>>
接敵したやつをなんかの基準(現代日本の法律か自分の主観)で
ギルティorノットギルティ判定して前者なら即殺とか?
大量に殺してる辺り本人の意志と関係なく全自動で発動してそうなイメージが
キャラ的には好きだが絶対死にそう
>>
そりゃそうだ…
>>
根は善人、だが呪いに当てられて狂った、術式が式神っぽい
など諸々がこいつと被ってるだけに…
一話でとんでもないキャラの立ち方をした人
>>
普通参加者その1(ポッと出)の紹介に一話とかあり得んけど
19ページで完全に楽しませられてしまったので何も言えなかったっていう
一族惨殺したパイセンより狂っていく過程がねっとり描写されてていいと思う
>>
しかもたった一話で
術式は目隠ししてる正義の女神モチーフなのが
やっぱりおかしくなってるんじゃねこの人?と思ってしまう
>>
正義の女神が目隠ししてるのは元ネタ通りだし
というか元ネタ通りなら秤だけじゃなくて剣も持ってるんだよな
>>
剣は木槌に描いてある
後ろになんか出たの違和感なく見てたが
この作品でスタンド使いタイプって珍しいんだっけ
>>
伏黒
>>
あと純平と夏油しかいないっちゃいない
>>
スタンドみたいなのは本人の言に反して目閉じてるんだな
>>
あるいは術式の途中で条件満たしたら目を開くのかも
乾くな〜罪深き者を見ると目が渇くな〜
>>
マジでクソ強いやつはやめろ
この期間で100ポイント以上ってどんだけ強いんだろう
呪術師なら二級〜準一級レベル?
やっぱり嘘つくとペナルティが飛んでくる能力なのか
でもそれじゃ短期間に100点なんか行けないよな
どんな能力なんだろ
>>
術者以外をどれくらいやってるんだろう
>>
得点的に最低でも2人
>>
という事は確定なのは一桁の数が2なことだけで12人とか22人とかかもしれんのか
>>
術師5点なので7人とかもありうる
あの裁判に居合わせてそうなのってそのくらいの人数な気が…