富野はさあ…
ベルトーチカチルドレン版だとほとんど全裸で飛び出すから
紫外線で焼かれて肌が紫色に変色してたりする
>>
言われた事気にしてそうしたのかな…
出渕裕はヤマトの時に西崎プロデューサーが古代とデスラーを
宇宙空間で生身のまま会話させようとしたのを必死で止めたこともあるからな
たまたまいた松本零士が「子供に笑われちゃうよ」と口添えしてメット装着に妥協させて
松本先生ありがとう!となっていたのも可愛いといえば可愛い
>>
「そう言ってのける芸当が出来るのなら、ぼくはとっくにジョージ・ルーカスに成れています。それくらいでなきゃロボットアニメなんか出来ないんだよ!」
>>
だってガンダムと言うか富野のロボット物ってそういうのを排除してきたからこそ成り立ってるからなぁ
アニ舐めでも新アイディアを自画自賛した後にみんなめっちゃ苦労して付き合ってくれて申し訳ない…とかたぶん不評が僕に聞こえないようにみんな気を遣ってくれてる…とかかわいいとこ出してくる
>>
かわいい
富野展のメカデザインの赤ペン修正もかわいい尽くしだぞ
>>
F91の設定ラフは図録収録でじっくり見られてよかった…
>>
脚のラインとか小顔とか横から見ると丸く膨らむエンジンとかF91の好きなとこが監督の赤ペンで追加されたとこだらけでびっくりしたな…
>>
Mk-Ⅱの修正指示で顔のとこにガンダムはヒーローなんだから凛々しく!とか書かれててほっこりする
ビルバインのもっとファンタジー風に寄せたデザイン後出しして
富野監督から「もう遅いよ!」されたりとか……
>>
作画スケジュールはもちろん玩具というかプラモ展開もあるから
今更どんなにいいデザイン出されても困るよ!っていうのはあるよな
>>
どの道オーラキャノンやパイプとかメカニカルな要素はスポンサーの要望だしなぁ
まあよりによってビルバイン出す前に倒産したんだが…
押井と喧嘩別れするレベルで言い争ったあと後ろから抱きついて仲直りするやつも好き
>>
ダメだった
>>
「押井ちゃ〜ん、さっきはゴメンねぇ」
http://rittorsha.jp/column/2020/01/1988_3.html
すぐ死んだりはしないけど粘膜部分の水分が沸騰し始めるんで目と口は閉じてないとまずい
>>
口は逆に開いて肺の中の空気出しといたほうがいいんじゃなかったか
血が沸騰するとか逆に凍結するとか予想は色々あって
ジッサイに放りだしてみないとわからないと聞いた
>>
一度マグロか何か放り出してみれば良いのに
>>
生きたマグロ打ち上げてさらにそれを放出するのか?
人が宇宙空間に放り出される事故って起きたことないんだろうか
>>
事故るような機体は大気圏内で爆発するから…
実際真空状態作ってどんくらいで生物死ぬかくらい実験してるだろうけど
表には出せないだろNASA
>>
人体実験ならともかく動物実験なんてどこでもやってるだろ
そりゃ可哀想ではあるけどモルモットくらい放り出して結果教えて欲しい凄い気になる
まぁただ単に気難しいめんどくさいだけの人だったらこんなに長々業界の顔みたいな扱いされないだろうし
めんどくささと同じくらい魅力もあるんだろな
>>
板野が1stの現場で一番上司に怒られて何度も謝ってたのが御禿だって言ってたし
表に見えないだけでちゃんと汚れ仕事もたくさん引き受けてるんだろう
気難しくてキレやすいイメージあるけどファースト本放送でスポンサーや上からガンダムの商品どれも人気ねぇぞ!どうしてくれんだ!ってどれだけ怒鳴られて帰ってきても一人でションボリしてるだけで若手に怒鳴ったり八つ当たりしたことなかったって板野一郎から暴露されてる禿
>>
あの番組の時板野が一番感情的になって涙ぐんでたのが印象的だった
俺はそういう富野さん近くで見てたからさぁ!とか言って
>>
って言うか創作に対して異様に厳しいイメージはあるけどそういう時に理不尽な八つ当たりするイメージは元からないわ
富野由悠季の世界の物販でこれ売ってたらしく行かなかったの後悔してる
>>
富野アクリルフィギュアもあるぞ
>>
アクリル台と一緒に買ったぜ
>>
まだやってるぞ!青森だけど!
アニメ製作スタッフレジェンド娘の発売が待たれるな…
>>
監督これくしょん略して監これを先にしよう