ギギ・アンダルシアかわいい
かわいいけどハサウェイはこんなのしか寄ってこないのか
>>
クェスの時は自分から追っかけてったし
NTなの?
>>
明言されてないけど異様に勘が良くて予知レベルだったり隠してる真実とかをなんとなく一瞬で看破したりするだけの女の子だよ
もっと普通の子を好きになりなよハサウェイ…
あのメガネの子とかいいと思うよ
>>
やめとけ
アレも絶対キツイぞ?
>>
病んでる雰囲気ない?あの子
>>
ミヘッシャはちょっとハサウェイを盲信してる感があったな
>>
指導者としてのマフティーはまやかしみたいなもんだから
あの辺のミヘッシャの尊敬みたいなものはちょっと「ん?」って思った
可愛さで言えばミヘッシャが一番かなぁ
>>
あいつはあいつで自分の中の理想の革命家像をハサウェイに押し付けて
そうじゃなきゃ解釈違いでキレる奴だぞ
まだギギの方が性格的には優しいというかありのままの人格を尊重してくれる
そばかすメガネの子が一番かわいかった
>>
大学でやばい活動に勧誘してきそうって意見を見てからもうまともな目では見られなくなってしまった
最後に出てきたハサウェイの恋人も
癖のありそうな女だったな
ギギと対面することはあるのだろうか
俺はキャビンアテンダントの方が好きだわ
>>
あっちはあっちで大人の女の色気が詰まってたよね
>>
あれで出番終わりなの勿体ない…
>>
また出てくるよ
ギギをビンタする
なにかと距離感が近いのがうわーってなる
>>
めっちゃ近いよね…
>>
狙ってやってたら裸でリビングにいたのも計算のうちかもしれないな…ハサウェイが照れたりすれば揶揄うつもりだったとか
ドーウーゾー!
>>
同じ部屋に泊まるくせに胸見られただけで怒る生娘
>>
違う
誘ったのに説教して女に恥かかせたからだ
おっ○○見られて悲鳴あげるのいいよね
>>
まぁあれもハサウェイの気を引きたくて計算して出待ちしてたと思うよ
かわいいですよね
>>
動じないハサ見て余計機嫌損ねるのが良いよね
どぉーぞぉー!
>>
ここほんと可愛い
立ち振る舞いは毅然としてても恥じらいはあった方が男の庇護欲を掻き立てるってよく分かってるね
なんでそこで着替えたん?って思ったなあのシーンは
寝室でやれよ
>>
普段からジジィの前で着替えてるんだろう
>>
ラッキースケベは主人公特権だから
あとは観客へのサービス
>>
ハサウェイの左手羨ましい
小説では年齢設定子供だったよね
>>
17歳から19歳辺りのティーンエイジャーってだけで
「子供」って事は言ってないと思う
たまに言われてる15歳ってのはデマ
原作だと同い年かも
小説だと挿絵のせいか
もっと少女寄りのイメージだったな
>>
ファンタジー作品のキャラみたいだ…
>>
でも実際のところダンバインとかブレンの世界から出張してきたようなキャラクターなとこあるよね
小説読んだことなかったけど何か見た目より子供っぽい感じの子だった
>>
無垢に見えるのは多分幸運と感覚だけで何も不自由なく生きてこれたからだと思う
>>
そうなの?なんか身体で世渡りしてるみたいなこと言ってたけど
>>
世界的な富豪に溺愛されてる愛人だよ
それこそとんでもない巡り合わせがないとコンタクトも得られない相手
>>
愛人でも相手が上級国民だから知性が必要なんじゃないかな
ハウンゼンの中でもおもしろディベートが出来る美女みたいな扱いのようだったし
>>
これ以上なく不自由してるようにも見えるけど案外そうでもないのかな…
めんどくせぇ女って思ったけど小説は富野が書いたもんなで納得のめんどくせぇ女
>>
中巻冒頭の恨み節で擦ってくるケリアの方がよっぽど面倒
別にハーレムとかではないけどハサウェイモテモテだな…とか思ってしまった
>>
モテモテだけどあんまり羨ましくないな…
言葉は人を殺すよって言われてキャラ違ったみたいに取り乱すのは
なんかトラウマがあるのかと思ったけど特にそういうのは無し?
>>
ガチでそうなりかねんレベルで本質言い当てちゃう子だから指摘されて意識したらマジビビリした
>>
小説だと説明はない
というかなんなのってくらいこいつについては正体が全く謎
>>
ニュータイプのハサウェイの言葉だからすげえ分かりやすくハサウェイが殺される電波でもくらったんじゃないか?
ギギ役の上田麗菜って他にどんな役やってるの?
>>
みゃー姉
>>
マオちゃん
上田麗奈の演技凄く良かった…
>>
旧二人に比べるとすごくクエスに寄った感じある
ハサウェイのテーマとしてはこの演技はアリだと思う
上田麗奈ってメンヘラうますぎんか
>>
メンヘラキャラじゃなくてもヤバい
ギギの映ってる場面映ってる場面ずーっと可愛かった
服装が頻繁に変わってあー女の子だなって思った
>>
連邦軍の購買部で買った服装が割と好き
>>
ギギ見てるだけで嬉しくなってくる
ガチ美女パワーって凄いってなる
>>
中巻はケネスとの行動が長い中でそういう年相応の部分がどんどん出てくるのがスーッと効いてこれは…正ヒロイン
ギギ、ふだんは超然としているのに空襲に遭遇して人並みに怯えたり叫んだりして
ああいう境遇に至るまでに過去に紛争に遭遇した経験あるのかな
>>
まあこの時代まで地球規模で何かしら戦争やってる世界だからな
>>
頭でっかちな方なんだと思う
だから「実際の戦闘」が怖い
目の前で人が射殺されても耐えられるけど「でかい質量」には耐えられない
>>
中の人も監督たちからギギは過去になにかトラウマ級の遭遇があったんだろうって解釈を受けて役を構築していったとかなんとか
>>
賢い部分もあるけどNTでなく裏表無い性格が人生に疲れたおじいちゃんのツボに嵌まって上手くいった娼婦であって実際は超然とした存在ではなさそうだよね
テロリスト相手には舐めプなのにMSの攻撃にはパニック状態
人間とMSの違いはあれどこの落差は…?
>>
ロボに耐性がない
>>
ハサウェイがマフティと見抜いていたから
やっちってくれるという確信があった
だからやっちゃいなよそんな偽物なんか!って
それにマフティは今回は命が目的ではなく軍資金が目的だったから
ギギ好きなんで幸せになって欲しい
>>
……
ギギがハサウェイを振り回してるようで、大人としてそこまでたじろいでない感じがよかった
>>
ただ内面ではクェスがフラッシュバックして正常な判断が出来なくなっててダメージのデカさ具合が伝わる…
>>
過去のこと思い出して傷心しつつもシャアもこんな感じでクェスをコントロールしようとしてたのかな…
って思いを馳せてるようで大人な面も見れたのがよかったわ
シャアほど大人ではないけど、ハサウェイももう子供じゃないんよなぁ
結果オーライ!
>>
ハサウェイと逃げてた時のお前は生粋のエンターテイナーだったよ
早く色着いて買うか決めたい
>>
買っちゃいなよ!
買えば毎日パンツ覗き放題よ
>>
設定画で我慢なさい