確かに尾田の絵
和月の元に尾田と武井とみきおが揃った時期があったという奇跡
>>
みきお要る?
>>
鈴木信也もいれて差し上げろ
>>
弟子ガチャ当たりやn
>>
大外れがいるんだよなあ
─尾田先生が初めて携わった原稿を覚えていますか?

尾田:
斎藤一が登場した辺りだったかな。御庭番衆との戦いを読者として読んでいて「メッチャ面白いなぁ」と思っていた時に、アシスタントのお誘いが来ました。
今回、読み返している途中、その辺りで「あー、これ僕が描いてるな」と思ったら恥ずかしくて、思わず本を閉じてしまいました(笑)。
モブシーンを描かせてもらうことがあったんですよ。でも僕は和月先生方向の美しい絵柄じゃないから…。

和月:
頑固だから絵柄を変えない(笑)。

尾田:
いやいやいやいや(笑)。

和月:
今でもよく言うんだけど、『剣心』本編の中に、女性のモブで1人だけ明らかに尾田くんが描いたやつがあるの。
体型から顔のかたちから全部他と違う。ナミが和装している感じの絵なんです(笑)。

尾田:
それがどの絵なのか覚えています(笑)。

和月:
男性のモブは直せるんだけど、女性の方はどうしても直せなかったね。

尾田:
はい。だからあまりモブを描かせてもらえなかった(笑)。雰囲気が壊れますからね。
アシスタントに行くにあたっての自分のポリシーがおって、絵柄的な部分でその仕事場の影響を受けないようにしよう、というのがありました。
背景はいくらでも影響を受けても良いいいんですけど。オリジナリティが削られていくんじゃないか、という恐怖が当時はあって。
昔から他人と違わなきゃ、という思いが強かったんです。「この人がこの人のアシスタント」と聞いて絵柄がとても似てたりしたのを
読者として目の当たりにしていたから、気を緩めると影響をうけてしまう、みたいな気持ちがあって(笑)。

和月:
わかる(笑)。
>>
ようこのコメントから>>の画像を見つけてきたな
>>
尾田のこういうとこかっけえな
個性を殺さないよう温め続けて後に確立するのが凄い
徳弘正也「ここの背景描いといて」
尾田栄一郎「・・・はい」
>>
違う気もするし似てる気もする
>>
マネモブ
>>
なにっ
秋本「適当にかわいい子かいといて」
sagaX「はい…」
>>
こち亀と言ったらこの絵だわ
尾田くん見損なったぞ
>>