なんでロードローラーを選んだの?
>>
人間は短い時の中でしか生きぬ考えしかしないな…
>>
質量のある物なら何でも良いんだろうけど他に思い付かない
高層ビルとかあればそれなんだろうけど
>>なんでタンクローリーになったの?
派手な爆発をしても違和感が無いように…ですかね…
>> 後に「爆発・炎上の演出を入れる事で時間が止まる演出をより明確に見せたかったから」と、OVA版の監督・北久保弘之氏が発言している。
なるほど
そうか…言われてみるとエジプトにはロードローラーは無いよな…
>>
だから探すのに時間かかった
並の自動車とかじゃスタプラに吹っ飛ばされそうだし…
ロードローラーの上から殴るのはよくわからん
>>
ダメ押し
でももう遅い脱出不可能よッつって狂ったようにヒジうちかましてたのは何の意味もないよね
>>
たのしそう
>>
カエル越しにメメタァしたようにロードローラーを貫通して
肘打ちが通るのかもしれないって思ったけど
ディオは波紋使えなかった…
>>
スタンドですらない…
>>
時止め中だから時動かしたらひじ打ち分のエネルギーが一気に爆発するんだと思う
クラフトワークの銃弾みたいに
>>
時止め中にDIOから離れた物体は重力すら働かなくなるので
承りが下から殴ってくる以上DIOは上から押しこむ必要がある
というかロードローラーわかるんだなDIO様
ほんのちょっと前まで自動車…なかなかのパワーとスピードだ…とか言ってたのに
>>
屋敷内だと本読んでたし知識はあったんじゃないかな
実際に自動車走ってるところ見てすげーってなっただけで
>>
DIO様本はよく読んでるから…
ロードローラーが爆発しててもなんの疑問にも思わなかった自信ある
>>
実際三部格ゲーでは爆発してた
そこらにある自転車じゃカッコつかないじゃん
>>
マウンテンバイクだッ!
>>
OVAの車ぶん投げるシーン好きだよ
>>
あの辺のシーンカメラワークと作画が良すぎる…
元々演出のためだけにポルナレフを階段から下ろしたりしてたから今更疑問も無いだろ
>>
DIOかザ・ワールドがポルナレフそっと下ろして定位置に戻ってたんだよね…
>>
動かすだけなら射程距離10メートルの世界ですぐ終わるけど
DIOだし「フッフッフ」とか言いながら長文引用台詞付きで
ポルの周りグルグル回ってかっこいいポーズで動かしてそうだ
それまでナイフ投げたり警官に銃打たせたりひたすら近づかないように慎重な立ち回りしてたのに
ハイになった瞬間めっちゃ殴り合おうとするのがDIO様のステキなところ
>>
もっと感情をコントロールせねば!とかガキの頃から言ってたくせに…
>>
100年前もジョナサンの爆発力に三回もしてやられてるし
「喉元過ぎれば熱さ忘れる」がDIO様の人生のスローガンだよ
こういう実際に効果あるかは別として演出的にバッチリなことやってギャラリーというか取り巻きの信望得られるのはDIOのカリスマの最たるものだと思う
>>
強さや厄介さで言えば5部のボスのが上だろうけど
見てて面白いのはDIOの方だしな
>>
他のラスボスは駄目押しで肘打ちで無駄無駄ラッシュしなさそうだもんね…
分かり易く押しつぶせるって考えるとベストだとは思う
普通の車じゃ変な隙間できるし

コメントを残す