CAP_USER9
なぜわかり合えない?
ガンダムの話をしたい。

みんなどうせ連休中暑くてすることないから暇でしょ?なので、まあ、お付き合いいただきたい。

今日は、ガンダムシリーズでしばしば語られている「人は分かり合える」というテーマについてのお話。

この「分かり合える」がしっくり来るキャラクターは、ガンダムだと大体ニュータイプだ。

たとえば初代『機動戦士ガンダム』だと、アムロとララァの2人がすぐに思い浮かぶ。

双方が惹かれ合っているのは、劇中描写を見れば明らか。

しかし、アムロは連邦軍のパイロットで、ララァはジオン公国軍MAエルメスのパイロットだし、シャアとも良い仲だ。

立場が違い過ぎる。

ところがこの2人は、劇中でも屈指の強い感応力で惹かれ合って、戦いながら精神の会話が成り立つレベル。

この”会話”は、かなり美しい描写で描かれ、ビジュアル的にも双方の心の移り変わり、同様も大変分かりやすい。

しかし2人の関係は悲しい終わりを迎える。

ララァはシャアをかばってアムロの攻撃を受け、命を落としてしまうのだ。

分かり合える。

だけど結果的に敵対し、どちらかが命を落としてしまうことは避けられなかった。

(文:松本ミゾレ)

「分かり合えてないじゃん」?

先日、2ちゃんねるに「ガンダムって毎回『人は分かり合える!』とか言って、次の作品で戦争してない?」というスレッドが立っていた。

スレ主は「宇宙世紀毎回これ。

分かり合えてないじゃん」とも書き込んでいる。

アムロも結局、ララァを倒してしまっている。

人が本当に理解し合えるのなら、戦争も起きないはず、という意見も分からないでもない。

僕自身、このスレ主にどう答えていいかわからないんだけど、スレッドには色々な切り口の声が寄せられていた。

ちょっといくつか紹介していこう。

「分かり合えたら争わへんってわけやないやん」
「今はまだ分かり合えないけど、それでもいつの日か人が宇宙に適応し分かり合うことを目指し、それでも戦っていくんや」
「分かったって、考え方を変えるわけではないからな」
「分かり合える人より腐敗した連邦や反抗勢力で分かり合えない人達の方が大多数だからね」
こんな具合で、様々な意見がある。

「あなたの来るのが遅すぎたのよ」

考えてみると、アムロとララァが分かり合えたのは、ある意味で最前線の、それもニュータイプの特権みたいなものだった。

感受性の高い者同士で直接ぶつかって、刺激を受けて、だから本当の意味で分かり合えたって側面はあるような気がする。

でもそういう人ばかりじゃないのは、まあ当たり前で。

たとえば、理解し合ったアムロとララァの2人が「だからもう戦争を止めましょう」と言っても、そう簡単には行かない。

前線のパイロット同士の相互理解で終戦となるなら、そんな都合の良い話もない。

ここは現実と一緒だろう。

戦争状態の国の双方にだって、きっと友人同士だった者たちはかつて大勢いたことだろうし。

それに、僕らは『機動戦士ガンダム』をどうしても主人公視点で観てしまっているけど、アムロって、ジオン公国からすれば自軍のパイロットたちを大勢死なせてきた悪魔である。

その悪魔が、いくらエルメスのパイロットと精神的に感応したといっても、他のジオンの人たちはピンとこないだろう。

まして連邦の白い悪魔に撃たれた者の父母の果たして何割が、アムロを許すのか。

アムロとララァの2人は最終的に相互理解をしたが、その理解は一年戦争をどうこうするレベルには至らなかった。

ララァも「あなたの来るのが遅すぎたのよ」と言っていたけど、もう少し早い段階でアムロとララァが出会ってさえいれば、殺し合いの渦中で理解し合うという最悪の事態は防げたのかもしれないし、戦争の行方も変わっていたのかもしれない。

ガンダムシリーズは何故「人は分かり合える」と言いつつ毎回戦争をするのか | キャリコネニュース
【話題】ガンダムシリーズは何故「人は分かり合える」と言いつつ毎回戦争をするのか?


分かり合うために戦争してんだよ
喧嘩した相手と友達になることあるじゃん

>>
強敵と描いて友!

>>
マジでこれ。

おもいっきり本音でぶつかって殴り合いの喧嘩した方が分かり合える。

>>
アムロとクワトロ
バナージとリディ
ライバルの共闘は熱いよな

アニメだから

>>
ほんとのことさ〜

>>
これは>>で書けなきゃ意味のない言葉。

恥ずかしくてたまらないだろうな…

だってそういう設定じゃん

>>
ロボットのドンパチが無いガンダムってどんなのか逆に教えて欲しいもんだな

ワンパターンとは言わせない!池田秀一代表作ランキング

1位シャア・アズナブル
2位クワトロ・バジーナ
3位キャスバル・レム・ダイクン
4位ネオジオン総帥
5位フル・フロンタル
6位エドワゥ・マス
7位赤井秀一
8位幽霊(赤い光)
9位ギルバート・デュランダル
10位オスカ・ダブリン
11位オムル・ハング

>>
獄門島の了沢

>>
火堂くんがいない

分かり合えるのはニュータイプだけだからだよ
ニュータイプの定義は「誤解無く分かり合える人達」
相手の気持ち(何を考えてるのか)が分かれば先手で動けて撃墜王になれる
モビルスーツの操縦が上手いってのは後付
ちなみにシャアは最後まで人の気持ちが理解できなかった。

ただの操縦が上手い人
ガンダムでニュータイプなのはアムロ、カミーユ、ジュドーぐらいなもん

>>
アムロとカミーユって分かり合ってたいっけ?

>>
ゼータでニュータイプ同士でも分かり合えないをやって
ターンエーで別の答えを出した

ニュータイプなら相手を思いやれるが、
ニュータイプに覚醒する条件が戦争中というジレンマ

>>
これだろ

宇宙規模の戦争なのに人型兵器使ってる時点で話にならないだろ
戦闘機やミサイルで戦う地球規模の戦争ですら弓矢や刀剣は使わない

>>
根底がロボットアニメだから
なぜそうしなきゃならないかはミノフスキー粒子で解決

ファーストガンダムのギレンのオトンは穏健派だったからな
あの人がそのまま大統領のままだったら戦争は避けられたろうw

>>
その穏健派をブチ切れさせたのがレビルというオリジン設定w

1stのラストは本当に見事だったのにZがすべて台無しにしてくれやがった

>>
飛田「なんで続編作っちゃうんですか!?

ガンダムの世界って全人類がニュータイプ
になれば戦争は無くなるみたいな事言って
るけど、むしろニュータイプが戦争を
拡大させてるようにしか見えん。

作劇の都合上優れたニュータイプ同士は
大抵ライバルで敵味方に分かれて常に
戦ってるし、どこが争いをしない為に
進化した人類なんだよ。

>>
vガンは地球連邦衰退
コロニーが中心となりスペースノイドの内戦から絶望の時代へって感じだしな

ニュータイプにも好き嫌いはあるからな
カミーユとハマーンとか

>>
ハマーンはジュドーが大好きだもんな

マンガで宗教対立は難しいかね
カルト的なのが暴れるのは出来るんだろうが

>>
あまり意味ないな
科学がなく未開ならば利用すれば何とかなった時代もあっただろうが今は他に色々有りすぎるから

アナハイムエレクトロニクスが絶対に分かり合えないように水面下で動いてるんだろ

>>
サンダーボルトは打倒アナハイムになってるな

中国の人々は自分達の事しか考えていない

>>
だから五輪にきて意気消沈してるんだろ
何を言われたか知らないけど

平和になったらモビルスーツは何に使うんだろう?

>>
洗濯

>>
洗濯に使えるぞ、牛も運べる。

ファースト作るときに、きちんとした宇宙年表作っておけよ
だからスターウォーズみたいにグダグダになっちゃうんだよ

>>
当時は低視聴率でおもちゃが売れない打ち切りアニメだし

分かりあってたら物語が始まらないだろうが

>>
ほのぼの日常系ガンダム

人はわかりあえる→戦争なくわかりあいました
とか宗教団体の作るアニメになっちまう

>>
提供
〇〇学会
〇教新聞

「私ならエマ中尉となら・・・・きっと・・・・・」

>>
シーマ様なら落とす自信あるマジ

わかりあえないからだよ

今も戦争はある。

日本と韓国もそうだろ

>>
兄弟喧嘩だよ
ガチではない

宇宙世紀は戦争の世紀
戦争の影には常に悪の組織バンダイの影があった

>>
出資者は無理難題をおっしゃるからな

富野が言ってたけど
本当にわかりあった人達は戦争しないのであの戦場じゃないところに行った

>>
パヤオも鈴木も言ってたな
サンとアシタカは確実にやってる