この人が鬼殺隊入ってたらめちゃくちゃ強かったん?
産まれながらのアザバフと病弱デバフでトントン?
身体強かったら縁壱の再来になれただろうか
>>
むしろ縁壱の動きを模倣し続けて縁壱の世界に入門した結果身体が耐えられなくなっての病弱なのでは…
鬼殺隊最強の男が最終決戦でようやく辿り着いた透き通る世界に入門してて炭治郎が最後までできなかったヒノカミループを一晩中できるだけだし…
>>
無惨の苛烈な攻撃を掻い潜りながらは一晩舞えないと思う
>>
でも炭治郎は死にかけて先祖の記憶からお手本みて繋げられた!ってのを伝承だけで再現成功してるのは…
熊がこの世界でどの程度のポジションなのかよくわからない
これでちゃんとした体だったら化け物になるし
ちゃんと世界がバランスをとって弱体化したんだよ
>>
縁壱は…?
>>
縁壱でやり過ぎたから後の世代に反省を活かした
>>
不幸でバランスを取る世界には参るね…
この人も記憶の遺伝してたのかな
>>
物憂げに約束なんだ…とか言ってたししてたんじゃない?
実際どれくらい強いんだろ
柱くらいはあんのかな
>>
スケスケ炭治郎と同じくらいの強さと仮定しても
アカザの首落とせるやつ柱の中にどんだけいるかっていうと
痣を発動した岩柱くらいじゃね?
炭十郎にも痣が出てるとは言っても
縁壱(と柱たち)の『痣』とは正直見た目が違いすぎるし
まあ効力とかは別物なんじゃないかなあと
>>
緑壱(天然もので超強い&死なない)
柱(コピーで強いけど死ぬ)
だから炭十郎のは縁壱には敵わない強さだけど死なないって感じじゃないかな
>>
縁壱の模倣とかいう肉体の自己改造の集大成として痣が出たけど完全な縁壱の模倣にはまだ不十分なんだろうな…
柱の呼吸と型はそこから更にデチューン版だし…
あんだけ訓練しまくって死闘続けてる炭治郎より山の中でずっと踊ってるだけの父が強いってことはないだろう
>>
ヒノカミカグラが異常な強さ過ぎるので少なくとも蜘蛛山辺りの炭治郎よりかは強そう
>>
でもこの作品縁一や無一郎みたいな突出した才能あるキャラいるし…
>>
全集中してそれが疲れなくなるほど完全に習得した完成形だから
なんというか育成ルート自体がなんか違うバグ
ジャンプの主人公って血筋優秀なの多いけど炭治郎の血は絶妙な位置付けだよね
>>
最強の子孫は別にいるあたりそう
長男はあんまり天才って感じじゃないな主人公レベルの運命と素質は持ってるけど
なんか他の人と比べて唯一無二感は薄いどっちかいうとジャンプ漫画の主人公に珍しくまじでほぼ努力と運と仲間のおかげで勝ててるみたいなやつだ
>>
鬼としては天才だし…