まあ退場するならここだよね…
父親の愛が消えた
ネームドが一話で二人も…
>>
マンスール…
>>
倒れてるキラウシのコマにある黒い影ってそういう事?
・・・?
キラウシこれ死んだ…?
>>
抉れて出血してるように見える
キラウシは安全地帯にいるんじゃなかったの…?
>>
適当についてきたわけじゃなくて自分から戦うことを選んだ男だ
死んでも悔いはないんだ
ただ出稼ぎに来ただけのキラウシが死ぬの可愛そうすぎでは?
>>
乗り気になっちゃってやり返したから…
>>
と思うじゃん?
>>
キラゥシだってアイヌの男なんだ
決して他人事ではないんだ
>>
案内人だからこそ土地の権利の話聞いて頑張っちゃったからな…
辺見先生大団円って言ってたよね?
>>
煌めいて死んだから…
>>
けどよォ辺見先生だぜ?
>>
命を煌めかせてくれるからな…
これで来週休載なのひどくない?
>>
瞬獄殺だからな…
生き延びたとしても釧路のアイヌの未来は…ってここで聞いた
>>
一応援助されるけど貨幣経済に馴染めなくて消えていくからね…
狩猟も禁止されていくから…
>>
細けえこと置いといても第一次世界大戦と第二次世界大戦が待ってるもの
わああキラゥシ〜〜!!!
>>
うーんむにゃむにゃしてくれると俺は信じてる
信じたい…
俺のお気に入りのオッサンが二人か三人くらい死んだ…
>>
マンスール好きな人初めて見た
>>
あの誰なの!?からの活躍見て童心に帰るくらい好きになったが?
>>
前回のあれみて好きにならない人の方が少ないだろ
こいと君今更だけど持ち技がグロ技すぎる
>>
こいついつもロシア人の頭かち割ってるな
永倉のじいさんも大分やばそうだが…
>>
最期にはチャンバラの見せ場があるだろう、と思ったけどそもそも史実じゃ死んでないな
尾形絶対ロクな事しないやつじゃん…
尾形は永倉と中尉の話聞いてたからかと思った
>>
存在するとして…って仮定だからこっちかも
次回はそろそろ二階堂だろ
>>
このまま行くと杉元と会敵するよね
キラウシ下半身吹き飛んだ?
>>
煙で隠れてるかんじだからわからん
尾形と頭巾ちゃんのお互いへの信頼いいよね
>>
尾形のちゃんとした友達は頭巾ちゃんのような気がしてきた
>>
同い年だしね
頭巾ちゃん無茶苦茶役に立ってるな…
>>
生きてたら決着着くまで絶対追いかけるな…とかこの状況でも1発で見つけるよな…とか信頼とも呼べる変な関係がある
政府が破棄したがってる←奥田中将から聞いてた?
本当に存在してるとして←聞いてない?
>>
五稜郭にって話では
キラウシトレンド入りしとる!
>>
モスパパもトレンド入りしとる…
キラウシとマンスール死んでなかったら鯉登親父全く良いとこなしだから死んでるんだろうなぁ
>>
言うて大砲潰して戦闘不能でも仕事としては十分
>>
マンスールはともかくキラゥシは倒しても別に戦況は変わらない…
あの船をやっつけるんだって言い方でグッときてしまった
2隻と気球落とした時点でお互い退くのかと何となく思ってたけどまさか4隻沈めきるとは…
>>
この戦いどっちか完全にくたばるまで殴りあう覚悟なんだな
そらそうなるわな
ゴールデンカムイ最強議論に突如として現れた新星だからなマンスール
>>
どっちかっていうともす父が強すぎるから調整入れた感じ
指揮官潰されたけど艦隊まだ動かせるよね?
>>
もう残ってない
>>
全部
沈した
>>
全部沈んだのでは
>>
歴史上ここで沈むのは電だけなので残りは戦闘能力喪失かな
もすは切腹免れられなかったけど戦死するか…
唯一まとも寄りの親だったからなもす親父
>>
親としてはまともだけど軍人としては陸軍のクーデターに賛同するイカレポンチだし…
アイヌは守られる漫画だと思ってたが…
>>
偽アイヌ村でガッツリ殺されてる…
>>
間接的とはいえ偽アイヌ編の本来のアイヌ達悲惨だし…
夏太郎だって本来の相棒?仲間?が初っ端で死んでたりするし…
>>
そもそもヤクザ者だったから仕方ないかなとは思う
白兵戦最強である不死身の杉元はやっと出番か
>>
デカブツの始末は終わったからやっとだ…
こうしてネームドキャラが死に始めると鶴見中尉の真意次第で中尉へのヘイトが凄いことになりそうだなって…
>>
まあどっかでボロが出て月島が反逆するのかなって
>>
いま
さら
というか金塊手に入れても出費マイナスだろこれ…
>>
物的には買えるけど人的資源がちょっとな…
鯉登はいつ頃親の船撃沈したの知るかな
>>
煙が上がってること、艦砲射撃が止んでることに気を向けてる描写があるからなんとなく勘付いてはいるでしょう
季節今どのくらいだっけ…冬なら海でやばそうだけど
>>
少なくともラッコ鍋で仕込んだスケベマタギとマッちゃんの子が産まれるってことは10月10日近く経過してるって事だから1年は経過済みだしな…
>>
電沈没は1909年12月9日なのではい
キラウシ死ぬならもっとちゃんと映す気もするけど権利書見たシーン挟むのが不穏すぎて…
門倉は爆炎のビール工場のど真ん中で気絶してても助かるのに…
>>
残念だが今回はシリアスな場所なんだ
…ごめん工場にも死人いたわ
これソフィアの協力無かったら土方陣営人員居なさ過ぎて詰んでなかった?
>>
まさか五稜郭に金塊まるまるあってそれをほぼ同時に師団が暗号解いて追いついてくるなんて思わないもんよー
まぁ冬だろうが夏だろうが船沈む時の渦に巻き込まれたらそのまま水底までご一緒になるから無理そう
>>
そっか水流とか凄い事になるのか
キラウシまだ裸になってないのに…
>>
見たいの…?
>>
見たい!
永倉は史実だと死ぬの先だよね?でもこの永倉は土方に今度こそ最後まで付き合いそうであるが
>>
剣戟みたいから少なくとも白兵戦には参加してほしい
>>
函館山から戻ってくる前に決着ついてそう
ヒンッ!!
>>
死ぬなマンスール!
函館山組ははしゃぎ過ぎてて何かおかしいなと感じてたらこの様だ
>>
上げた後落とすのが早すぎるんだよぉ…
>>
というかもうこれ以上ないくらい戦果上げてるから退場するしかないよ!
門倉仲良くしてたんだからちょっと運分けてやれよ
>>
門倉の運の良さって不運を極めてマイナスとマイナスをかけてプラスにするようなもんだからな…
もす→煽りが?つきだから死んでない
キラウシ→殺すにはあまりに部外者寄りだから死んでない
パパもキラウシもまだ死亡確定してないから…
>>
表紙の煽りもクエスチョンマークついてたしね
鶴見とか月島とか土方とかはまあ死ぬだろうと思って読んでるけど
モスやキラウシみたいに心の準備がない人が逝くとモヤっとする
>>
もすは?ついてたしキラウシもあんな一コマじゃ逝かんだろう
>>
戦争で説得力のある死なんてない
>>
現実ではその通りだけどこれ漫画だからな
戦争は理不尽みたいな内容ならそういう展開も普通だけど
ゴールデンカムイは役割の無くなった人間から退場する漫画なので
>>
キラウシはコタン繁栄の役割で
頭巾ちゃんは画家になる役割で
夏太郎はジンギスカンやる役割で
生き残れ!!!
勝利者などいない
>>
アイヌがこの先辿る未来を考えると本当に勝利者が居ないのよね…
モス生存してもこの件の始末どうつけるんだすぎる
>>
金塊をゲットしろは中央からの指示でもあるからそこまででもない気がする
せいぜい現状だと鶴見たちが菊田殺したことだけだが一人のスパイの命で裏切り認定絶対許さねえ!するかはわからん
主要キャラ以外はギャグ空間から抜けた瞬間に死ぬ
>>
先週までギャグ時空にいたんだよな函館山組
モスは当然覚悟完了してたけどキラウシもつたない覚悟あったんだな
まあメタ目線どっちも死んでないだろうが
>>
生きた証は死なないだろうけどどっちも死んでそう
>>
漫画の演出面で見てるが死んだとは思えん
キラウシからしたらアイヌの土地の権利書なら
和人の兵隊にとられてたまるかって感じなのかな
>>
有古同様アシリパに心を動かされたんだろう
アイヌの心を動かす娘に育てたアチャのおそロシア
>>
まあ単純にアイヌの権利をむざむざ捨てさせたくはないだろうな
出稼ぎ来るくらいなので
キラウシが死んだら門倉が不幸になるからキラウシは死なないんじゃねーかな
>>
周りに不幸押し付けてるから門倉は不死身なんじゃねえかな
刑務所だって門倉以外看守も囚人も全滅してるし…
>>
ハエがうるさいな…
>>
一番凶悪だな
>>
この理論だとキラウシどころか夏太郎も死ぬな