一番ビビったのはナレーションカットの影響で
「怒りが頂点に達したこと」を声で全部表現されてた所かな…
>>
めちゃくちゃいいよねあのシーン…
ちょっと声優すげえなと思いました
漫画
言う筈が無いだろうそんな事!俺の家族が!
映画
言うぅぅ筈が無いだろぉそんな事ぉぉぉぉぉぉ!!!!!!
おぉぉぉれのぉ家ぁ族がぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!
ぐらい違う
>>
折角声優の声つくんだからナレーションで説明より良いよね
漫画見たら細かく解説ついてると思えばいい事
このスレ画のスレで言うのもどうかと思うけど逃げながら本気で怒りを抑えきれなくなるギリギリの石田の演技と長男の演技がめちゃくちゃいいしこれなら煉獄さんも安心して地獄行けるよな…ってなったよ
>>
地獄に落とすな
映画のうまい!うまい!は
音がでかすぎて解釈違い
>>
せっかく丸一日取り直したのに…
石田さんを起用した時点で
あこれアニメ最後までやるな…
って確信できたの嬉しい
>>
なんともまぁ
惨めで
滑稽で
つまらない話だ
が完全に石田ボイスで脳内再生されるのいいよね…よくねぇよ…
>>
その他の鬼も名優揃いだし…
大事なものは何も守れず何にもなれず鬼になり
>>
鬼になる過程もパット見一般人への八つ当たりからの返り討ちとか言うとても嫁さんに語れない内容
煉獄さんvs猗窩座も映画でバトル描写盛られまくったよね
>>
だんだんアカザが対応してきてカウンターが入るようになっていくあたりすごい
順を追ってボロボロになる煉獄さん
>>
再生力のゴリ押しみたいに言われるけど頚は絶対に斬らせないし一度食らった型は回避してるんだよね…
>>
欲を言えば原作に無い炎の型を見たかったって気持ちはある
4つぐらいしか映像化できてないでしょ
>>
あれ?もしかして勝てるんじゃ…?って一瞬錯覚するぐらい凄かったよ
煉獄さんが一太刀浴びせる度にボロボロになるのと対照的にピンピンしてる猗窩座の対比がマジで無情
>>
マジで再生早いよね…原作の1ページ跨いだらもう治ってる感じが再現されてて…
声つくと家族からの罵倒シーンがすごくつらい!
>>
本気出しすぎであるミキシンと法子さん
>>
ここ原作から凄い盛ったな…ってなる
言うわけないだろ!で涙腺がダメになった
>>
熱演すぎてもはや絶叫
後の役立たずの狛犬まで読了したけど
今回の演技には必要ないと決めて演技した石田すき
>>
実際猗窩座殿はそこの記憶ないまま立ち回ってるわけだしな…
>>
逆に他に参考資料全くないから台詞の吹き出しの形の違いまで意識して演技したっていうトーマスの中の人もプロやな…となる
CM多そうなのがつらい
>>
総集編のはアイキャッチもあるからそういう作りでしょと思ってたけど月曜のHEROのCMの入れ方がひどかったので不安になる
原作読んでても猗窩座の登場が本当にいきなりだったから煉獄さんマジでここで死ぬの…?ってなった
今日推しが死んだ
>>
トーマス倒してラストで「ドン!」って音がして次回へ引きだったから
あれ?これもう一人鬼が来る展開じゃない?
いやいや善逸が技使って這い出した音だよきっと
みたいなやり取りした記憶がある
えらいことになった
死んでしまうぞ杏寿朗ォ!が迫真すぎていい意味で原作の解釈超えてきて石田さすがすぎる…てなった
>>
鬼の友人が欲しかったのは本音だったよね