【感想】 読み切り漫画『山田夢太郎、外へ行く』 何この漫画…どういうことなの…?【ネタバレ注意】
歯医者みてえな読み切りだな…と思ってたら死んだ…
読み切りなにこの……なんだこれ?
>>
トランクスだ
>>
🙏
読み切りは深いことやろうとして駄々滑り感が酷い
作者はなに描きたかったんだ?
>>
にくをはぐを中心にプラスの読み切り作品をいくつか足してみました!って感じ
できあがったのは具材は少ない割に味がまとまってない闇鍋だったが
読み切りはむしろやりたい事とかハッキリしてるだろ
こっちはそんなもん読みたくはないだけで
>>
食料に手を合わせて弔うシーンだけ先に思い付いちゃってそこにたどり着かせるためにとっちらかったんじゃないかなと思った
一番ワケわかんないの変な格好した女の子
夢太郎に外への憧れ持たせる以外の意味ないのになんであんな設定にしたんだろう
>>
世界観のはちゃめちゃさを出したかった
読み切りはあの巫女服の女は何なの?
指輪して主人公の名前知ってて
>>
分からん…
>>
ケンスケが夢太郎のことを話して指輪を渡したんだと思う
そもそも誰!? 誰なの!? という部分はギャグのつもりなのか投げっぱなしだが
>>

これは好きだった
【感想】 読み切り漫画『山田夢太郎、外へ行く』 何この漫画…どういうことなの…?【ネタバレ注意】
>>
こっちはギャグがいい感じに作用してるね
>>
面白いな…
序盤チラッと出た鬼が物語の異物すぎる
主人公夢太郎なら襲われた時に巫女っぽい人が助けに入るべきだろ
>>
それやるとあーまたこの展開かーって人いるだろうな
>>
むしろそれでいいだろ鬼が主人公なのかってくらいに鬼に都合が良すぎる
世間では16時以降こういうの出没するっての一般常識になってんのに対抗策出歩かないようにしようねってのが変だよ
対抗できないくらい強いなら罠仕掛けなくてもそのまま民間襲えばいいし騒ぎにしたく無いなら知れ渡ってる時点でおかしい
結果ありきで設定おかしいんだよ
>>
知り合ってすらいない相手をなぜ助けにゃならんのだ
いやまぁなんかバトル漫画のキャラっぽいから期待したくなるのは分かるが
なんか思ったより読み切りに拒否反応覚えてる人多いな
俺は冒頭の親子なんだろうって思いながらギャグ漫画読んでたらいきなり鬼が狩りしてるっていう異常な世界見せてきて好きだよ
パトカーが何故か日没お知らせしてくるっていうのもアレ伏線か!ってなって結構楽しかった
>>
俺もやりたい事はわかりやすいし各パートの完成度も高いから好きだよ
それはそれとして2つのパートが馴染んでないというのもよくわかる
賢介の忠告とパトカーと看板で夜は危ないってちゃんと伏線貼ってるしテレビで鬼だるいって言ってて夢太郎は7年前から情報遮断してて知らないってのもちゃんと書いてるね
>>
それがあったからなんなの?って感じ
>>
何なの?って言われたらもう何も…話通じないなとしか言いようがないかと
>>
そのへんの伏線が主人公?の突飛な行動と合ってるわけではないんだよな
言い換えるとストーリー全体に対してギャグの部分だけが悪目立ちしている
それが作品の味になっているかというとそうでもなくてただ不自然さを強調するだけになってるというか
多くの人間がいる場所で猟をするのは命懸けって言ってるから全然弱いよ鬼
駆除しろよ!!!!!
>>
山怖いし…
>>
熊や猪やスズメハチだって別に受け入れてるわけじゃないけど駆除しきれず毎年被害出てるでしょ
>>
よく聞いて欲しい
被害出した熊は山に追いかけて絶対殺す勢いだ
>>
少なくとも被害出した個体は駆除されるしスズメバチは巣を焼き払うしイノシシには罠仕掛けて殺してる
鬼はここ数年増えて街に降りてきてるからめちゃくちゃ駆除対象だよ
受け入れて外に出ないようにしましょうはそれこそ警察や自衛隊が何人居ても捻り潰されるくらい強く無いと
>>
葬送のフリーレンに出てくる魔族みたいに言葉喋る害獣だよなこの鬼って
むしろ絶滅させなきゃいけない敵を生かしてる人間の方が訳が分からなくなるレベル
>>
そこは最初の鬼パートのラストが一応答えなんだと思う
意味深に神社を出してるから鬼たちは異次元に住んでるっていう設定なんだろう
…そのせいで巫女が混乱の元になってるんだけどな
シュールギャグの部分が作品の他の要素とほとんど繋がりがないんだよな
それが個性となってるかというとそうでもないし
>>
シュールギャグとシリアスは食い合わせが悪すぎるという話なんよね