基本的に鬼たちは無惨に怯えるが、腹の中を探られても黒死牟は気にならなかった。上弦の壱から動いたことは一度もなく、お気に入りの猗窩座に入れ替わりの血戦を申し込まれたときには嬉しかったようで、喰わずに生かしておいた(通常喰って吸収する。あくまで無惨の許可制。) 入れ替わりの血戦を申し込まれたのは猗窩座を含めて数百年で三回のみ。使う刀は黒死牟の血と骨で出来ている。刀の名前は虚哭神去。
猗窩座との入れ替わり血戦でクソSTGやったのかな兄上
STG無しでも勝てそう
>>
まあ痣とスケスケがある時点でどう転んでも猗窩座に勝ち目はないからね…
猗窩座は割とみんなに気に入られてるよな…
>>
童磨みたいなのより(元)善人のアカザ気に入ってる辺り
無惨様も人間らしいよね
>>
無惨様クズのくせに変な所でまともな感性持ってるからナチュラルボーンサイコの童磨は駄目なんだろうね
>>
童磨は有能だけど理解不能な価値観してるから身近に置いとくのは気持ち悪いし…
猗窩座生きてるし童磨はどうやって弐なったんだ
猗窩座に勝ったけど食べちゃダメされただけか
>>
クソ野郎が多い中で仕事もきちんとするお気に入りが殺されると困るからな
とっとこクソ野郎と猗窩座殿の入れ替わり戦は見てみたい
>>
猗窩座殿カラテしか脳がないけどクソ野郎のスキル振り完璧だし…
あいつたぶんポテンシャルで言えば姉上よりあるよやる気ないけど
心の中読まれてるのに取り繕わなくていいから楽って凄いよな…
>>
心の友ってやつだな
>>
自分の何もかもを見透かすのに
心の中だけは見てくれなかった弟がいたからかもね
>>
そう思えるの好きに発言して許される1と2くらいだよ…
>>
>2
お前はもう少し取り繕え
>>
勝手に無惨様を自分の宗教の神にしてるのクソすぎる
もしかして百年前の上弦の欠員って鬼殺隊じゃなくて兄上に血戦で殺されたのか
>>
血戦で喰われたのなら兄上じゃない可能性だってある
>>
そいつは鬼殺隊にやられたって猗窩座と無惨様がはっきり言ってる
入れ替わり戦って相手の鬼殺してもいいんだ…
>>
どちらかというと勝った鬼が負けた鬼を殺すというより
無惨が負けた鬼を死なせるって感じの書き方じゃないかなこれ
刀凄い名前だな
>>
縁壱と言う神が去って虚しく哭く
>>
ああ…そういうところが女々しいんだぞ兄上
鬼滅本誌で連載開始から完結まで全部追ったはずだけど鬼が鬼を食べられる設定があったの初めて知った……
鬼が食うのは人間だけだとばかり……
>>
最終選別で鬼は共食いするって言ってなかったっけ
三回も挑まれてると言うべきか三回しか挑まれてないと言うべきか…
>>
猗窩座以外の鬼は喰ったあたりそいつらは調子にのって血戦を申し出たクチなんだろうか
ずっと弟に対して良い兄上の姿繕ってたんだな…
>>
心の中じゃ散々言ってたけど口にしてはいなかったんだよな兄上
>>
やっぱいい兄貴じゃん!
>>
縁壱のレス
ずっと弟を追いかける立場だったから追われる立場が楽しかったんだろうん…
>>
鬼殺隊時代も弟以外からは追われてたんじゃねぇかなぁ…
でも猗窩座を気に入ってるのただ忠実って理由だから
善人かどうかなんて気にしてないと思うよ無惨様
>>
累を気に入ってるのも成長性を見込んでのことだしな
無惨様が童磨を嫌いなのは
何かしらの執着があるやつが強い鬼になるって持論に真っ向から逆らってるからじゃなかったか
>>
そうだよ
だから成長性は無いと思ってたんだ まあ実際上壱〜参でこいつだけ頸斬り克服できなかったしな
童磨が猗窩座に勝って序列の入れ替わりが起きたのは作中で言及されてたはず
下弦もこのルールに則してたと思うけど逃げ回るやらやる気ないやら耳飾りの子供を見てトラウマ爆発するやらでむしゃくしゃしたから一斉にリストラした
>>
後から鬼になったのに追い抜いたって言い方だから
猗窩座を無視して前任の弐を殺して食ったんだと思う
無惨にバレたら殺されるんだろうけど鬼は鬼を吸収出来るんだな一応
日輪刀で首切られる以外死なないからお互い千日手だと思ってた
>>
まあ選別の時から山に閉じ込めた鬼が共食いするから自然と間引きされるとは言われてた
過去知ってるから女食わなくても許すよ…する所が無惨様の数少ない美点
でも猗窩座と名付けるクソさ
>>
お気に入りだと食細くなっても降格で許すし食生活については比較的大らか

コメントを残す