【逃げ上手の若君 25話感想】足利尊氏の弟・直義、兄の言動を疑い始める・・・
師直も直義も正気っぽいし尊氏1人が人外って事なのかな
>>
観応の擾乱は尊氏を止めたい直義とどんな形でも尊氏に従いたい師直の戦いになるのかな
直義の背中に書いてあるのは
天知神知我知子知?
>>
不良の特攻服っぽい
太平記にもある一文らしいな
兄上さあ勘っていうかお前も未来見えるんとちゃうか
【逃げ上手の若君 25話感想】足利尊氏の弟・直義、兄の言動を疑い始める・・・

出典:逃げ上手の若君25話 松井優征 集英社

鋭すぎる勘や御仏を食らう怪物を描いてる兄に対して、弟の直義も襲撃を企てた護良親王と同じく尊氏を異常と感じてるみたいだが尊氏はやはり何かに取り憑かれてるんだろうな
>>
そのとりついている奴を若君が倒す話になるのかな。
これなら史実と矛盾せず主人公側の勝利が描ける。
>>
自分もそうだと思う。
直義は最近の尊氏に違和感を覚えているようだから、やはり鎌倉襲撃前後で何かに取り憑かれたのでは。
難太平記の置文伝説では後に直義が今川了俊から見せられて「感激」して手元に置いたとあるから
逃げ若では置文を見て尊氏に憑いているナニカに気づいて敵対し観応の擾乱へ…という流れかもしれんなと思ってる。
まあ負けるんだけど。
若は処刑されたという説もあるが生き残って、最後にそのナニカと戦って勝つのでは。
この尊氏、天龍寺は後醍醐天皇鎮魂のために建てたのだろうか
>>
意外とそこらへんは本心でやりそう。
今週の尊氏と直義の仲良しシーンを見ると悲しくなってくるな…
ていうかこの漫画で観応の擾乱についてはどの程度語られるのかな?
一応時行が存命中の出来事だけど
>>
その時の尊氏がどんな顔するか楽しみにしてるよ
しかし昨日の大河でも話に出てたが後醍醐天皇大人気すぎだろw
あの頃の皇室とは系譜が違うのに
説明パートなのにパーカーの若に気を取られてしまったが、神力ようはチェンソの悪魔だなと1行にまとめ事なきを得た
【逃げ上手の若君 25話感想】足利尊氏の弟・直義、兄の言動を疑い始める・・・

出典:逃げ上手の若君25話 松井優征 集英社

不可思議な力や存在についての解釈は結構得心行く話だった
>>
案外この時代設定で漫画を書いてみようと思った大きな理由の一つかもしれんな。史実ベースに魔法的なものを論理的に入れられる最期の時代

そら史実扱いになってるんだから魔法出して何が悪い?とも言えるw
>>
もののけ姫なんかもそんな世界観だったな
ただ、話のオチ的にこっちも神の力が人の力に制されるって感じになりそうだけど
神のみに許された遊び見てる雫ちゃんの目が死んでて笑う
【逃げ上手の若君 25話感想】足利尊氏の弟・直義、兄の言動を疑い始める・・・

出典:逃げ上手の若君25話 松井優征 集英社

>>
自分の父親がアレやってるとかそらキツいわ
>>
そりゃ父親のあんな醜態を目撃したらああもなろう
掲載順が乱高下しとる
>>
若君はほんと上下運動が激しね(//∇//)
>>
アンケを入れるんやで