こいつヤバい
モス下手したら死ぬんじゃないかって一瞬思った
>>
生き残ったところで死んでた方がマシって責任取らされるんじゃないか
射程2.7kmで2kmで当てるんだから普通では?
>>
尾形はさぁ…
>>
日本海軍の叩き上げの極致でも早々いねえ
カァンカァン
砲兵って数学物理学が必須のポジションなんだっけ
>>
風向きは勿論重力や砲の寿命に重さ他様々な要素加味して当てないといけないから
超弩級のインテリジェンスを要求される
艦砲射撃は自転やら地球が水平じゃないのを計算して撃つからもう凄いぞ
>>
めちゃくちゃ計算して数値入力して打ってるかのいいよね
風向きも測ってる
日本人が描く日本人主人公のお話なのにちょう強いロシアじんが味方で日本の軍人ボコボコにする展開になってるの冷静に考えたらなんかすげえな
>>
日本の軍人っつってももう離反してるし…
このおっさんこの働きだけでもロシアの勲章ものなのでは…
気球に当てるのは流石にあたまおかしすぎるよ
なんだこいつ
>>
いや気球は艦砲が撃ち抜いちゃった
回天丸もずっと残しとくと壊れ性能すぎるからどうにかなるんだろうが…
>>
船を封じたら弾切れで終わるんじゃないか
整備されてたか怪しい砲で初めての土地とか色々あるのに2kmを初っ端から至近弾の時点でこいつヤバイ
即修正して直撃させて狙い変えてもう一回今度は1発で当てれるのは滅茶苦茶化け物…
>>
勿論能力もすごいんだろうけど
ここまで異常な戦果は門倉の豪運も上乗せされてるんじゃないか
それはそうとあんな凄まじい威力の大砲撃って砲手の人反動とか耳とか大丈夫なの?
>>
反動はそうでもない
耳はあかんから塞ごう
誰?誰なの?こわいよぉ!?から一気に作中トップクラスの危険人物と化したマンスールさんだ
>>
主人公たちがやれヒグマ殺しだなんだとチマチマ争ってるところに
駆逐艦殺し(×2)の知らないおっさんがスイとやってきた
砲兵って重量や風向きやら暗算してるの…
>>
三角関数全暗記してその辺加えて瞬間計算できれば砲兵の入り口に立てるよ!
>>
仮に全暗記できたとしても正確に計測できる気がしねぇ…
大陸テロリストが今までただの死亡要員でしかなかったからな…
>>
割と目立っていたハゲに黒々したヒゲの人があっさり死んで悲しい
ロシア陣営いらなくないかと思ってたけどマンスールだけでお釣りがくるれべるだった
>>
ソフィアが連れてきた120人のうちぽんぽん死ぬモブとして必要なのが119人
SSR砲撃手が1人
反撃でキラウシ死ななきゃいいけど…
>>
門倉は死なない気がするがキラウシは解らんからなぁ…
>>
門倉もボチボチ悪運ポイント使いきってそうなんだよな…
上手くいってくると今度はこちら側の反動が怖いよね…
>>
もう既にだいぶパルチザン消し飛んでるから砲撃止んでも地の利込みで良くてトントンじゃない
誰だお前!あっちへ行け!(恐怖)
>>
はい…マンスール主砲のところに行きます…
異国の地の知らない船の大砲で2km先の駆逐艦を!?
>>
68ポンド砲は偉大なる大英帝国製だからロシア軍はクリミア戦争で出会ってるはず
まあマンスールが慣れてようがこの条件で当てられるのは異常なんだけど…
これ門倉たちの方に敵の攻撃来たらこの数人だけで対処しないといけないからほぼ死ぬよな…
砲撃もそこそこで逃げた方がいいんじゃないか?
>>
五稜郭からめっちゃ離れてるし人員割いてる余裕ないだろう
>>
鶴見中尉が動かせるのは120名くらいなので手が回らない
雷と曙沈めたら金塊で弁償できる…?
>>
現代でもステルス戦闘機は同質量の金と同じ金額するって言うし…
当時の駆逐艦の金額はわからんが相当厳しいんじゃないか
>>
いけるけど責任問題は絶対ついてくるし許されはしないよ
>>
物は出来るかも知れんが優秀な砲兵や観測兵はどうしようもなくないか
この頃の艦船ってまだ輸入品では…もう国産だっけ?
>>
まだまだ輸入品の時代だね
日本の主力戦艦の敷島型だってイギリス製なんだ!
>>
雷ちゃんは大英帝国のヤーロー製だから特注だし高いんじゃねえかなそれなりに
うぇい