【悲報】京アニ放火の青葉一族、呪われていた「GACKTの霊がいる」
「京アニ事件」から2年 青葉真司の「呪われた」家系図 祖父、父、妹が揃って自殺

妹も自殺していた

長女の行方を追っていると、意外なところで証言を得ることができた。父親の自殺から約10年後、彼女は常総市のとある寺を訪れている。対応した住職は京都アニメーションの放火殺傷事件が起こったあと、周囲に聞いた話からかつて会ったその女性が青葉真司の妹だったと気付き、はっとした。「うちに来た時、彼女は叫んでいました。気がおかしくなって何かが見えるという感じで、確か『GACKTの霊がいる』みたいなことを言っていた記憶があります。ひとりでは歩けないような状態で、付き添っていた年配の女性によると『本人がどうしてもお寺で除霊をしてほしいと言っている』と」。

流石にこれ学徒の間違いちゃうんか
歌う方のガクトちゃうやろ

>>
戦争で動員された学徒の霊なら辻褄が合うな

青葉真司が生まれてから京都に向かうまでの41年間の歩みを車で辿っていると、とあるエリアをぐるぐると回ることになる。そして窓の外を流れる広大な田畑と面白みのないロードサイド店舗を見続けることになる。青葉は埼玉県南東部から茨城県南西部にかけての各所を転々として半生を過ごした。つまり彼は北関東(*8)ののっぺりとした風景に半ば閉じ込められていたわけだが

ええんか

>>
北関東人ディスりまくってるやんけ

>>
北関東は牢獄か地獄かなんかか

>>
GACKT…北関東ののっぺりとした風景…
繋がってきたな