タイシン…?
消える飛行機雲
>>
夏の曲じゃねーか!
もう一方はこれ
>>
焚き火が消えるようにタイシンも…
鳥の目撃コメントはマンボを連想させる…
消えたいとかここで燃え尽きてもいいとか思ってるのかな
やめてよね
>>
小せえ水族館の生物とか砂浜のイソギンチャクとかと同じで煩わしい事を深く考えることもなくただただ本能に従って生きている生物をただただ羨望の目で見てるんだと思う
キャンプ行くかタイシン
>>
タイシンと行くキャンプ楽しそう
タイシンにはチケゾーとハヤヒデがいるから大丈夫だろうって安心感があるというかタイシン相手にタイシンテスト決められるのはお前以外いないよ…
WとBが曲解して大騒ぎになるやつ
>>
そこにタイトレも参加して大変なことになりそう
主に声量が
>>
むしろタイトレはタイシンがここまでふらっと消えそうになると声は控えめだけど
真剣な様子でどこにも行くなとか言って欲しい
これとあと焚き火がタイシンの秋セリフだけど人間は見ていたくないんだなってのが一貫してわかるよね
>>
本当はレースなんかしたくないんだよね…
秋の夜更けにタイシンと言葉数少なに篝火を眺めていたい
>>
普段話さないようなどうでもいいことや昔のことを話したい
自分は何も考えずにこういう事言うくせにトレーナーが同じ事言ったら病む女って言われてて吹いちゃった
>>
いやでもあんな暑苦しくて煩くてでも側にいてくれると安心するような奴に
遠くにいきてえな…なんて言われたら泣くよ普通
タイシンって泣くのだろうか
>>
日経賞勝ったときは流石に潤んではいたな
>>
タイシン何だと思ってんだ
>>
肺出血の関連でレース前にめっちゃ泣いてただろ
やっぱり一生添い遂げないといけないのでは?
>>
タイシンがどう想うかは置いといてタイトレ居ないとめちゃくちゃ早死にすると思う
(やっぱり人が苦手なんだな…俺もあんまり近づきすぎないようにしないと…)
>>
💢💢
>>
だから水族館でタイシンを結果的にストーキングする
「あーあ…遠くに行きたいな(宣言解除されるしキャンプしてえな)」くらいのタイトレの呟きにうろたえるタイシン
>>
「流石にちょっと…疲れたな…」とか聞いちゃうんだ
BNWだとタイシンが一番早く旅立ったんだよね…
>>
まあタイシンもハヤヒデも長生きしたけどね
>>
めちゃくちゃ長生きだよね
ライバル3頭全員30踏んだのはすごいよ
タイシンのトレーナーの行動は割と一貫してて
こいつタイシンの笑顔が見たいんだと思う
>>
いいよね唐突なしりとり
タイシンと遊びたくてゲームも練習する
>>
あのタイシンが前より柔軟に接してくれるようになった!って3年目くらいに超喜んでたからな… タイシンの受け皿はやはりお前しかいない…
こういうセリフとか水族館の下りみるとほんとに一人が苦痛じゃないタイプなんだなって思う
>>
というか人混みが嫌いって描写が幾つかあったと思う
>>
タイシンに絡んでくるモブが本当なんかしらんがロクでもないのばかりだし勝負服にはフードもつけるしでとにかく他人というのは嫌な存在でしか無いんだと思う
つまりタイトレがタイシンをどこにでも連れて行ける渡り鳥になるんだ
>>
今日から魚兼渡り鳥になります
冬のナマズ…?
いいよね個別ストーリーの夏合宿…
>>
最後は花火じゃなくてタイシンの横顔見てるのがいい…
タイトレが優しさだけじゃなくて若干掛かり気味なのも
ただのお節介にならずにタイシンにとって心地いいのかもしれない
>>
空回ってるくらい全力なのが分かるからこの人に裏はないって分かって安心できるのかも
夏はイソギンチャクを眺め
秋は焚き火を眺め
冬は何を眺めるつもりだろう…雪山?
>>
ちっちゃい雪だるまつくって窓辺に置いてボーッと見てそう
タイシンはチケゾーとタイトレに会えてほんとに良かったね‥ってなる
>>
ハヤヒデのレス
>>
お前も含めてだぞ姉貴!
まるで病弱な少女のセリフだな
公園でてのも車椅子に乗ってそう
>>
実際怪我との戦いだからなタイシン
春は何してたっけなと思ったタイシン
見たら屋上で昼寝してた
恒常セリフかと思ったわ…
>>
屋上昼寝そういや限定だったのか
すごく苛烈で激しい一面もあるのに根がすんごい無垢だよな
>>
というか、苛烈なのがいじめに対する反骨心からだから、無垢な方が本来の性格だと思う
>>
だからこそ正面から傷ついて歪んでしまうとこはある
いつかタイシンも俺の手を離れて行くんだよな…
その時が来たらつらいけど全力で応援するからな…!
>>
一生💢
俺がタイシンの渡り鳥になるよ
>>
それもいいし鳥にはなれないけど2人で歩いていけるというのも良いんだ