「君の1番のトレーナーになってみせる」
「俺が!一流のトレーナーだ!!」
「一目惚れってやつかな?」
「うっめ…海鮮鍋うっめ…」
「楽しそうに走るなぁと思って」
もクリティカルな口説きだと思うんですよ
>>
それで一回フック仕掛けてから後で「無理に期待に応えなくてもいいと思う」とガツガツしてない異質さ見せてゲット
意外なほどに肩の力が互いに抜けた契約成立してる…
一生だ!!!!!!
>>
こいつはこっちも良いけど恥も外聞もなく誰も声を上げない中がんばれーーー!!!したメイクデビューもらしくて好き
その薬飲めば走るんだな?
>>
狂ってるよお前…
君の夢を届けに来た!
>>
周囲に目撃者いたら第二の一流になってたかもしれん
口説き文句で言えば
「カッコいいな!」で落としたウオッカがお前そんなんでいいの?ってなったな
>>
きっと強くなれる!とか通り一遍の口説き文句はあったろうけど
クリティカルはそこだからな…
(誰にも話しかけられずオロオロしてる新人トレーナー)
>>
たわけ!
クソボケ大集合!
当のタキオンすらトレーナーの頭おかしいと思ってる節がある…
>>
節が有るっていうかお前イカれてんなて言われるようなもんだし…
こんな話なのかボノ・・・
>>
無人島ツアー行って帰りの船に乗り遅れて3日飲まず食わずでいたところに魚獲りに来てたボーノと遭遇
海鮮鍋うめぇ!お前のちゃんこ鍋になってやる!
>>
どういうことなの…
一方でデザート付きのカロリーコントロールされた献立を渡すトレーナーもいたりと
中央のトレーナーはよくわからない
>>
でも理想と現実の間で苦しむマックイーンにとってはなによりの福音だったんだ
その献立が理想と現実の両立を叶えてくれたんだ
マヤはキャラストだと冷めた天才児って感じだったのに「君に夢を諦めて欲しくなかったから」の一言を放ったばっかりに…
>>
>「君に夢を諦めて欲しくなかったから」の一言を放ったばっかりに…
別衣装のロビー会話とか逮捕5秒前の奴ばかりだぞ!
何がおかしいってアイツ退学勧告受ける直前のタキオンに駆け寄って対象者ウマ娘の試験薬3本ぐらい飲み干すからな…
>>
狂人には狂人をぶつけるんだよ理論
タイシンのトレーナーは割とストレートだった
>>
タイトレはこのレースの前に夜中にタイシンにぶちギレされたとこで心決めてるのがちょっとおかしい奴
その後トレーナーじゃないのにもうトレーナーみたいな事してるし
>>
これはよくある
おせっかいなくらい踏み込んで認められるのが黄金パターン
>>
まだ専属でも何でもないのに交渉事を完全にトレーナーに頼ってくるスズカさんはさあ…
ちゃんこはあくまでものの例えみたいなもんだからそこまで難解じゃない
でもちょっとよくわかんねぇや!
シチーさんはキャンペーンの4話だけですごい濃厚だったな…
>>
4話まででトレンディドラマのスペシャルを1本見終わったくらいの満足感あるよね
>>
クラシック路線編、エゴサ編、マネジ編と
ドラマのその先のエピソードがまだ目白押しなやつ
>>
みたい…全員ほしい…
>>
探し回ったり車追いかけたり
他の男に一度先されるけどそいつがズレたやつだったり
こっぱずかしいセリフでプロポーズしたり
この二人めちゃめちゃトレンディ…
4話まで見直してみたけどシチトレおかしくない?ジョーダンがヘトヘトになるまで追い回して車で移動したシチーにそう差も無く追いついてるし
>>
あいつは割とフィジカルおかしいアプリトレーナーの中でも上澄みだから…
>>
人間がウマ娘にフィジカルで勝てないと、いったいいつから錯覚していた…?
さあ、君の夢を届けに来たよ(膝ガクガク
>>
ジョーダンを追い回せる≧走りにくいドトウに追いつく>ハンデありリレーでタマに食らいつく>>>姐さんに担がれて登山>2回腰を痛める>ウオッカとチンピラの喧嘩の仲裁前にコケて気を失う
>>
同じ速度じゃなくパルクールとかでショートカットしながら最短距離で追いかけてたら…いや人間じゃねえわ
「一流のトレーナーだ!!」は一対一でもなく大量のギャラリーがいる中でやってるから脳破壊力がすごい
>>
下手すると後々の実績で他のトレーナー・ウマ娘の脳まで破壊していくからなあれ…
一流は一回振られて一流になったのがいい
>>
キングに脳破壊されてから脳破壊仕返してるからね
そんな殺し文句が飛び交うトレーナー業界の中
契約時の台詞が「えっ、ちょっと待っ…」なタイキトレ
湿度湿度言われてるけど結構トレーナーからの感情も重くない?
>>
だいたいの場合そのウマ娘に惚れ込んで声かけてるんだからそりゃ重いよ
>>
最近だとフラトレか
終盤の重力がヤバい
>>
いいですよね
約束したはずの3年間が終わることに滅茶苦茶ションボリする伊達男
>>
だいたい一心同体なんだ
プレイヤーは一歩引いて見ちゃうから重ってなるだけで…
>>
テイオーの視界に俺が入ってない…!
持ってる範囲でタキオンだけスカウト前に模擬レース走ってないことに気づいたんだけど他にいる?
>>
ルドルフと模擬レースはしてるでしょうおそらく模擬レースではなく選抜レースの話をしていると思うけども
選抜レースの話ならドトウもしてないし育成ストーリーでもそのことに触れられる
キャンペーンで4話まで解放されるのすごくズルいダイマだよな…
>>
ありがたい…石が足りない…
テイトレかなり重い気がする
>>
会長の宿題のやつでテイオーから見ても悲しい顔するのはちょっと重い
今ボーノ1話見たんだけどこれ恋愛とかそういうの抜きにして担当決まるの最速じゃないですか!?
>>
昆布取りに来てたらしいけど本当に偶然なのだろうか
>>
誇張抜きで命の恩人なの割と関係重いな!!!
>>
無人島ツアーで客を数えずに出発するなどということがあるだろうか…
つまり…
マックイーンのシナリオ見直してたらこいつメジロにされて当然だったわ
>>
育成中のイベントでもたびたびマックイーンに相応しい自分になるって言っててこいつ…ってなる
まあパクパクですわが挟まりまくるから印象に残りづらいが…
もしウマ娘が多感なお年頃のど真ん中だったら
トレーナーの存在が恋愛的な意味で危なかったウマ娘がちらほらいる…
>>
多感なお年頃のど真ん中じゃろがい!
個人的にダスカのストーリーが好きだな
>>
グッドエンドでこ…こいつやりやがったってなった
ウオッカ育成だかのファン感謝祭での伏線回収というか
>>
「アンタってさ、思えば最初からわりとヘンなヤツだったわよね…」
「忘れようったって忘れられないわ」
(そっと笑顔の写真を見せる)
>>
これ一目惚れしてますよね
改めて見返すとウララトレも大概にやばい
そして世界線次第では有馬取らせるんだから違う意味でも本当にやばい…
>>
収束する運命を打破しようとループの中で足掻き続けた猛者なのかもしれん
>>
俺見たんだ…
チームレースで長距離に編成されてた有馬2連覇してるウララ…
決まる前からトレーナーが親身にしてるのパターンは下心も感じるし一目惚れなんかなあとも思う
>>
強い…
>>
強い
>>
意図はなんでも良いけど電車の中で何言ってんだ…
ところでこのカレンチャントレーナーなんだが
>>
本編開始前に堕としてるのは最速すぎる…
>>
しかも個別と育成だとジュニア終わるまではむしろカワイイ受けて堕ちてないしウマッターすら見てない強敵だぞ!
>>
まず存在がカレンチャンの人生のターニングポイントすぎる…
育成中はネチャネチャのネイチャも契約自体はあっさりだったな
その分4話で大爆発させるけど
>>
スカウト自体は普通だけどテイオーに目もくれないでネイチャに声かけるのはだいぶクリティカルな気がする
相手がお兄ちゃんとわかった瞬間有無を言わせず専属契約をもぎ取るカレンチャンは結構重いよ
>>
てか見つけた瞬間にお兄ちゃんと分かるとか割とやばいほうではある
>>
何度も言われてるけどあのカレンチャンがなりふり構わず強行突破してる時点でヤバい
バクシントレーナーは嘘はついてないし素質も疑ってないよねただ今じゃないってだけ
短距離に関してはむしろ傲慢でさえある
>>
トレーナーとウマ娘両者が勝って当然大差付けて当然なのは他に居ねぇんじゃねぇか…?ってなるよね
タイキとゴルシだけもらい事故感あるな…
>>
ゴルシ!!!!あの特訓を思い出せ!!!!!!!!!!!(そんなんしてねーけど)
>>
ゴルシは詰まんなそうに見てたトレーナーをジッと見てたしな…結構前からロックオンしてたんじゃね?とは思ってる
>>
タイキは声かけたら契約成立したからな…
>>
ところでこのドトウトレーナーですが…
ちゃんこ鍋は刹那のガンダムみたいな概念的なものだとわかるとなんてことはない
>>
俺たちが!ちゃんこ鍋だ!
>>
刹那にとってのガンダムになるってほぼ告白みたいなもんじゃ…
>>
つまりそういうことだ…
ゴルジは前から目を付けてた感じもあるけどクリークは…
>>
クリークはトレーナーのために走ってたり
後輩にもこの人のために走りたいと思う人をトレーナーにしろってアドバイスしたり
ちよっと変わってる
>>
そう聞くとモチベーション部分はめずらしく恋愛脳っぽいんだよな…
割と一番新人らしいトレーナーだよねクリークのは
他のが超人染みてるだけとも言えるが…
>>
ヒシアマ姐さんのトレーナーも未熟な感じで新人感溢れてる
ボーノのトレーナーは未熟通り越して幼児レベルでやばい…
>>
観察眼と料理の評論力かなり高いんだぞボノトレ
>>
料理の評論力…?
>>
味王か何かで?
>>
料理評論家とモチベーターとしての能力はあるが1人の大人としては…
「君のステージは芝じゃなくてダートだね」
『でも芝じゃないと見てもらえないの!』
「君がダートを芝より注目されるようにすればいい」
>>
一番のファンはさぁ…
>>
でもちゃんとダートのレースを見せてファル子の考えを変えさせるぐらいにはしっかりやっているなよなあのトレーナー
クリークとトレーナーは支えてあげたい人を選んだらいつの間にか支えられてたみたいな感じある
>>
トレーナー側が結構性格の変遷があるよね
多分ビジュアルも気弱そうな新人から覚悟決めた精悍な感じになってると思う
なんですかたまたま通勤中に出会ってその後あ〜あの時の!をするライアンが地味とでもいうんですか
>>
むしろ少女漫画過ぎてライアンっぽくていいなって思います!!
>>
いつの時代の少女漫画だ
>>
本人が読んでる奴の中にありそうだなこの再会
個性が強いトレーナーが多い中で
この人どんな人?って言われてイマイチ答えられないのはルドルフトレーナー
>>
理解者かな…
>>
影の薄くて地味なキルヒアイスだよ
>>
それ絶対地味じゃねーだろ!
>>
オメーレースどころか今後の政治コースまで付いて来て欲しいって言う相手だぞ!
割と何やったかって言うのがサウジ行こう!!!って言った奴しかないけど地味なわけねーだろ!
>>
文武両道なカイチョーとやっていけるのだから優秀なんだろうけど
影歩いてる感じはある
お兄さまは普通の優しいお兄さんって感じがするよね
>>
誤解を恐れずに言うとメンヘラ誘引するフェロモン出てそう
どいつもこいつも色ボケしよってからに…
>>
タマ…実装前は皆そう言うんだ
マルゼンスキーって周りに人を寄せるけどそれでも絶対引き入れない領域あるよね
>>
パーソナルスペースは狭いけどその壁の強度がヤバい
寄りかかれる人ができてよかったわ本当
>>
家に招くのはどこら辺までだろうか
>>
隣に引っ越ししてきてよって言うぐらいだしわりとトレーナーなら入ってきてもいいよって考えている状況かもしれない
>>
相手に気を遣って車のイベント行くの嫌な顔一つせず諦めることだってできる激マブが「君がいると一人でいるより自由になれる」って言うのが好き…
ああ…オペラオーが行ってしまう!くそうこんな時どうすれば呼び止められる…?
ハーッハッハッハッハ!!!!!!!!
>>
一流の系譜か何かかよ
アイドルウマ娘は健全なんだ
>>
オグリ君?
このグッドエンドラストシーンなんですが?
タマもバックボーン的にたいがい重くなる側だよな…
>>
4話でどこまでやるのか楽しみ
シチーさんみたいにオープニングで一山あるタイプだったら笑う
跳ね飛ばされる覚悟でウマ娘が走るレーンに立ち塞がるスペトレの話題が一切ない!
>>
他がチュートリアルキャラかってくらい無個性すぎる…
というかしれっとトレーナーなのに生徒会業務手伝ってるからね会長トレーナー…
>>
エアグルーヴのトレーナーも手伝ったことあるような気がするが
ナリブは持ってないから知らん…
でも手伝う話はそこそこ出てくるのは会長くらいな気がする