「スラムダンク」はなぜ伝説の作品なのか?世に与えた多大な影響を振り返る!!
>>
当時の女性の漫画家が「今までのスポーツ漫画と違って、暑苦しくないのが良い」
脱スポコン、イケメン、圧倒的画力などで売れた。
>>
井上が凄いのは行き当たりばっかりで名作を作る所

試合の勝敗も決めてなかったり、三井も元バスケ部と考えてなかった
>>
小説でも漫画でも作家の先生は
「ストーリーを考えているとキャラが勝手に動き出す」
って言いますね。
圧倒的画力やろな
>>
あのクオリティで週刊連載でよく描けたよな
ラスボスが全員坊主頭なのがリアルでよかった
「スラムダンク」はなぜ伝説の作品なのか?世に与えた多大な影響を振り返る!!

出典:SLAM DUNK 井上雄彦 集英社

3ヶ月くらいの期間の話なんだっけ?
>>
インターハイの全国大会は8月だから5ヶ月
>>
て、ことは
花道はホントに天才なのでは?
>『SLAM DUNK』が世に出る前は、バスケットボール漫画は「流行しない」といわれていた。

ダッシュ勝平は?
>>
おパンツ漫画
>>
卓球漫画に変わった
水戸はバスケ部に入ってくると思ってた
>>
2年生以降を書いたらそうなってただろうね
晴子さんがあんまりヒロインムーブをしないんだよな
「スラムダンク」はなぜ伝説の作品なのか?世に与えた多大な影響を振り返る!!

出典:SLAM DUNK 井上雄彦 集英社

>>
当時のジャンプで女性キャラが出てこない漫画1位が男塾で、2位がスラムダンクなんだぜ
>>
晴子、彩ちゃん、藤井さん、友達その2、相田弥生、監督の奥さん、くらいかな
初期のヤンキー漫画の部分がウケたらヤンキー漫画に育ったのかどうかは知りたい
>>
逆やろ
最初の人気を取る為にヤンキー要素を入れた
>>
ヤンキー漫画に路線変更した世界線のスラムダンクも読んでみたいね
ヤンキー漫画でも人気は出たと思う
ディアボーイズも同時期位か
でもやっぱスラムダンク派が
多かったね
>>
まだ続いてるんだよな
今は第4部
新連載で始まった時はヤンキー漫画かなと思った
作者名見て前作のカメレオンジェイルでコケた人の連載始まったのかよと思った
「スラムダンク」はなぜ伝説の作品なのか?世に与えた多大な影響を振り返る!!


>>
カメレオンジェイルって冨樫のてんで性悪キューピッドと並ぶコケたデビュー作だな
>>
てんで性悪は面白かったぞ
当時の富樫はジャンプを買えないほど困窮していたそうだが
今は漫画業界でもトップクラスの資産家だからな
嫁さんの武内もセーラームーンで薬剤師という完璧超人だし(さらに武内の実家は資産家)
全国大会への決勝シュート
普通は主人公の桜木、エースの流川、キャプテンの赤木にするものだが
「普通の高校生」の木暮に託した
これは数あるスポーツ漫画でも革命的
>>
木暮も178cmあるし、全国レベルの競合との試合で明確に穴にならないの凄いよ。
全国行くやつって、本当に普通の高校生レベルだった俺から見たら、獣みたいだったもん。体格も動きも
実際競技人口を変えた程の作品はこれとキャプ翼位しかない
野球系は以前からスポーツ≒野球だったし
>>
テニヌも結構盛り上がって部活の人口増えたらしいけど
そこまでじゃなかったの?
>>
ドカベンとヒカルの碁
今の若い棋士たちはヒカルの碁を読んで始めたヒカ碁世代
>>
エースをねらえも有名
ド素人がフィジカルだけでレギュラーになる伝説の漫画
>>
まぁ実際に高校バスケは、素人留学生に無双されまくるからな
>>
NBA好きのガチバスケファンからしてもデニスロドマンというスターを知ってるだけに嘘っぽくは見えないんだよな
安西先生バスケがしたいです。は流行ったし、名ゼリフ。
仙道はライバルながら主役。
今だに牧の凄さが理解出来ん。
>>
牧は上手くて硬い
>>
牧ビミョーだよね
圧倒されて動けないメガネくんではなく
その後ろの赤木にフェイクをかけたシーンがカッコ良かったくらいだよね
>>
「牧の体に押されたわけではなかった

だが木暮はその場に尻もちをつきそうになるのをやっとのことでこらえた

牧は圧倒的に本物だった

木暮は今反応できない。牧はフェイクを一つ入れた

反応できないのに?

その相手は木暮ではなく─

赤木だった」

このナレーションのセンスたるや。
>>
かっけーなw
>>
カットインしてきたら止める術ない時点でバケモンなんだよなあ
山王戦で終わったのは
よかった当時はガッカリしたけど
>>

最高の場所でおわった
今描いてたらと思うとゾッとする