【鬼滅の刃】下弦の鬼を殺すメリットってなんだろう?
【鬼滅の刃】下弦の鬼を殺すメリットってなんだろう?
柱には敵わないだけでモブ鬼殺隊相手だと十分な戦力のわけで
小規模集団なんだから雑魚狩りやらせておけば良いのに
>>
別に対鬼殺隊って無惨様的には重要度低いんだよ最悪自分一人でも壊滅させる自信があったし
重要なのは自分の陽光耐性を得ることとその鍵である青い彼岸花であって上弦すらその捜索の為の人手に過ぎないんだから
全力でそれらの捜索に尽力すべきなのに下弦やそれ以下の鬼連中は鬼殺隊なんかを恐れて逃げ回るばかりのゴミなんだから
そりゃ要らないってなる
>>
ただ最終的にはその鬼殺隊にギリギリとは言え敗北したからなぁ
もし無惨戦に参加した柱が一人でも上弦戦で脱落してたら勝ってただろうってレベルのギリギリ具合だったけど
【鬼滅の刃】下弦の鬼を殺すメリットってなんだろう?
>>
だから無惨も感動したんじゃないか
本来鬼増やしたくないらしいじゃん
でも不老不死になりたいから手駒として仕方なく増やしてるわけで
>>
別に鬼増やしたくはないけど太陽克服できるやつとかレア血鬼術持ちが欲しかったから鬼ガチャ自体はやめられなかったんだよね
モブ鬼殺隊くらいは倒せるだろう
生かしとけば無惨最後にモブ鬼殺隊達に追い詰められた時何とかなったかもしれんのに
>>
城での決戦で兵隊不足になるという因果応報
【鬼滅の刃】下弦の鬼を殺すメリットってなんだろう?
>>
下弦程度じゃ使い捨ての雑魚レベルの使い道しかないし…
最後のチャンスをあげたら良かったのに
>>
チャンスもらった下弦の壱はどうなりましたか
>>
俺が鬼殺隊を倒してやるとか
命も全て無惨様に捧げますって忠誠や気概を見たかったんだよ
だから1だけ残れた
無残様のおしおきシーンみるとアイフルCMの「そこに愛はあるんか」が頭をよぎる
>>
そもそも鬼が嫌いだからな無惨様
愛なんかないよ
名前言った鬼が自滅する仕様にする必要あった?
>>
反乱分子の抑制と鬼が命惜しさに鬼殺隊に情報洩らしたり寝返ったりできなくさせるためだから無惨的には必要あった
無惨様は初登場時から一貫して悪のカリスマとかじゃなくて力を持った悪党なの面白いよな
>>
2巻なんて早期できっちり顔見せしてるのも面白い
無惨様が改心して泣きながら炭治郎鬼化させる展開は
まじでこいつは一生相互理解とか不可能だなって思った
>>
最初から最後まで徹頭徹尾糞野郎だったからこそのキャラだったね
途中で情や優しいところを見せたら台無しになってたと思う