ジョジョリオン、最終回間近に
ジョジョリオン、最終回間近に
ジョジョリオン

それは「呪い」を解く物語

そして来月号で多分8部最終回

再来月号で9部スタートか?
>>
多分なのか…
>>
ある程度休んでからスタートじゃない
>>
今月のアオリとか巻末の予告で次回8部最終回みたいな編集の表記は出ていない
シリーズ最長?
>>
3部が3年
7部が7年
8部が10年になるな
荒木飛呂彦でも年齢には勝てないのかそれとも単に週刊連載でなくなればみんなゆっくりになるのか
>>
週刊と月刊じゃペース違うのは仕方ない
それはそれとしてジョジョリオンは長かったけど
>>
月刊+休載も多かったからねぇ
それにしても単行本も27巻(28巻?)は長い
荒木先生まだやりたいんだろか
>>
9部かはともかく死ぬまで漫画描きたいタイプなんじゃないかと思う
豆銑さんが出てきてからやっと面白くなる
やはり弱めで分かりやすいスタンド能力は扱いやすい
ポルナレフやミスタと同じ
>>
カツアゲとクワガタバトルはよくできていたと思うが
単品ネタで露伴に近いかも
ジョジョリオン、最終回間近に
一体何者だったんだ
>>
まだ設定固まる前の吉良吉影じゃないかな
透龍ガチで死んだみたいだから本当にエピローグか
ジョジョリオン、最終回間近に
ジョジョリオンが一巡前の4部あたりの話とすると次は5部あたりの話になるのかな
>>
SBRでディオが死んでるから一巡後の世界だと5部は無さそう
ただアニメ化されることもあって6部はありえそう
一応9部まで構想あるって話だっけか
>>
4部を題材にした小説で露伴が頭の中に9部まで構成があるってセリフが荒木の事を言っているのでは?というファンの考察
本当かどうかは分からん
>>
昔の雑誌インタビューで9部まで考えてる話はしてたような
SBRの初期のインタビューで9部までは考えてるって言ってたから8部がラストでは無い感じか
>>
次が最終章なら総決算的な事するだろうな
ラスボスは結局凄く好きになったし
相変わらず恐怖を感じたわ
今回はストーカー的な恐怖込みだから余計怖かった
ジョジョリオン、最終回間近に
ジョジョリオン、最終回間近に
ナットキングコールのデザインめっちゃ好き
>>
だが本体がヘンタイでバカという……
でも本能に忠実なところはキライじゃないぜ
>>
カッコいい感じで女の子の為に腕犠牲にした直後にやっぱり返せ!ってした直後にまたカッコよく守るからってなるの好き
ジョジョリオン、最終回間近に
ミラグロマンの終わり方好き
>>
割とまじでこの回があるからジョジョリオンもある程度評価してしまう
面白い話を挙げるとだいたい前半の方に偏るよな
カツアゲロードに昆虫相撲にミラグロマン
>>
ていうか全部常秀回なんだよな
やっぱこいつが一番面白かったんだよ
>>
昆虫相撲は常敏が良かった
ジョジョリオン、最終回間近に
死にたくないって命乞いするボスは初めてか?

ヴァレンタインやプッチも少しはしたけどここまでではなかった気が・・・
>>
ちょっとダメージ受けただけで逃げの一択になるような奴なのでまぁそうなるよね感
ぶっちゃけ一番印象に残ってるのカツアゲロードとこれだわ
ジョジョリオン、最終回間近に
>>
俺はカブトムシ相撲
>>
脇道は全く問題なく面白いのがね…カブトムシとかロマノフとか
ジョジョリオン、最終回間近に
>>
俺のお気に入りはこれ
>>
元カレの方
院長はスタンド
ジョジョリオン、最終回間近に
>>
まぁ正確に言えば院長の本体だったけど
八木山夜露って名前がかっこよくて好きだった
>>
俺は一つの岩だ
そして一つの島だ
ジョジョリオン、最終回間近に
>>
ルーシーが調査に来てる回想があるが
まあそういうこと
正直ヤスホは歴代ジョジョ中でも可愛いと思う
>>
これは少し思ってた
単純に良い娘だよね
献身的だし頭も悪くない
ジョジョリオン、最終回間近に
ここ好きだな
>>
一時期に比べてまたマッチョに描けるようになってきたな
ラスボス戦は好き
ゴービヨンドまじカッコいい
ジョジョリオン、最終回間近に
ダモカン戦辺りすごく好きなんだよ
過去話とか含めて
>>
ダモカン辺りと脇道の短編はここ見ても評価高い感じだしな
家庭内とか岩人間編は芳しくないみたいだけど
ジョジョリオン、最終回間近に
正直このデザインは死ぬほど好き
>>
見た目と能力は久々にストライクなスタンドだったわ
ダモカンの時の過去回想は伏線や前に語った設定とまるで違う展開だらけなんだけど
でもダモカン戦なんか読んでて楽しい
>>
わかりやすく危機だったしねーちゃんの怒りも良かった
ジョジョリオン、最終回間近に
回想的に倒した敵並べてるとこ見てもやっぱダモカンかなあになる
後はカブトムシやカツアゲやミラグロといった短編調のところ
やべー奴感はやっぱりダモカンが上だった
>>
ちびハゲデブの3拍子揃ったキャラをあんな魅力的に描けるマンガ家はそういない。
単行本で一気読みすると全編に漂う定助の孤独感とその救いになるヤスホちゃんという構図がよくわかった
こいつらは好きだ
>>
あと憲助出てくるたびに父親って大変だなぁってなる
ギャグシーンは歴代の中でも結構笑った覚えがある
「鳩おねえちゃんパスポート取ってなかったのォォーーー出航できないィわァんン〜〜〜」
「だってェ〜ハワイがアメリカだってこと誰も言ってくんなかったんだもんンン〜〜〜っ 真珠湾とか漢字じゃん」
とかは謎の勢いでめちゃくちゃ笑えた
>>
俺はこっちの路線で行くべきだったと思うんだよな
あの家族の不快要素をほぼとっぱらって(常秀とかのキャラを変える)
もっと定助にとっての家族感を出して 親しみを持たせた方がよかったと思う
最終巻は28かな
それにしても10年て相当だぞ
>>
一年あたり年2.8巻週刊だと5冊でるとして
コミック自体の減ページとか考えると
全盛期の半分のペースか
ダモカン戦終わったところでで単行本買うの止まってんだけど
完結するなら読むの再開しようかな
>>
そっから先はとりあえず描くとこまで描いてるから読んでて楽しいと思う
壁とか呪いを解く物語とかそういうの回収できた?
>>
呪いは解いた
壁の回収って何するの?
>>
いや壁の目ってなんだったのさあれ
定助の正体と東方家の呪いが主軸だったかな
呪いのほうは治しておしまい?
ジョジョリオン、最終回間近に
ジョジョリオン、最終回間近に
ダモカン戦と常敏笹目桜二郎のバトルが好きだったなぁ
>>
デフレして残念な能力感あったスピードキングが実はやばい能力だったのがいい
9部あるなら冒険活劇にしてほしいな
>>
露伴みたいなその時荒木自信が気になったテーマを短編でひたすら扱ったほうが面白いと思うわ