(何そのノリ…)
未来の嫁さんひっ捕らえに来たのになんでこんなテンション高いんだこいつ
>>
隊長が揉み消すに決まってるからな…え?何もしないんです?
初期レンジはルキアをフルネームで呼んだりするのが面白い
>>
仕事中だから…
>>
絶対「朽木」なんてつけて呼びたくないはずだよね…
テンションはチャラいけど本心はルキアの刑重くならないようにハラハラしてる
(自らの誇りと同義の大切な義妹と言えども罪人なので掟に背くことは自らの誓いに背くことなので断腸の思いで捕まえたら義妹の極刑が決まった義兄とあーやっちまったなーでもいくら朽木隊長とはいえ妹の減刑を乞うだろうし俺のやることはこいつを連行することだって軽いノリで捕まえたらそいつの極刑が決まった幼馴染)
>>
重い…
恋次はやっと副隊長になってルキアが任務終わったら会いに行く予定だったのがまた…
>>
(格子越し)
寝間着で会いに行くな
(普通に考えればこの程度の罪で死刑になるわけないしよしんばなっても隊長が減刑掛け合うだろ…)おめー死刑だってよ!ギャハハ!
>>
判決を言い渡ぁす!!
>>
(こんな目に遭いたくなきゃもう無茶すんじゃねーぞ!)程度の軽口だったのかねぇ
久しぶりに旧友に会ってテンション上がって悪ふざけしてたところは多分にあると思う
>>
というか前日談の話見る限り(俺が副隊長に上がった事ルキアに隠しておいて帰ってきた時驚かせてやるぜー!)とか考えてたし恋次
死刑…?って聞いた後のコイツの動きが見たい…
最初はどんなアクション取ったんだろうな…
>>
とりあえず頭真っ白で固まった後逆切れしてそう・・・
初期ニーサマはルキアにそっくりだな
>>
当時の画風もあったと思うけど童顔すぎてビビる
恋次と兄様の関係性初登場時点では大分ふわふわっぽいが
ルッキアさんとはある程度決まってた感じ
>>
兄様とルキアは生き別れの兄妹だった没設定がある気がする
>>
白哉は男版ルキアのイメージでデザインされてるから当初は血の繋がった設定だったんじゃないかな
>>
恋次が昔からルキアに気品を感じてたとかその名残っぽいよね
結果的にただの惚れた欲目になったけど
>>
結果的にただの俺の好きな子自慢になったのいいよね…
いい…
チャン一の斬魄刀のデカさにコミカルな感じでビビってた初期恋次
>>
封印してそのデカさかよ!?
いやよく見たらなんかふわふわしてるわなんだこいつ
最初のキャラ付けなんだったんだろうな…
読者のための分かりやすい悪役ムーブか?
>>
漫画だとよくある事だから気をつけて!
出てきたときこんな凶悪面で「恋」次ってなんだよ!とはなった
188の大男につける漢字じゃないんだよな
>>
一護もかわいい名前してるから…
ルキアに恋してるボーイだから恋次とかそんなフザけたネーミングだったの!?
>>
ルキアに己の全てを捧げた行動しかとってないからだぞ
名は体を表す
でもよぉ
いかにも当て馬負け犬幼馴染キャラみたいな初期恋次にも原因があると思うんだ
>>
当て馬って他にルキアの相手いないぞ
>>
まあ初期は一ルキになると思ってる読者も多かっただろうし
織姫は一護のことでルキアにSHITしてたけど
恋次はルキアのことで一護にSHITしてなかったから得て馬には見えなかった
初登場時に三下感があったのは分かる
>>
嫉妬というか八つ当たりはしてた
お前のせいでルキアは処刑されるんだって