な澄んだ目