【悲報】記者さん、100ワニ映画を経費で鑑賞するもどうでもいいことが気になりすぎてしまうwwww
公開から約1週間後の週末、弁護士ドットコムニュースの記者が、新宿バルト9の予約システムをのぞいてみたところ、上記のような「いたずら」の痕跡は一つも確認できなかった。1日1回の上映で、コロナ関連で半減された約40席はほぼ満席となっている。

本当は『竜とそばかすの姫』が見たかったが、せっかくなので鑑賞することに。

当日1時間前でも問題なく、ばっちり予約することができた。約63分のアニメーションで1900円はいささか高い気もしたが(あとで経費精算しよう)、はたして劇場版『100ワニ』は、脚本・演出・音楽ともにきれいにまとまった良作だった。

上映後、会場をあとにする観客の中には、「ヤバい」と目頭をおさえたり、涙をぬぐう人もいた。あくまで印象だが、若い女性グループが多かったように思われる。個人的には、ワニたち登場人物が、靴を履いていないのが気になってしかたなかった。

要点はワニたちが靴履いてないの気になったってことやな

>>
服着てることは気にならなくて靴を履いてないことが気になるのか

>>
逆やろ
服は着てるのに靴は履かねえのかって気になってるんやろ

最後の申し訳程度のケチをつける事で俺は中立アピール
さすが弁護士やね

>>
いいニュースと悪いニュースを交互に出す奴のね