>>
そ、そんなはずないっス!
師匠のために5000万ドル勝ち取らなければならない王がこんな簡単にやられる訳ないっス!
こ、こんなの納得できない…
>>
おいおい「師匠のために5000万ドル」と思い込んでるのは陳先生だけでしょうが
やっぱ怖いっスね開放路線が拝金主義に流れたチャイニーズは
うわああああっ 死神医療チームという猿・ネーミングにコンビニで苦笑いだあっ

出典:TOUGH外伝 龍を継ぐ男264話 猿渡哲也 集英社

早速死神医療チームの車が特定されたんだよね
>>
イタ車のキャンピングカーっスね
Kってなんであんな筋骨隆々なんスか
北斗の拳の影響でも受けたんですか
>>
医者は体力勝負なんだ
場所特定してあんな医療班までいるならとっとと手足銃で撃ちぬいて拉致りゃ話が早いんじゃないんすか
>>
メカ触手+催眠ガスが最強っスね
ガルシアもキー坊もメカ触手には勝てなかったんだ
>>
ルーセー「メカも戦闘不能にさせる俺最強じゃね?」
>>
手足撃つのは近くに医者がいても動脈が切れて失血死する可能性があるから危険なんだ
キャプテンマッスルは武器商人の上にいるボスかと思ったら
あいつただの手下だぜみたいになっててがっかりなんだよね

出典:TOUGH外伝 龍を継ぐ男264話 猿渡哲也 集英社

>>
キャプテンて警察で言えば警部、軍で言えば大尉っスからね
叩き上げで昇進したなら偉いっちゃ偉いがまだまだ上の階級がごろごろしてるっス
>>
黒幕が宣伝用の動画に出てきてポージング決めながらドラゴン・ラッシュとか言うのは猿展開が過ぎるでしょうが
ロシア人の武器商人の部下が、なぜか英語名を名乗り日本語をしゃべる…
こ、こんなことが許されるのか…
>>
実際は英語でしゃべってるとしてもスラスラ読めるようにニポン語で書いてるのね
猿先生は愛情の深い人なんだ読者のためにそこまでするのですから
>>
英語圏で商売してれば英語読みにするんだ
日本語は猿先生がロシア語じゃわからないだろうと気を利かして日本語に翻訳してくれたんや
前々回の野蛮人共といい、前回のキャプテン・マッスルといい、死神医療チームといい、猿先生筆がノリ過ぎでは?
>>
コンテナ・コロシアムの最中に
この展開を推敲し練り上げたとも考えられる
死神医療チームのいかにも悪者なマスクは何なんスか
今週はガルシアの心臓に助けられてるだけですよね?来週こそルーセーに良いとこあるといいっスね

出典:TOUGH外伝 龍を継ぐ男264話 猿渡哲也 集英社

心臓に頼らないとそんなにやられるんスか…
いくらなんでも落差がひどくない?
>>
無理を言ってはいけないんだ
幼い頃からオトンのスパルタ(DV)教育受けてきたキーボーとは違うんだ
弾丸すべりもボーン・コントロールも使えない龍星は
防御はからっきしなんだ
>>
ふうんデンプシー・ロールが通用しない一歩みたいという事か
>>
Wikipediaに「インファイターなら基礎中の基礎」と書いてあるデンプシーロールに哀しい現在…
ラッキーチート超人の龍☆が、必死こいて鍛錬してきた相手をワンパンで叩き潰す…
これは何以上の快楽なんスかね…?
>>
幽玄真影流と関わる前の鬼龍パパもそんな感じだったんだ
龍を継ぐ男というテーマには沿ってるんだ
今戦ってる中国武術モブ、ハイパー・バトルでいうとどれくらい強い?
>>
闘いの結果は彼我のポテンシャルだけでなくコンディション、モチベーション、またその場の状況などに左右される
中二ワールドの「強さランキング」的な発想は猿先生のリアリズム劇画にはなじまないんだ