鳥山明先生って言うほど全盛期の画力すごかったの??
歴代『ジャンプ漫画』で「絵のうまさに感動した漫画家」といえば? 読者が選ぶ“究極”画力
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ad815f2464b0ac0c9375f0d42e21ffe60ceaee5
1968年に『少年ジャンプ』という名で月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊誌となってから、少年漫画の第一線を駆け抜けてきた『週刊少年ジャンプ』(集英社)。
バトルものやファンタジー、ラブコメからギャグにいたるまでジャンルは幅広く、数多くの名作が誕生した。
キャラクターメイクやストーリーはもとより、表紙に描かれたカラーイラストや大迫力の見開きページなど、各作家の絵を食い入るように見たことがある読者は少なくないはず。

そこで今回は、そんな『ジャンプ』作品の「作画力」についてあらためて着目。
30代から50代の男性300人にアンケート調査を行い、「これまで読んだジャンプ漫画で“絵のうまさ”に感動した作家」を1名ずつ挙げてもらった。
上位に名前が上がった漫画家を、代表作とともにランキング形式で紹介したい。
■未知の生物からメカまで、想像力をかきたてられる鳥山氏の絵

そして15.7%の人に選ばれて堂々の第1位になったのは、1980年連載開始の『Dr.スランプ』や1984年開始の『ドラゴンボール』で知られる鳥山明氏。

『ドラゴンボール』では大迫力のバトルシーンで読者をワクワクさせた鳥山氏だが、コミックス表紙や扉イラストでは、見たこともない未来のメカや未知の生物が登場するのが特徴。
ドラゴンに乗った悟空や、一輪のバイクにまたがる亀仙人の絵をありありと思い出せるという人も少なくないはず。
同作のコミックス20巻のコメントによると、鳥山氏は幼少期から欲しいものがあると「それを手に入れるまで」もしくは「興味がなくなるまで」
ひたすら絵に描き続けたそうで、その強い好奇心が読者を引きつける理由なのだろう。

選んだ人からは「少年漫画の神様だと思う」(36歳)、「シンプルなのにうまいと思わせる」(30歳)、
「単純な線に見えるのに、マネしようとしても全然うまく書けない」(40歳)、「一枚絵が見事」(51歳)、「動きが分かりやすくて、遠近感や躍動感がすごい」(47歳)、
「絵が洗練されているから」(39歳)、「画集をずっと眺めてました」(41歳)といったコメントが寄せられた。

鳥山明先生って言うほど全盛期の画力すごかったの??
「漫画力」とかいう誰も説明できない訳の分からない力があるらしい
>>
福本とか三田の絵はいわゆる漫画力の高い作品だと思う
>>
視線誘導が上手いから始まって背景似対して見やすいキャラとか幾らでも要素は挙げられる
鳥山明はこれが優れてるし絵はやたら上手いけど村田にはこれが無い
>>
見やすいってことやろ

鳥山明先生って言うほど全盛期の画力すごかったの??
>>
じゃあ描き込まなければ誰でも漫画力あるね
>>
そうかもね
アラレ時代の方がうまかった

鳥山明先生って言うほど全盛期の画力すごかったの??
こういうの大体知名度ランキングになるのに尾田7位なんやな
メンツ見てると投票者の年齢層高そうやな
>>
小畑より尾田が上な時点でわりと知名度ランキングやろ
>>
年齢層の高い知名度ランキングやなって話よ
>>
ヒカルの碁とバクマンしか読んだこと無いけど小畑って上手いか?
>>
デスノートは面白いよ
>>
ああデスノも読んだわ
セルのデザインは神がかってると思う

鳥山明先生って言うほど全盛期の画力すごかったの??
>>
なお本人は不服
鳥山明先生って言うほど全盛期の画力すごかったの??


あとこの悟空とフリーザのバランスおかしくないか?
ワイには違和感あるわ
>>
フリーザ160で悟空170やからな
まあそんなもんや
>>
漫画だしね
恐竜とか乗り物と可愛いく描いちゃう鳥山明すこ

鳥山明先生って言うほど全盛期の画力すごかったの??


鳥山明先生って言うほど全盛期の画力すごかったの??
>>
そういやワイが子供の頃に初めてドラゴンボールに興味持ったのは、あの愛嬌ある恐竜を見たからやわ