CAP_USER9
「それ今さら言う?」って思うことがある。

どう考えても納期に間に合わないペースでダラダラ進捗していて、ギリギリになって「どうにか先延ばしできないかな」みたいなことを深刻そうな顔で相談してきたり。

こういう「今さら言うなよ」ってことは、世の中に山ほど存在している。

ゴロゴロと。

今回は、まさにその好例とも言える話を紹介したいと思う。

(文:松本ミゾレ)

■『FF7』とかも今の目で見ると拙いけど、当時はそこそこリアルだったよね

先日、5ちゃんねるに「【悲報】90年代後半のゲーム、今見ると酷い」なるスレッドがあった。

スレ主はその例として『ファイナルファンタジー7』や『ゼルダの伝説時のオカリナ』などのキャプチャ画像を添付しつつ「こんなんでよく楽しめてたな」と書き込んでいる。

これ、スレ主が昔これらのゲームで遊んだ経験があるのか、それともこれらのゲームを遊んだことのない若い人なのかってことは不明なんだよね。

でも、前者の場合はグラフィックの進化の過程にあったこの時代のゲームを存分に楽しんでいたとも取れるし、後者の場合はたしかに拙いグラなので、「こんなんで楽しめるのか?」と思う気持ちも分かる。

スレッドには賛否含む色んな意見が寄せられているので、ちょっと引用させていただきたい。

「当時はこれで満足してたんか?嘘やろ?」
「当時はすごかったんやぞ」
「『時のオカリナ』はかなり頑張ってたぞ」
「『FF8』や『クロノクロス』とかのグラは当時衝撃やったんやけどな」

と、こんな感じで、やたら「当時」というワードが目立つんだけども、やっぱりリリース当時の『FF7』なんて僕はたまげたからね、本当に。

だってポリゴンキャラが画面の奥に行くと小さくなって、手前に移動すると大きく表示されちまんだぜ!そんなことすら衝撃をおぼえる程度には、90年代後半のゲーム事情って今とは比較にならないレベルだったのだ。

でも、そんな衝撃なんて今のゲームキッズたちには伝わらないよね。

多分何を言っても「懐古ジジイ気持ち悪い」って思われるだけだ。

■実際、当時遊んだゲームも今やるとキツかったりする。

特にポリゴン系

僕は初代プレステ世代なので、『FF7』やら『女神異聞録ペルソナ』とか『キングスフィールドIII』辺りの超有名タイトルを一通り遊んできた。

今でも大好きなタイトルばかりなんだけど、さすがにそれを「もう一度、今やるか?」と言われたら遠慮してしまう。

『ペルソナ』は、キャラは2Dなので別にそこまで違和感なく遊べる気はするけど、『FF7』とかポリゴンで表現されてる作品となると、やっぱり粗が目に付いてしまう。

それだけ目が肥えてしまったのだ。

当時死ぬほど遊んだゲームに対してさえ、そう感じてしまうほどには。

やっぱりカクカクし過ぎてるし、カッコイイよりカワイイというイメージを今となっては抱いてしまう。

ダサいとまでは思わないが、気になってしまうようになったというかね。

僕みたいなおっさんすらそう感じるんだから、若いゲームファンならきっと噴飯モノなんだろうなぁ。

なんか悲しいなぁ。

今も手元には90年代後半にリリースされたゲームがいくつか残っている。

でも、『FF7インターナショナル』も『モンスターファーム2』も、面白かった記憶はたしかにあるけど、さすがにもう遊ばないはずだ。

逆に『ファイナルファンタジータクティクス』みたいに、ポリゴンがマップぐらいにしか使われてなくて2D表現のキャラが活躍する系のゲームなら全然今でも遊べてしまうけどね。

2021年7月17日19時32分キャリコネニュース

>>
納期の話とはケースが全く違うのだから、例えとして使うのはおかしい

リアタイ勢しかあの感動は分からんやろな
しゃーない

>>
それはあるよね
当時の時代の空気

だから、ベイグラを今のグラフィックレベルでリメイクしてみてほしいのよね

>>
いいね!

>>
やったはずなんだけど、全く何も覚えてない
あ、ファミ通40点は無いわ、と思ったのは覚えてる

SFC末期のバハムートラグーンはグリグリ動いて感動したわ

>>
おとなになるってかなしいことなの…

御神楽少女探偵団や夕闇通り探検隊とかグラフィックはさておきストーリーが最高だった
グラフィックの凄さを誇るのは絵はうまいが内容ゼロの漫画みたいなもんでプレステ1の頃が一番ゲームにとっては幸せな時代だったな

>>
御神楽の末路は残念だったな
買ったけどやってない

中学生のときPCエンジンのカトちゃんケンちゃん見て実写やんて思た

>>
実写やで!

グラ云々よりもクソ長いロード時間よ

>>
PSのゲームはまずそうだな

>>
ロード時間が長いといえばネオジオCD

>>
PSかって最初の最初はNowLoading…の文字見ただけで何か読み込んでる!なにかわからないけどすごい!!って感動してたな

>>
リアルなグラフィックでイケメン



グラフィック酷いとか、デゼニランドやってから言えよ

>>
アタッチという単語がトラウマに

真・女神転生、当時ほんとはまってて
今Switchで出来るから、やってみようかって
立ち上げたら
メッセージが、全部カタカナ。

NO漢字
なんか、そのまま止めちゃった

>>
PCのツクールVX版やってみたら。

かなりの完成度みたい。

システムも今風で便利に。

今のゲームは大半が映像がきれいなだけで中身空っぽでしょ

>>
正解

>>
今は言われてなくね
ソシャゲ以外で大プロジェクト組むからには
面白くて売れないと話にならないから

むしろ20年前位、FF7FF8のころに
それ言われてたわ

SFCになったとき
意味なく、回転、拡大、縮小させてるゲームがいっぱいあったな

>>
モザイクも

>>
組長からこの演出を必ず入れろと指示があったっぽい

R-タイプ見た時の衝撃今のキッズにはわからねえだろうな

>>
わかる。

巨大戦艦のでかさとリアルさにはびびったわ。

ド田舎のゲーセンだったけどギャラリーできてたわ

昔のコマンド総当たりのアドベンチャーゲームは当時大好きだったけど
今やると苦行でしか無い

>>
コマンド総当りならまだいいけどフラグ管理が複雑すぎて即バッドになるようなゲームはもう無理や

老いたらドット絵のが目に優しい

>>
わかりみすぎてつらい

ゲーム業界が暗黒の時代やな
ゲーマーは64に逃げてた

>>
いやアーケードかPCでしょ

夢見館とかメガCD版のが画質が荒くて怖かった

>>
ホラーゲーは荒いポリゴンがいい雰囲気に一役買ってるね。

サイレントヒルなんて未だに初代が最高傑作と評されてる。

ソフトを開発中のバグを見つけるバイトってしんどいのかなぁ

>>
格闘ゲームなら全部の技を相打ちさせたり
レースゲームなら全箇所の壁に全部の角度から当たるらしい
入って数時間で逃げるのは珍しくないらしい

一番の衝撃はストIIで喧嘩が始まった事だよゲーセンで

>>
昔のゲーセンはリアルファイトとカツアゲ上等だったからな

バーチャファイターみたいなポリゴンのソフトって
最初に出た時から原型だなって感じだよね
10年後には確実に映像リアルになってるんだろうなって思ってた

>>
それが逆に未来が来たというか、未来を想像できる感じがして良かった

太陽のしっぽでゲーム酔いするようになって
ゲーム半分卒業したわ

>>
地味におもしろかったわぁ
なつい

スターフォックスは衝撃だったけどねぇ

>>
盛大に酔ったわ

2020年のゲームグラフィックも2050年の奴から見たらゴミ過ぎるって言われるだけ

>>
そうかなあ
グラはもうてっぺんに来てると思うが

スーファミのFZEROを初めて遊んだときは感動したな

>>
未来が来たと思ったよね

リッジ4はCMを見た人から本当に家庭用ゲーム機の映像なのか?って電話が
たくさん掛かってきたとか何かの記事で読んだ

>>
あれも一年先発のグランツーリスモ有ってこそって感じだけどな

「闘神都市」とか「遺作」とか言っても
今時のほとんどの5ちゃんねらーが知らないんだろうなぁ

>>
自分エルフ派なんで

PS5持ってないお前らが最新のグラフィック語るのは時期尚早
俺も持ってないけどな

>>
性能のいいグラボ積めばPCの方がグラフィックいいから。

4Kモニターにしないとな。

今のFFはグラフィックだけスゴいだけでFF6の方が断然面白いと思う

>>
FF7Rのグラフィックショボくね?
あえてリアリティに全振りしてないのかもしれないが

グラフィックはまだいいよ
プレステ人気だったけどローディングが
クッソ長くて詰まらんのが多かったよ

>>
Gジェネのセーブでメシつくりに行ってた俺がいるわ…。

昔の映画とか見ても、映像がショボいとかこんなので楽しめてたの?とか言いそう

>>
むしろ
1939年に風と共に去りぬがフルカラーで作られてることに驚く
ありゃ勝てんわ

今のゲームって全てが過去のゲームの焼き直しなんだよなぁ
スーパーマリオ以前に横スクロールアクションって有ったか?
ミステリーハウス以前に謎解きアドベンチャーって有ったか?
ゼビウス以前に縦スクロールシューティングって有ったか?
要はエポックメイキング的なものが今更出ないと言うこと

>>
オープンワールドだとかネット対戦は
比較的新しい新しい概念だと思うがな

90年代どころか80年代のドット絵のゲーでも感動してぬいてたゾ

>>
90年代後半は葉鍵全盛期だからなあ