活躍が短いのが惜しい
網走前から登場させてもっと杉元達と組んで大暴れさせてほしかった
>>
この漫画結構水中戦あったからコイツは活躍できたろうな
顎のは顎髭だろうけど眉のは何なの?入れ墨?
>>
回想の中の幻の叔母さんも同じ眉だったから恐らく遺伝かな…
出番短かったっけ…?
キロランケ程度には一緒にいた気がする…
>>
コミックにして3冊分しかいない
>>
キロランケ長期間出ずっぱりじゃない?
>>
過去編もあるし大分長いよね
杉元と三回ぐらい殺し合いしてもほぼ無傷なのも凄い
>>
深手負った状態で鯉斗も殺しかけたしな
>>
水中とか煙の中とか呼吸困難な特殊状況で強すぎる
気ぶり海賊
>>
杉リパ過激派
>>
「好きな人には自分の好きなものを好きになってほしいよね」って台詞はアシリパさんの気持ちを読者に完璧に説明してたと思う
作中では死んで当然の男なんだけど妙に良い話混ぜたり杉元組に心寄せるから憎めない
家永も似たようなもんだけど
>>
そうせざるを得なかったやつとそうならざるを得なかったやつがいる感じする
結核の話聞いた瞬間に杉元が身内になってるのチョロ過ぎる…
>>
杉元の境遇がピンポイント過ぎるんだよ
>>
お互いこいつはなんとか幸せになって欲しいって思うよな…
もっと生きてほしかったよ…
>>
でも散り際も完璧だったよね
語り部として白石が生き残るフラグ立ててくれたし
でも死体はシュポーンする
鯉登くんのとこもだけどちょいちょい変な眉毛(遺伝)出てくるよね
>>
なんの説明も無くても「あっこれあいつの親戚だな」ってわかるの
グッドアイデアだと思う
>>
この漫画変な眉毛はイケメンの証のような気がする
いい感じに死んだけどこいつ味方にいたら最後の最後まで油断ならないやつだと思う
>>
アドバイスはアドバイスとして王国は諦めないだろうからな…
寂しがり屋
なんでこの人髪を武器に出来るの…
>>
妖怪っぽいよね
まあ変態ではなかったが…
>>
性格はそうだけど肉体的には変態スペックだよね
30分潜れるのって現実で考えたら結構凄くね?
>>
超人ですかね…
シャツがシャレオツなのも狙ってんなあって感じだ
そして狙い通りに好きになっちゃう
>>
二瓶と海賊とだべってるシーン好き
>>
子沢山で死んだ息子の銃大事にしてるオヤジは嫌う要素ないわな…
変態度低いのも合わせて終盤用ガイドキャラ感
>>
便利キャラではあるよな
裏切るけど
水辺最強のはずが戦績が悪い
>>
杉元にはリベンジできたし…
死ななくても良かったのになぁ…
王国築いてほしかった
>>
岩息が北に逃げたからこっちは南に去っていくのかと思ってた
王国は築けなかったが白石が房太郎物語を紡いでくれるからいいんだ
>>
いいやつだったな…大阪房太郎…
>>
アシリパと杉本も家族になるだろうからいいんだ
上エ地の嘘をまともに信じた辺り真面目すぎた気がする
>>
ピンポイントで刺さる嘘だったからな…
だからボコボコにした
終盤のぽっと出のわりにすごい心の中に土足で踏み込んでくるのがこわかった
>>
えぐい裏切りされるのかなと思ったら
思ったより爽やかな最後で良かった…
囚人の中では結構ストレートな犯罪者だよな
>>
間違いなく極悪人なんだけど陽気だけど寂しがりなキャラと家族失って迫害までされた過去であんま嫌いになれない
スコップで殴っておいて味方ヅラするのがよくわからなかった
>>
だってアシリパさん獲られちゃったから…
また協力しよ?
見た目の良さもだけど杉リパ推しなのが人気の要因だと思う
>>
リパさんに黄金取られたら故郷どうなるの?って聞かれて黙り込んじゃうあたりとかもよかった
ビールを泳いで奇襲するシーン怖すぎる…
潜水夫でもやってれば強盗なんかに手を染めなくてもやっていけそうなのに
>>
野望がデカ過ぎた
こいつ犯罪者になった理由犯罪をしている理由は特にないんだよな
>>
悲しい過去持ちだけどそれと囚人になる過程全く関係ないからな
他の囚人とはまた違う存在感ある
読者も大沢なのは覚えててもふさたろうなのは忘れそう
>>
ぼうたろうじゃないの?!
シライシとエモいのも困る!

コメントを残す