【ゴールデンカムイ】キロランケって死んだ後からどんどんキャラ濃くなっていったよね
このおじさん死んだ後から濃くなっていくね…
【ゴールデンカムイ】キロランケって死んだ後からどんどんキャラ濃くなっていったよね
なんかあんまり嫌いになれない
>>
いや結構無駄なことしたなと真面目すぎる男だったんだよでだいぶカバーされている気はする
アシリパが暗号思い出してよかったって言って死んでいったけど
あの時点でもアシリパはキロちゃんの目的遂行してくれないと思うんだよな
>>
夢を見ながら死ねるんだから当人は幸せなんだよ
【ゴールデンカムイ】キロランケって死んだ後からどんどんキャラ濃くなっていったよね
ここ好き
>>
俺の愛していたウイルクでは無くなったって殺意滾らせて
実際ウイルクが死んだらウイルク…ウイルク…って泣いて生きてるかもってなったら目を輝かせて
最後は死んだ目で弱くなったオオカミを殺してあげる
>>
情緒不安定が過ぎる…
>>
ソフィア相手に手紙出す時は「俺が殺した」って正直に書くし真面目が過ぎる
なんやかんや和気藹々してた杉元パーティに比べてアシリパさんパーティはちょっとギスギスしてたというかアシリパさん白石以外みんなちょっと距離感あったよな
>>
あれは杉元パーティーの方が呉越同舟なのにこの漫画にしては珍しく裏表ほとんど無かったから…
>>
イヌで来たメンバーは基本的に真っ当な善人な杉元谷垣と
仕事優先だけどそこそこお人好しの月島とただの子供の鯉登だから
わりと常に疑心暗鬼があった中ではなかなか随一のゆるゆるパーティなんだよな…
>>
でもおかげで白石とアシリパさんがめっちゃ仲良くなったと思う
あんだけギスギスしてたマッさんをあんま刺したくない感じだったのがキロちゃんの人間性出てると思う
【ゴールデンカムイ】キロランケって死んだ後からどんどんキャラ濃くなっていったよね
>>
覚悟に関してはマッちゃんの方が上すぎた
キロちゃんが白石に色々零してるの好き
>>
白石は真面目過ぎたんだよキロちゃんはさ!って泣く
このおじさんと尾形とパーティ組んでたのやべーな
シライシはなんなの…
>>
アシリパさんの保護者
>>
杉元にアシリパさんを頼むって言われたから…義理堅いなこいつ
>>
大阪房太郎に謝れ
キロちゃんよりインちゃんの方がアシリパさんのこと困らせてたと思う
>>
初恋の人の娘だから意地悪したいよね
>>
娘としては父が初恋の人だとか言われてもレスしづらい過ぎる…
>>
最後に思い出したのが家族だからね…
【ゴールデンカムイ】キロランケって死んだ後からどんどんキャラ濃くなっていったよね
>>
愛してるから北海道アイヌの未来も考えるようになってしまった
>>
愛情はしっかりあった
あったんだがキロちゃんにとって家族への愛はパルチザンとしてロシアを支配下に収める事で戦火を確実に逃れさせる事なので
結局の所群れで生きる生物じゃなかった
選んだ嫁さんが欲望に忠実すぎる
>>
子供二人作ってるし素晴らしい円満家庭だろうな
もし目的遂行はなかったとしてもキロちゃんとしては伝えたかった現実を伝えられただけでも価値のある旅だったんだと思うよ
いや結構価値がないこともしたな…
>>
あのパーティーで殴り合いは難易度高すぎる…
網走で尾形に撃つよう指示したのはのっぺらぼう殺すためだけだっけ?杉本も撃ったのは尾形の独断?
>>
杉元も撃ったのは尾形の独断
スチェンカとバーニャ!!はなんでやったのマジで
【ゴールデンカムイ】キロランケって死んだ後からどんどんキャラ濃くなっていったよね
>>
だって刺青人皮の囚人がいるって…
>>
柵の向こうでエキサイトしているアシリパちゃんと
結局会えずじまいだったのか、岩息の目に適わなかったのかで終わるバーニャ…

『いや、無駄だったな……』
(普通にボコられて撤退した)
>>
キロちゃんしか殴り合い出来そうなのいねえ!
俺は家族作っても変わらなかった!が大体株の下がった原因だと思う
>>
むしろ家族作って更に加速してたと思う
ウンコだめっ!
【ゴールデンカムイ】キロランケって死んだ後からどんどんキャラ濃くなっていったよね
>>
今思うとここ鶴見中尉のギャグパートのノリだったな…
競馬のとこカッコイイけど始末された二人が不憫で…
【ゴールデンカムイ】キロランケって死んだ後からどんどんキャラ濃くなっていったよね
>>
まあ馬を虐待してたし
>>
やらなきゃ自分が殺されるならやるだろ
>>
たまに良いエピソードの裏でモブが可哀想になることあるよね
カネ餅の話であのあと谷垣が故郷に帰って事情話したりしてないから息子が殺人犯だと思ったままの老夫婦とか
>>
あの老夫婦、ムラハチ喰らってるよね
>>
流れとしては真相を胸のうちに秘めてあれ以降ふるさとに帰らないのは流れとしては凄く綺麗なんだけどそれはそれとして非のない老夫婦のために真相は伝えてほしい気持ちもあって困る
>>
ただ当時疫学に関してド田舎だとそこまで発達してないから
疱瘡かかった一族っつー真のムラハチ対象になっちまう
灯台の夫婦は珍しく救われててよかった
>>
娘さん馬賊みたいになるみたいだけどいいのかな…
>>
また読み返した時に夫婦からハグされてる月島見てなんか切なくなった
ウィルクにこだわってないで家族と幸せに過ごせばよかったものを
>>
(やはり連合国家作って守護らねば…)
>>
個人の小さな幸せで満足できて民族の行く末を見て見ぬふりできるなら
革命家なんてはじめからなってないんですよ
>>
独立を夢見て散っていった同士の犠牲を無駄には出来ないから…
ある意味で鶴見と同類
キロちゃんが白石にわざわざ逃げなくていいんだって言うところ好き
【ゴールデンカムイ】キロランケって死んだ後からどんどんキャラ濃くなっていったよね
>>
打算もあったとは言えあれも本心ではあるよね
走馬灯で妻子だけじゃなく他の子供達も思い浮かべてたあたり本当に真面目だったんだと思う
>>
ウィルク殺しも狼じゃねえよ死ね!って思いは確かにあったろうけど
シンプルに全部は無理だから切り捨てようぜ案に乗れるほどドライじゃなかったってのもあるよね
キロちゃん殺したから月島がソフィアに恨まれてるのはとばっちりすぎない?
>>
とばっちりではあるけどまあどちらにしろ敵にしかならんし…
>>
ロシアの方から金塊狙いにやってきた囚人たち…
>>
レイドバトルで皆で倒した感あったんだけど月島が視界に入ったのが悪いのか…
キロランケが生きてれば五稜郭籠城もかなり楽になっただろうな
>>
爆弾トラップ結構強かったからね…
>>
キロちゃんのボムスキルこういう要塞戦で活きるだろうしな
>>
土方歳三と思惑が違うから共闘できたかどうか
ソフィアは土方についたけど
ソフィアが恨むべきは谷垣なのに
月島鯉登じゃなくて谷垣殺しに行けばいいのに
>>
そもそもキロちゃんが悪いし…
>>
キロちゃんはマッさん刺すつもりなかったし…
ウイルク殺したのが悪い?そうだね…
>>
大義の為の戦いで個人恨むのがそもそもお門違い感あるよなとは思う
スパイ活動中で妻子作って巻き込んで死なせたのに相手に恨みを持つ中尉も少し似たような感じ
極東連邦は気宇壮大だけど無茶じゃね?ってのもまあ分かる
>>
まず無理だと思う
>>
人数も少ないし…
>>
移民募ろうぜー!!
そういやキロちゃん死んだからマッさんと杉元再会したらマッさん自動的に死ぬのだろうか
>>
そこまでやばくないよ杉元!
あんな理由で殺しました!って手紙もらって平手で済ませたソフィアはすごいよ
【ゴールデンカムイ】キロランケって死んだ後からどんどんキャラ濃くなっていったよね
>>
本来の目的よりアイヌの家族のが大事になっちまったんだろ?っていう理屈は普通に理解できるんだけどな
>>
キロちゃんも仲間ではあるからな…
キロランケやってること考えるとそら殺されるわって事ばっかしてる…
>>
アチャモロが生きてたのすらおかしいからな
読み返したら若山の親分が恨んでるキロランケのことそのアイヌの色男よ・・・
ってしきりに色男なの強調してて
こいつ見境無い不潔な男だなと思った
【ゴールデンカムイ】キロランケって死んだ後からどんどんキャラ濃くなっていったよね
>>
姫のレス
>>
親分の不潔ぅ!
>>
海賊も抱いててアイツ顔よくてケツ良けりゃ何でもいいんだろうな
>>
親分面食いっぽいんだよなあ
姫が特別なだけで