出された料理に難癖つける
イキ顔
>>
普通に食って欲しいわ
>>
華麗なる食卓が悪いわ
あれ以降裸になってイキ顔する料理漫画増えた
ソーマはそのままやったからええけど
その中でもめしぬまが最凶やな
>>
イキ顔の先駆者は将太の寿司や
いつも後攻が勝つのって話の作り方で改善できないのかな
>>
ジャン「先行でも普通に勝つぞ」
>>
先行で甘くて美味しいものをたくさん食わせておいて完封したぞ
>>
これは闇の料理
>>
ラーメンハゲの漫画で先にニンニク強いラーメン出して審査員の感覚鈍らせて勝つ試合あったよな
それに比べて山岡はんの鮎はカスや

さっきまで絶賛してたやん

出典:美味しんぼ 雁屋哲・花咲アキラ 小学館

>>
これ嫌やな
>>
ほんの少し前までは山岡の鮎がうまい言うてたのにな
流行ってみる店にいちゃもん付け出す
>>
流行りの店は見栄えばかりで中身が伴ってないとかになりがち
審査員の思い出の味で勝つ
>>

あるわ
>>
味っ子はこれで料理研究家のかーちゃんに負けてたな…アニメだと
イタリア料理部主任「ナスとミートソースがこれほど合うとは!?」

出典:ミスター味っ子 寺沢大介 講談社

>>
イタリア人やなかったらええやろ
>>
これネタにされてるけどあの時代の人間なんてあの程度の知能やで
料理を捨てる
ガチの料理人ほどそんなことなんかしねえわ
>>
むしろ捨てまくるもんと思ってたわ
もったいないお化けみたいなネット民が驚く程に裏では捨ててると思う
>>
普通に考えて創作するために作りまくってたら食いきれるわけないし店やってるなら捨てるのは当たり前やしな
主人公が店に文句つけて反論してきた店主を黙らせるみたいな展開
>>
店主がクソ野郎ならともかくそうでもないと可哀想になる
専門店のやつに何でも屋が勝つ
(修行に何年もかかるとかだと尚更)
>>
こういうのってスポーツ漫画でもいえるな
他競技に勝つのってなんか萎える
めっちゃ豪華な料理が家庭の味に負ける展開きらい

出典:食戟のソーマ 附田祐斗・佐伯俊 集英社

意味不明な調理器具が末期に登場する
>>
無駄に食材や調理器具が大袈裟になっていくのも萎えるな
料理が見たいのに生きてる魚やワニとかと格闘したり
1 一 急性アルコール中毒になった力士の口にイボガエル突っ込んで治す
2 遊 自分の経営店に引き込めなかったジャンを車で轢いた後に私物を盗む
3 二 市場の店頭でカワハギをさばいて、肝以外は犬にでも食わせとけ吐き捨てその場に置いてこうとする
4 中 審査委員に内緒でダチョウ肉に大量の蛆虫(食用)をしこむ
5 右 料理審査委員に内緒で大会主催者の飼ってるマルチーズの肉料理食わせる
6 三 空港で人間が痺れて麻痺するくらいの山椒をぶちまける
7 左 マジックマッシュルームを料理して大会審査員がおかしくなる
8 捕 XO醤をバカにした料理人の顔を目玉が飛び出るくらい蹴り上げる
9 投 ダチョウパークに忍び込んでダチョウを中華包丁で切り刻み料理する
>>
ジャンの悪行だけでも紅白戦可能だからなー
>>
5番だけ突き抜けてるやろ…
>>
258は主人公じゃないのでセーフ

192:2021/09/28(火) 17:06:32.37
>>
これは正直好き
寿司にctスキャンするイカれた美味しんぼ好き


「あんな食材じゃ勝負になんねーよw」みたいなガヤ飛ばして来るモブキャラ共
>>
勝利フラグだろ