Vivy面白かったね
意外とバイオレンス多め
でも副題は歌でみんなを幸せにするために
エステラのへにょっとした笑顔が好きだったな
この話はガチでビビった
>>
思いの外他人に言われるとそうですねイラッときますね
っていうセリフいいよね
VIVY最後まで見たけど面白かった…
最後のシーンは解釈割れそうだけど、俺は肯定的に捉えるぜ!
みんなは何編が好きだった?
俺はオフィーリアちゃん!
>>
やっぱり最後は死んだ?って解釈でいいの?
マツモトなんて衛星に突っ込んでいったわけだし
最期のシーンはマツモトやヴィヴィが見ている夢という解釈でいいの?
>>
無数にある未来の一つなんじゃない
>>
小説出るまで分からない
>>
小説はあくまで原案だから参考になるかは…
小説2巻読み切ったけどメタルフロート編の冴木博士とヴィヴィの結末が全然違うんだな
元の案だと冴木博士が死なないからヴィヴィも消えない
記憶(ログ)の欠落に気づいて歌えなくなったのは…
>>
…小説買ってくる
小説2巻は読後感が映画のメイドインアビス見たあとみたいになったわ
博士の「人並みの幸せ」発言の気持ちもわかるしそれにキレるヴィヴィの気持ちもわかる
>>
アニメではなかった姉(ディーヴァ)に甘える妹(グレイス)の図と言う新天地が見れるぞ!
>>
前から思ってたけどほんとなら(アニメ)設定的にはディーヴァの方が妹なんだよな
ディーヴァの方が年上だけど
小説のヴィヴィはシンギュラリティポイントのときの別人格みたいな状態で
マツモトと知り合った時から分裂したような状態だから二重人格風と言うか
>>
このがっしりした体つきで一気に惹かれたな
ドスドス走るvivyちゃん好き
>>
体重80キロだっけ?もっと重いような気がするが
>>
改修後の重量が80kg超なので
一話時点だともっと重いと思われる
>>
改修でくそ重くなったんじゃないの?
前の動きはソフト的な問題で
じゃないとシスターズみんなクソ重になりそう
>>
80kg以上って明言したのがドスドス走りから60年経った頃なので…
ドスドス走りしてた頃はもっとあったんじゃなかろうかと
改めて見直すと初期は動きがぎこちないんだよな
話数が進むごとに動きが良くなる
>>
マツモト謹製の戦闘プログラム入れてから格段に上がった
伊達に歌姫マニアじゃなかったと思う
このしもぶくれがAIを狂わせる
まあこんなことされればオサムくんの性癖も歪む
このアニメは久々の大当たりだった1話の後半あたりでもうボロボロ泣いてしまった
>>
9話のディーヴァラストライブとビビちゃんへのエールは涙で前が見えなくなったぜ
最初出た時は別人になっとると思ったけど終わってみるとほんと惜しい人だった
ヴィヴィって人間相手にはみんなさん付けなんだよな
終盤で気づいたけどすごくかわいい
>>
垣谷おじさんのことも垣谷さん垣谷さん言ってるからな

ちょっと言い澱んでて何かあった素振りも見せるから何かあったとベスに誤解させかねない
Vivyとしての一番大きいステージはここだったな
ここすき
ゆがむ〜
>>
割と最終回でまた出るんじゃないかって予想してた人は多そう
ギュッとして
>>
逃げながら犠牲になるポジションだったおっさん
「悲しい争いはもうやめましょう…」のポジションになったおっさん
エンディングで出番が多かったおっさん…
>>
真ヒロインだしな
いい眼鏡だった
よく見るといやらしい衣装
>>
オサムさんオサムさん言ってる頃はもうすごい人間的だったな
まあこの頃が戦闘無かった代わりに人生的な影響大きかったんだろうけど
オサム君がオサムさんになって結婚して奥さんが子供産んだけど亡くなって
…ってのをリアルタイムで見て曲作ったし
エステラの辺りからもうAIが人間越えてたと思う
アーカイブが不要と思うのも無理ないな
>>
ベスもマスターLOVEで違う意味で人間的だったから
グレイスもそうだけどヴィヴィの後継機(シスターズ)全般が異常スペックだったか
もしくは原点のヴィヴィの時点で潜在スペックがとんでもなかったんだろうな

そういう意味では一号機のヴィヴィが誕生したときもシンギュラリティポイント案件だったじゃないかな
マツモトを過去に飛ばして改変してく都合、そこは改変できなかったとかで
今期でも特におねショタしてた
しかも大きくなって結婚するとか言い出す理想的なヤツ
>>
いいよね…すごくいいよね…
博士の家庭環境は最悪だったが
シスターズはショタを惑わす魔性のAI
>>
たぶんその子もAI技術者とかになってるんだろうな…
なにせエステラは命の恩人だし…
そんな中でもVivyさんは違うと思ってたのに・・・
>>
だって一人だけ唯一歌えなくなったこと気づいてくれたし…
ベスも穏健派のトァクの男の間では人気ありそう
>>
まぁ確かに一緒に酒飲んでそうだもんな
もっと話数増やしていろんな時代を巡って欲しかったな
>>
そんな感じで延々と終わらないラノベみたいにひたすら作れそうな感じはあるけど
この疾走感がないとひたすらだれるからこれで良かったと思う
>>
美しい
最後までわりと楽しめたけど結局vivyが心を込めて歌うことが
事態の収拾とあんまり関係なかったのがもうちょっとやりようあったのではって
>>
心を込めるとは何か?を悩んだ末に作曲に至ってそれがアーカイブにも響いたんだから大いに関係してると思う
>>
心なくして歌うことはできなかったんですよ
失敗したときになんでそこで歌えないの?
って思わなかった?
歌うことで止められることはわかっていたけど、歌うことで自分が機能停止、死ぬこともわかっていたから
心を理解できないままの彼女には歌えなかったんです
最初はなんのこっちゃさっぱりだった初報のヴィジュアルだけど
アーカイブと対峙してメインステージで歌うVIVYを表してたんだな…
>>
私が私を滅ぼす物語というのもネタバレだな
>>
私のところにヴィヴィとAIとそれぞれにルビを振ってるのも含めても完全にネタバレだね