CAP_USER9
浦沢直樹の漫画には”とんでもない間違い”があった? 元アシスタントと振り返る、多忙すぎた日々
【漫画】浦沢直樹の漫画には”とんでもない間違い”があった?「手榴弾投げるシーンで上のフックが付いていた」


■元アシスタントと振り返る、多忙すぎた日々

『YAWARA!』『MONSTER』『20世紀少年』など数々のヒット漫画を生み出した漫画家の巨匠・浦沢直樹。

圧倒的な画力と、独創的な物語性で海外でも人気が高く、日本のみならず世界中にファンを持つ。

現在は『週刊ビッグコミックスピリッツ』で『あさドラ!』を連載中だ。

そんな浦沢が同誌を発行する小学館の打ち合わせスペースで、元アシスタントで現在は『ヤングチャンピオン』にて『日本を創った男〜渋沢栄一青き日々〜』を連載中の漫画家・星野泰視と対談を行った。

“あの作品の裏話”も聞ける内容とあって、浦沢ファンにはたまらない動画だろう。

また、YouTubeのコメント欄には、外国語で寄せられたたくさんのメッセージも並んでいる。

星野は『YAWARA!』と『MASTERキートン』の連載途中で浦沢の仕事場入りを果たした。

7年間在籍し、その後、漫画家としてデビューしたという。

浦沢の仕事場を振り返り、「楽しくやらせてもらってました」と言うも、浦沢は当時「いや、僕は振り返ってもあの時が一番地獄だよ」と回想。

星野が「あの時の先生、ものすごい月産のページ数でしたもんね」と聞くと、浦沢は「140ページ以上ですね。

『YAWARA!』と『MASTERキートン』……『Happy!』と『MONSTER』という感じで、そこにガンガン読み切りも入れてましたからね。

頭おかしいですね」とコメント。

星野は「あり得ないですね……頭おかしいですよ」と返し、笑い合った。

また歴代の名作漫画の裏話が語られる場面もあった。

浦沢は「なにしろ時間がない中で描いていたので、『あっ、違った』と思い、翌週描き直すこともあったからね。

『YAWARA!』の最初の頃は、赤い線の中にまだ2人入っているのに、『場外!』と止めてるシーンがあって」と語る。

さらに『パイナップルARMY』では「手榴弾を“ポーン”て投げるシーンで、手榴弾の上のフックが付いていた」こともあったそう。

それから「『浦沢さんそれは爆発しません』というお手紙が来まして。

ものすごいスケジュールで描いているので、とんでもない間違えをする時もありましたよね」と振り返った。

また動画内では浦沢がイラスト・マンガ制作ソフト「CLIPSTUDIOPAINTEX(クリスタ)」の使い方を学ぶ場面も。

浦沢はクリスタの便利さと性能の高さに「お見それしました」と言いつつ、「負け惜しみを言ってもいい?僕らはさ、これを自らで描ける人になりたかったわけじゃん」「仕事として、締め切りギリギリで片付けなくてはいけないのなら、絶対デジタルのほうがいいんですよね。

でも、もしかしたら我々がやっているのは、永遠にお遊びなのかもしれない。

アートとお遊びというのは繋がっているからね」と持論を語った。

全文はソースをご覧ください

あの作品の裏話もー。

漫画家の星野泰視さんにお越しいただきました


絵もうまいし
短いストーリーで伏線はって回収するのもうまい
長いストーリーは、、、

>>
長くなると伏線に伏線張りすぎて
収集つかなくなったように腰砕けに終わる印象だね

YAWARAはベタでも最後は結ばれて欲しかった
あれじゃカタルシスがない

>>
日テレの金曜ロードショーでやってた完結編で松田とゴールインしてたはず

ピンを抜くことは広く知られてるけど
あくまで安全装置であって
レバーが外れることで初めて点火されることが微妙に知られてない

>>
起爆用のハンマーが強力なばねで起き上がって遅発信管叩くのを上からてこの原理で押さえつけてるのが安全把

柄付きの奴は安全把がない

浦沢漫画のキャラの線というか絵というか
まったく魅力がないよな
なんで売れてんだろ

>>
細けぇことはいいんだよ!ってやつねw

手榴弾投げた事ないんだろうなあ

>>
コマンドーでやってるシュワの投げ方がうまい
しくじって自分の近くに落ちたりしにくい

で、不倫て報道の真偽は?

>>
不倫する時間はあったんだ

オートマチック拳銃のリアサイトの後ろに目を近づけて撃とうとする。

シングルアクションのリボルバー拳銃なのに、ダブルアクションで撃つ。

>>
午後ローでやってたデスウィッシュの描写がちょっと面白かった

アシスタントが描いてチェックもれしたんだろう
大御所の少女漫画家が剣の持ち手を間違えて書いてたのを思い出した

>>
マシンガンをスナイパー銃に使ってるゴルゴ13は正しいのか?

浦沢直樹「田村亮子がモデルの柔道漫画描くぞ!!!」

美化しすぎだろ

>>
逆でしょ。

田村亮子がYAWARA読んで勝手に「ヤワラちゃん」と名乗ってるだけ。

>>
YAWARAのモデルは山口香だろ

>>
有名な話だな
MONSTERだろ

>>
YAWARA書き始めるときに田村亮子を知っていたら逆に怖い

風呂敷のたたみ方が下手

>>
広げるのが上手ならいいだろw

この人はデジタルに興味あるけど手書きも捨てがたいと悩んでるのが面白いw
それと、最近はミリペン使うのも普通なんだなあ。

昔、一生懸命、ペン先使ってイラスト描いてたわ俺。

>>
ダイソーの銀色ペンが絵描きの間でもてはやされてたことがある

安全装置かかったままの拳銃発射シーンとかもよく見かけるわw
武器に興味無いアシが資料をまんま書き写してるからだろうねえ

>>
ミニカーのメーカー名の入った実車が走るドライブシミュレータも

浦沢直樹といえは創刊直後のBE-PALに連載してたアウトドアハウツー漫画

>>
俺もあれが浦沢直樹の最高傑作だと思ってる