実際にパパ活に勤しむ20代女性からは「500万円くらいの貯金があって、収入が高すぎない男性のほうが、頑張ってお金を工面してくれた」との証言もあった。そうしてひと月に数百万円を稼ぎ、“パパ活一本”で生計を立てる女性もザラにいるという。

一方で、コロナ禍においてパパ活人口は増えており、パパ活女子の容姿や年齢によって、受け取る対価に“格差”が生じているとの指摘もある。パパ活事情に詳しいジャーナリスト、鈴木リュウ氏が語る。

「アルバイト・パートで働く女性の雇い止めや、子供の休園・休校に伴う育児などにより、失業したり収入が激減した女性は少なくありません。キャバクラや風俗業でも、客足減に伴って収入が減り、パパ活に流れている現状がある。その結果、パパ活女子が“飽和”してしまい、高額報酬を受け取る女性がいる一方、全体的な相場は下がっているとの声も聞きます。行為込みで1万~2万円といった値下げ交渉が行なわれているようです」

市場原理

逆年功序列の厳しい環境
老兵はただ去るしかない弱肉強食の世界や



>>
頂点以外は言うほど贅沢できひんのやな

>>
43以上は普通に働いた方がええやろ

>>
若いうちに金銭感覚ぶっ壊れてから稼げなくなる最悪のパターンやん

>>
なんで実働日数バラついとるんや

>>
年取ると需要無いから働きたくても呼ばれなくなる

可哀想だとは思わんのか…?

>>
思うわけないやろ

岡村さんは正しかった

>>
正しいのはみんな分かってたからな
それを公共の電波に乗せたことが問題やっただけで

いや…割りに合わないならやらんでええやろ

しょうがないね


>>
奨学金が収入?

>>
リボ払いシレッと入ってるの草生える

>>
美容代もリボにしろ

>>
普通のバイトして美容代減らせ定期

>>
これ普通に社会人として生きていけないやろ