ルックバックを読んで幼少期にちょっと得意なことで親や周りに褒められて自分天才では…?ってなった記憶を思い出した
ルックバックを読んで幼少期にちょっと得意なことで親や周りに褒められて自分天才では…?ってなった記憶を思い出した
上手い人の存在って日常でも何かしらの形で目に入るから
上手い人を知らずに始めて
後で知って衝撃を受けるっていうのはイメージつかないな
>>
今で言うなら急に知らないすっごいうまい絵師が同じジャンルに参入してきたみたいな…
お絵描きがそうだった
>>
俺がお手本見ながら必死に描いた絵より何も見ずめちゃくちゃ上手く描いた従弟見てこの世の無情さを知った
ちょっと違うけどイケメンモデル体型の兄貴と服の趣味が同じだったんだけど並んで鏡見た時にもうこの系統の服着るのやめようってなった
周りがどんどん減ってくから息長く続けてるやつがなんだかんだ勝ったりして俺は早くそれに気づきたかった
しかし音楽の道に進まなくてよかったとは今でも思ってる
>>
サッカーとかもプロになるやつってスゲーよなって思う
実際面白い4コマ描き続けてた結果だからただの奇跡ってわけでもない
ルックバックを読んで幼少期にちょっと得意なことで親や周りに褒められて自分天才では…?ってなった記憶を思い出した
小学生で毎週4コマ描けるのがすげえ
>>
この時点でもう常人じゃねぇ
あー不登校の子の漫画で井の中の蛙を思い知らされるんだな…と思ったらベクトル違うだけで藤野も天才なのが予想外だった
>>
その一ひねりだけで既にあっこれは新しい!って思った
実は2人とも天才というか上手くなるべくして上手くなってるのがいい
ルックバックを読んで幼少期にちょっと得意なことで親や周りに褒められて自分天才では…?ってなった記憶を思い出した
>>
どっちも継続力すごい
ついさっきやっと読んだ
小学校の頃は上手い上手い言われて得意になってたなぁって思い出したよ
ルックバックを読んで幼少期にちょっと得意なことで親や周りに褒められて自分天才では…?ってなった記憶を思い出した
>>
あの調子の乗り方は見てるだけで俺のトラウマを刺激する
一昨日の深夜に公開されて瞬く間に拡がって
「自分も頑張らなきゃ」的なことを言う人を沢山産んだけどあれからみんな頑張ってるだろうか
俺はここを見たりしていた
>>
頑張ってコメント漁ってた
>>
今絵を描いてる
上手くはない
やっぱり自伝ですよねこれ
>>
自伝(妄想)だと思う
>>
パワーかな???
>>
タツキはAOで美大行ってるから京本なんだな
>>
タツキは死んでいた…?
>>
妹がペンネームとTwitterを引き継いで書き続けるんだ…
>>
そう感じるくらい「生」感出せてるのすごいね
逆にどんなジャンルでも上にいく人って皆桁違いの才能してるんだなともなる
>>
その上で努力が必要ってのも描いてるからいいよね
劇中作がちゃんと面白いのが説得力を増してる
>>
その年齢で描きそうな感じがあるある出てるのすごい…
今みたいにネットで才能のある人がいくらでも見られる時代の子もこういう経験するのかな
>>
そもそも今ジャンプで連載してる若い人って既にそういう世代だしな