読み返すたびにこいつ気持ち悪いなってなる
長谷川さんのときはまだ目にハイライトあったのに…
母方の姓使っちゃうヤツ
>>
情報将校失格だよね
>>
即部下からバレてるしな
>>
外国に単身で潜入するだけだしそこまで気を遣わなくて良いだろ…
一応妻と娘には愛情あったってことでいいんだろうか
>>
脳汁出まくりだから何も無いって事は無いとは思う
>>
任務次第でいつか終わるとはいえ愛情はあったと思う
妻子が死んだ事に対する代償行為に鶴見劇場やってんだとしたら殺してやる
>>
月島のレス
>>
クンクンクン…
行動理念は結局個人的な私怨ってことでいいの?
>>
メインかサブかは分からないけど多分入ってる
>>
偶然巻き込まれただけだと事件時点では思ってたけどあとで調査した結果アチャが狙ったことが分かったからね…
スパイなのに現地で家族作っちゃったら情が沸いてしまうのでは
>>
ただ独り身の日本人の方がクソ怪しまれるだろうし
0か100かでは決して割り切れない感情なんだけど月島としては0でなきゃ許せんて感じ
>>
10くらいなら許せるんじゃない弔いは道端って説明で綺麗になるし
冷静に考えたらウイルクの娘なんて
どんな危険な大人になるかわからないので今のうちに消しておくべきでは
>>
あいつ思想も行動力も危険すぎるし子供にどんな教育するかわかんねえもんな
自分の妻子打ったやつが妻子作って夢に向かってキラキラしてたから毒矢放つね…
>>
あそこ絶対私怨100%だよね…
あれのせいでアイヌの黄金手に入れる手間が増大したし…
>>
あれでもし場所知ってる奴が全滅してたら鶴見の大義不達成だからな…
月島もなんで嘘つかないの…?と思うくらいには感情的になってるもんなアシリパさんとの初会合
脳汁出てる時は基本本音だと思ってる
>>
ガトリング回してはうっ…ってなってる時も本音なのか…
まあ気持ちよいからなガトリングは
別にやること同じなら私怨入っててもいいでしょって思うけど
月島は面倒くさいな…
>>
面倒くさくしたのは中尉なので
>>
根っこに変なものが挟まってると万が一倒れることがあると変な方向に倒れる可能性もあるし…
この正体バラしは微塵も想像してなかったから驚いたわ
>>
そして正体バラしする前に正体を予想してた読者もちゃんといるというのがすごい
>>
眉毛とかで予想立ててたんだっけ?
>>
俺は耳って聴いた
>>
頭二階堂かよ…
有坂閣下の坊やに挨拶しろ!ってセリフすき
>>
ここ絶対気持ちよくなってるだろうな…
流れ弾だったらまだ良かったかもしれないけど狙ったっぽいからなぁ…
>>
家族が出来て変わる前だから間違いなく不確定要素は抹殺するよね
長谷川写真館跡地に寄って月島にふんわり気付かせるまで含みじゃないかな
>>
なるほど…
ここアニメも声優さん凄かった
>>
オチ既に原作で知ってるしと油断してたら
名前明かすシーンでめちゃくちゃビックリした
キャスト確認してさらにビックリ
>>
ほうちゅうだと原作未見組にも即バレするから
何とかほうちゅう似の声の人を探したら
なんと地声がほぼほうちゅう声でそこから声を作れる人が居たと言う…
なので幸一モード時は声を作って貰って最後の「鶴見篤四郎」
の所だけ地声で演じて貰ったんだってな
>>
ノラほうちゅう…
撃ったのは弱くなってなかった頃のアチャだからなぁ…
>>
一人だけ狼の理論とかいうわけのわからん基準で生きてるから人間社会に入れたらいけない奴過ぎる
どっちにしろ妻子消さないとかなり危険な立場ではあるんだよな長谷川サン
だからこうして今までの感謝の代わりに消しておく
>>
アシリパさんの親父ってメンタル尾形側の人間なのでは
>>
尾形が無自覚に感じる罪悪感すらない合理性の怪物すぎる
>>
デブ女…好き…
鶴見中尉は情報担当なのに日露で前線で指揮する事になるとは…
>>
日露と言うか203高地で弾丸飛んでこない所に居られた奴なんて居ないよ
司令部にすらたまに砲弾落ちて来たんだから
>>
あの頃にはもう野望に向かって動いてるし
中央に危惧されて死んでこいされたんじゃないのか
ソフィアにイスゴンされても暗号解読してるシーンが好き

コメントを残す