刃牙外伝やっぱ最高に面白いわ
いいよね
このシーン関根勤本人なのが面白い
>>
関根努です!関根努です!関根勤ではなく!
>>
言われるまで素で気付かなかったわ
友情出演枠じゃなくいつものそっくりさん枠だったのか
君が集めたんだ
の所でいつも涙腺に来てしまう
関根さんはこういう事いいともで言う
>>
この時の様子をコメディアン・関根努(68)氏は後にこう語っている
「僕多分この後プロデューサーに怒られてます」
関根さんは刃牙読者なので勿論この事は知ってる
>>
アニメ化されたらこの部分やりたいだろうな
いや〜バレバレだわ
>>
やっぱり?
>>
>>
こんな偉そうな事言っといて内容が負けてないんだから凄い
あのあんちゃんが主人公である限り世代が外れても入ってこいよという入り口が保たれ続ける作品
>>
まったく掠りもしない世代だったとしても
斗羽と猪狩が無観客で試合しようとしてる場に居合わせたら多分ああいう反応以外にないだろうなっていう…
あっちこっちの色んな職業の人達が今自分のやるべきこと投げだしてでも集まろうとしてるのが当時の二人のスター性窺えていいよね…
投げ出された側はたまったもんじゃないけど
>>
手術始まるんですよ!?
この関係性が滅茶苦茶いい…
病院に担ぎ込まれて死んだってのにあんなしっかりした遺言状出てくる辺りが最高にプロレス
>>
そしてそれも全部仕込みってのもプロレス
32文ロケット砲はとっておき度を思うともう少し派手でも…とちょっと思う
そういえばランニングネックブリーカードロップは出してないんだな
フィニッシュホールドだからこの戦いには合わんか
>>
16文で始まったから16文で終わるんだよ
病人がファンだったら死んでもいいから見せて欲しいって病院から脱出しそうだしな…
>>
仕方ない機材持ち込んで手術しながら観るか
麻酔は部分と気合いで
>>
試合の高揚感でβ-エンドルフィン分泌させて耐え切りそうだな…
出番なくて扉絵でマトリックスしてる刃牙が意味不明で良い
>>
当時は名試合に刃牙のグラビアが付いてくると言われていた