dOMZrR00707

「ジャンプ」から消えたマッチョな主人公 少年マンガ ・マッチョ追放の社会史 | マグミクス


あのマッチョたちはどこへ消えてしまったのでしょう。

『キン肉マン』(著:ゆでたまご)、『北斗の拳』(原作:武論尊、作画:原哲夫)、『シティーハンター』(著:北条司)、『ジョジョの奇妙な冒険Part1』(著:荒木飛呂彦)、『魁!!男塾』(著:宮下あきら)……誰もが知っている80年代“ジャンプ黄金期”を代表する作品たちですが、注目すべきは「主人公がマッチョ」だということ。

キン肉スグルにケンシロウはもとより、冴羽リョウもまた端正な顔に鍛え抜かれた体の持ち主。

『ジョジョ1部』のジョナサンもまた圧倒的な肉体派。

『魁!!男塾』に関しては言わずもがなです。

「ジャンプ」黄金期を支えていたのは、マッチョたちだったのです。

あれから30年が経過し、世間では空前の筋トレブームが到来。

今や老若男女問わず会員制ジムを利用する時代。

そんなマッチョ時代における「週刊少年ジャンプ」を賑わしている作品たちはというと。

『ONEPIECE』(著:尾田栄一郎)、『HUNTER×HUNTER』(著:冨樫義博)、『鬼滅の刃』(著:吾峠呼世晴)、『呪術廻戦』(著:芥見下々)、『チェンソーマン』(著:藤本タツキ)……筋トレブームなどどこ吹く風。

いかついマッチョ主人公は「ジャンプ」からほとんど姿を決してしまったのです。

一体、この30年間で何があったのでしょうか。

今ってちゃんと鍛えてる体のキャラウケ悪いんだか古臭いのか全然居ないね

>>
描くの面倒だし

マッシュルっておわったの?

>>
普通に続いてて中堅

>>
中忍試験中に敵勢力がさらいにきて
それを校長が止めると言うナルトと全く同じ事してるw

北斗の拳は面白いけど
正直あの環境であの肉体維持できてるのは異常だと思う
普通筋肉分解が止まらんぞ

>>
北斗神拳伝承者は飲まず食わずで一月とか保つ設定
なお第一話で干からびかけてた

異能バトルもそろそろ下火じゃないの?

>>
すでになろう系からまったく排除されてしまってるんだよな

80年代はシュワとかスタローン全盛期だからな
ジャンプに限らずハリウッドでも今そんな暑苦しい主人公いないわ

>>
ロックくらいだもんな

なろう主人公みたいな身長160cm台のチー牛ヘアの主人公ほんま嫌い
世界を救うヒーローにせよなんにせよもう少し説得力を持たせろ

>>
そういう意味では受ける話なんて牛若丸の時代から変わらないんだろう

悟空、ケンシロウ、ジョジョのジョナサン以外

こいつら別にマッチョである必要まったくないからな
強さの説得力を出すための見た目のハッタリでしかない

>>
ジョセフまでは許せ
波紋は筋力にならない

最近の体たらくはさておき
キングダムだって昭和トレンドの巨漢、筋肉志向多いし
ヒョロガリ主人公が能力で無双とかそれこそ
真実味がないんじゃないか?

>>
キングダムはそのデカイ敵を信が倒す無限ループだからな
究極の噛ませ漫画だ

鬼滅は音もマッチョ

>>
ネズミもだ