【呪術廻戦】最強の無下限呪術を破る方法って存在するのかな?
完全体宿儺との対決を待て
【呪術廻戦】最強の無下限呪術を破る方法って存在するのかな?
>>
催眠とかは効かないのか
あと食い物に毒入れるとか
>>
毒とか回復余裕だから意味ないでしょ
>>
花御の呪術は効いてたよな
>>
あれは領域展開直後で術式が使用不可だった
【呪術廻戦】最強の無下限呪術を破る方法って存在するのかな?
>>
10年前は毒の選別はまだ難しいだったけど今はどうだろう
【呪術廻戦】最強の無下限呪術を破る方法って存在するのかな?
>>
そこの部分はオート化するのが難しいと言っている
六眼で呪い関係ない毒が見えるかどうかになるけど多分視えてればマニュアル操作で弾ける
呼吸してるなら酸欠だろ
【呪術廻戦】最強の無下限呪術を破る方法って存在するのかな?
負の自然数なんてもんはないぞ
>>
だから「-1個のリンゴみたいな虚構」いてるやん
>>
工学の博士号持ってる編集者がそこはおかしいとも言ってたけど
まあアリですねって結論になってた
とりあえず無敵バリアを常時張ってる!!!でいいんだよ
>>
バリアで圧殺とかしてくるですけど…
物理的に近づけなくなってるだけだから空間ごと破壊とか座標で攻撃とかすれば通ると思うよ
>>
ちょこちょこ余所で出てくる結果だけ出てくる系とかか
>>
次元を貫通するほどの気の力なら
【呪術廻戦】最強の無下限呪術を破る方法って存在するのかな?
>>
次元刀か
【呪術廻戦】最強の無下限呪術を破る方法って存在するのかな?
この手のバリアって生命維持に必須だけど取りすぎるとヤバい系は
きっちり適量で防げるんだろうか
>>
できるできないはともかく、無意識下でギリの適量を完全に制御する必要があるので単純に難しいと思う
常に同じ量の空気を吸うってのを無意識下でやるのと変わらん精度が必要になるわけだし
少年漫画ならどんなバリアも熱血キャラが叫びながらぶん殴れば通るだろ
>>
主人公補正がないと駄目
「割り算の計算結果でゼロを出す」みたいなもんじゃね?
>>
つまり独歩ちゃんの神の拳ならなんとなく届く!!
でも、昔いた六眼と無下限呪術持ちの人ですら
マコラ相手だと負けたんだよね?
>>
これ謎だよなまあふつうに体力勝負で負けたんだと思う
>>
体力はどうしたって人間の範疇だからひたすら長期戦にするというのは攻略法のひとつかもなあ
>>
いやわかりやすいだろ
宿儺の術式も解や捌や伏魔御厨子で個別じゃなく
斬撃で一緒くたにされて耐性持たれたから
様子見で何かしら放ったら無下限呪術で全て耐性持たれて詰んだんだろ
>>
詰んでも無下限の方もダメ食らわないんだから術者の体力勝負なんだろ
>>
あいつほんま初見殺しすぎるよな
宿儺くらい経験値なきゃ誰でも負けるじゃん
>>
何があれかって
術士を殺しても無駄という穢土転生システムなことだ
自爆クソレイドマジに酷い
【呪術廻戦】最強の無下限呪術を破る方法って存在するのかな?
>>
割とその道の人に相談して決めてたのな目隠しバカの領域って
>>
「スケールを無限遠点に飛ばす能力」ってハッタリ効いてていいな
【呪術廻戦】最強の無下限呪術を破る方法って存在するのかな?
>>
それを現象に反映させられるっていうのが地味に凄い気がする
こういう説明きいて理解できるのか
俺はなにいってるのかまったくわかってない
>>
雰囲気だけでいいと思うよ
>>
安心してくれ 俺もだ
空間転移で宇宙の彼方に飛ばせばいいじゃん
>>
つまりはバシルーラ!…が届けばいいなってなるな
それなら現空間を宇宙と入れ替えとか?
テレポート系なら東堂のブギウギが五条に通用するからどうかで考えれば良さそう
>>
まず東堂に138億光年先に行ってもらってから術ブチ込めば勝ちだからな
アクセラレータを倒す方法を考えるみたいだ
>>
ほぼ一緒だからね
現象の術式と、結果の術式なら結果がまさるとおもわる
ブリーチみたいに出力の問題とかいわれたらもうなにも関係なくなるが
>>
まあ双方の仕組みが単なる『絶対防御』と『絶対破壊』の場合は双方の出力で鍔迫り合いして勝る方が耐えきるor破壊するにはなると思う
【呪術廻戦】最強の無下限呪術を破る方法って存在するのかな?
通常の無下限だけだったら有効そうな能力もあるけど
無量空処が必中な上に手加減しないと「相手は死ぬ」だから反則すぎる
>>無量空処
これも説明読んでもいまいちわからんが
脳内キャパパンクさせて即死する能力ってことでいいのか?
>>
即死というかパソコンを強制的に即フリーズ(コマンドが永久に動かない)させる感じだと思う
>>
精神的に脳味噌パンクもあるし
物理的に考えても知覚伝達でほんの少量といえど消費するものがあるから結局無限食らったら死ぬ
【呪術廻戦】最強の無下限呪術を破る方法って存在するのかな?
>>
さぁどうだろう
楽しみにしてな