【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
今回のヒロイン枠過ぎる
大好きな作品を原作者の(間に挟まった人達のおかげで歪んでしまった)要望に沿ってなんとか直してお出ししたら原作の良さを全くわかってない創作のセンスが欠けた人扱いになったの可哀想過ぎるでしょ…
>>間に挟まった人達のおかげで歪んでしまった
よくこう勘違いしてるけど最大の問題点は原作者の言語能力なので…
>>
いや違うでしょ
原作者が言ったことを言った通りに伝えてないのは間違いないんだし
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
あーくん達が演出に意見したときも真摯に受け入れつつなだめてたしメチャクチャいい人だよね
>>
売れっ子になるのもわかりますわ
名前変えるの経費かかるから頼むよ〜って無茶も聞いてくれるし
でも一般層にはボロクソに叩かれるタイプ
かわいそ
間に挟まってる人らも何も悪くないよ
強いて誰が悪いって言うなら天才肌過ぎて言葉でちゃんとイメージ伝えれない原作者が悪い
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
>>
直で言ってれば伝わってたと思う…
>>
伝わってても舞台も映像も漫画とは違うので…ってのが根本にあるのだ
最初の時点で抽象的過ぎるわ言葉が悪いわってなってるから本当に誰が悪いと言うなら原作者になるな
>>
「展開を変えてもいいからキャラは変えるな」って根本的な方針の違いを言語化できたのがヒートアップしたあのタイミングだろうからね
>>
一番やり取りしてる編集ですら意味わからんときがあるレベルらしいもんな…
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
この手のは原作者の言そのまま脚本家に卸しても結局はほぼ変わらんかったと思うよ…
>>
この騒動が上手く収まって脚本が上がっても
舞台の場合は演出家が勝手に変えちゃうオチがまだありえるからな
「セリフ多すぎキッショいもっと減らせ」が何故か脚本家に伝わった時には「もっとセリフ量増やせ」になってるし…
>>
違う
「道端でべらべら心情を喋ってきっしょいかまってちゃん集団になってる!ここどうにかして!」としか言ってなくて全然具体的な指示になってない
それがPのところに来た段階で新規のセットが必要な修正内容になっていてそれは無理というのと主人公の「セリフ」じゃなくて「出番」を減らすなというのがPの指示
最終的に脚本家に降りて来たのは「心情の出し方を情感あふれる形にしてほしいそうです」
クリエイター同士のやりとりにビジネスマンが挟まると認知の歪みが発生するのはままあることよ
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
よくこういうので脚本家叩く奴いるけど
なんで責任者のプロデューサーはあまり叩かれないんだろうか?
>>
脚本家=話考えてる=こいつが元凶
みたいなイメージで
今回の話みたいに脚本家の立場ってあんまり強くないの一般的にはあまり知らないからだろうね
誰が悪いの話をするなら伝言ゲームの中では悪い人はいない
動けば良くなると丸め込んだ奴が戦犯
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
>>
でもね普通に良くなってたんですよ
原作者「内心をグチャグチャ喋りすぎだろ」
脚本家「売り出したいからって内心グチャグチャ喋りすぎだろ」
なので本来はツーカーなのは見れば分かるよね?分かんない?プロデューサーみたいな奴だね
>>
「理想の脚本」は多分共通してるんだよね二人とも
その上でGOAは一旦舞台に合うセリフ量の多い脚本を制作した
原作者はセリフを削れと言う要望を出した
何故か伝言ゲームの結果セリフを増やせと言う要望がGOAに届いた
っていう
>>
そもそも舞台はしゃべらないと間が持たんからそこは伝言ゲームの問題じゃないんだ
>>
GOAさんは減らした方がいいって思ってたんだから伝言ゲームの問題だぞ
しいて言うなら伝言ゲームになってしまうシステムがクソ
>>
しかし原液で伝えるのは無理だよね!
間に挟みすぎだけど
>>
ガビ子先生のキャラ的にまぁ無理だな…
今回に関しては大ファンのGOAさんなら行けるって流れなんだろうけど
まあ実際まとめ役で総責任者で
キャスティングはもとよりスタッフィングの権限があるプロデューサーが責任取るべきなんだけど
権力者だから周りが忖度してるからそうならない
例えば脚本家にしても「ここでプロデューサー庇って泥被る方が後に繋がる」という打算はあると思う
>>
そもそもあのタイミングでプロデューサーが責任取ったら舞台自体が終わる
>>
責任取るってのは辞めるって事だけではないよ
推しの子も原作者の言い分も脚本家の言い分も充分理解できる
伝言ゲームになる危険性をないがしろにしたPが悪いよ
>>
今回に関しちゃ伝言ゲームしようがしまいが結果は変わってなかっただろうし
ガビ子先生が舞台の性質を理解するかどうかじゃないのかな今回の話
伝言ゲームがクソとはいうがスケジュールの問題とか原作者にあまり現場に絡ませると本業がガタガタになったりとかあるから…
あと原作者がガッツリ関わったとしても良い結果になるとは限らないし
>>
まあでも今回の場合は伝言ゲームが原因だよね
フィルター通した結果真逆に伝わってるのに真ん中も悪くないよは通らなくない?
>>
まず最初のアビコ先生の指示が「道端でべらべら喋ってきっしょい構ってちゃん集団になってる!ここどうにかして!」だからセリフ削れとも言ってない
>>
まずそもそもとして舞台で台詞減らせは通らない
>>
でも売れっ子脚本家は少ないほうが良いと思ってる
>>
ちょっと違う
売れっ子脚本家がこれくらいの量が舞台としては適切だと思っていた量より更に減らそうとしていたのが原作者
もっと減らせという意図が伝わらずもっと増やしたのは売れっ子脚本家の考えで他の関係者の意図ではない
>>
アビ子先生の思い通りにはいかない流れにはなりそうだけどね
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
>>
これまでの言動からして舞台の脚本を書いたこともないのは明らかだし使い物になる本を早期に上げてくる可能性は皆無に等しいから望むと望まざるとに関わらず結果は見えてるよね
今の舞台ってこんなすごい仕掛けなの!?
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
>>
高いところはね
稽古じゃなくて今週のアクアみたいに良い舞台どっか見せてれば違ったのかな
>>
原作知ってる作品の舞台見せてたらある程度の理解は得られてそう
能力の否定って言うけど多分アビ子先生の作る内容よりGOAちょの作る内容の方が映画としては形になって売れて評価も出ると思うよ…
媒体の違いやコストや諸々に加えてそもそもアビ子先生の脚本能力があるわけじゃないもの
>>
アビ子先生の要望通りにならなかったというだけで脚本自体は良いものだって作中でも複数から言われてるからな
>>
アクアの見立てはそうだね
これはこういう意図の脚本でこうする方が演劇って媒介としては正解なんですって説明したんだろうか
>>
この話に関しては作者側へのフィードバックほぼなさそうよね…
>>
フィードバックどころか作者からのインプットがろくに届いてないんだから考えるまでもねえな
いえばいうほど脚本がクソになってったんだしGOAさんは原作のファンなんだから最初から原作者の声入れないのが結果論としては正解だったんだろうなって
>>
GOAさんも作中で言ってたけどうちの役者の出番増やせとか原作者以外からの要望もランディング作業に含まれるから原作者からの要望無くても演出家の要望とかでセリフの量とかは変わった可能性あると思う
前回でストーリーは変えて良いって良いってるんだからキャラ変をしないかしても最小限にするやり方はあったのかもしれんけど原作者の許容できる部分をまず聞き出せてない感じがするのが
>>
聞き出せてないも何も抽象的過ぎて理解出来ないって話だからな今回の
>>
強いて言うなら体制が悪い
けど少なくとも企画段階で3社以上関わってるプロジェクトにおいて作業者レベルだけで話動かせる訳ないので完全に間違ってるとも言い難い
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
情緒ある→セリフ増しの間は何があったのか気になる
>>
そこは完全にGOAさんの判断なんだよね
たぶんGOAさんの感覚としては「原作ファンにはちょっとくどいと思われるかもしれないけど舞台が初見の客が混乱しないギリギリのセリフ量」で削った方がエモさとわかりやすさのバランスに苦心してる感じだと思う
キャラ改変されてキレるのはわかる
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
オリ展開でいいのでキャラは崩さないようにしてください!
めっちゃ難しい注文だと思う
>>
映画やテレビアニメならともかく
舞台で出来てるとこあるんだろか
台詞に関しちゃ脚本家がどうこうよりその舞台の演出とか構成の問題だから
それこそGOAやガビ子が減らした方がいいって言っても…って部分ではある
>>
減らせないことが問題なんじゃなくどこかから湧いてきた「セリフを更に増やさなきゃいけない」って話に振り回されてんでしょうが
餅は餅屋が正解だよこういうのは…
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
>>
アニメの脚本とかゲームの脚本でもまぁ大概原作者関わってるのは事故るよね
元々本職が原作やってるとか脚本の才能あったとか例外はもちろんあるけど
オリ展開でもいいですよ
(原作キャラのエミュを完璧にこなした上で新しい話を作れ)
>>
二次創作でも難しいことを公式案件でやれと申すか…
とにかく間に人入れすぎ
挟まなくてもいい人何人かいただろ
>>
別に全員挟まりたくてやってるんじゃなくて仕事としてやってるんだし
間に挟まる人は必要だから増えるんだよ
素人には分かりえないことなんだろうけど
>>
実際これも間に人がいなかったら大丈夫かって言われるととてもそうじゃないわけで
>>
何についての必要かってのと副作用が絡むから
皺寄せを誰が受けるかって話だな
プロデューサーが悪いとかそういう話じゃなく
今回のやり取りにおいてそこにプロデューサーって挟まらなくない?って思うんだが…
>>
プロデューサーは作品の窓口も兼ねてるからプロデューサーに連絡いくのは当たり前だよ
現場がうまく回るように走り回って頭下げるのがプロデューサーの役目
>>
挟まらなかったら減らしちゃマズい出番を減らすハメになってたけど
色んな制約の中で芝居作っててそれを指揮できるのがプロデューサーなんだから挟まらなきゃいけないでしょ
>>
全ての動きを直接把握せずにはいられない管理職はいる
それがいい方に作用するか悪い方に作用するかはまちまちだけど
>>
まず最初に意見が行くのはプロデューサーだろ…
編集もわざわざ爆弾起爆してんじゃねーよとは思った
なあなあに流されてくれると期待したんだろうが
>>
最新版の脚本を読んでもいないか何が問題視されてるか理解出来てもいない可能性もあるのでは
でなければ大勢の人がもう動いてるんだから諦めろって「現実」を見せるつもりだったか
>>
創作者としてのセンスがない
は面と向かって言っていい言葉じゃないと思うが
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
センス悪いもの上げてきた人にセンスないって言うのは人格否定って言うんですかね
>>
脚本見たスタッフは別にセンス悪いなんて思ってる人はいないし
完全に主観で人格否定してるだけの人だよアビ子先生
>>
でもその主観のセンスで5000万部売ってるんだ
>>
それは漫画のセンスであって舞台のセンスではないよ
多分この状況作ったのは誰が悪かったのかって問題と現場で吐いた文句が人としてどうなのかの問題を同一化して考えてる人もいる
>>
要は前者の問題が後者の問題を生んだって状況だからなあ…
後者に憤りたい人の気持ちもわかるけどまず前者がどうなんだろうってのが
今回の話のメインテーマなのでは?
起点のアビ子先生が自分で文章化してればある程度防げたトラブルではあると思う
>>
そういう指示を出すのは編集の仕事なんじゃないの?
舞台分からない人なんたし
>>
間に挟まってる人が「セリフが多すぎでエモくない」と伝えたら良かっただけだろ…
>>
というかサブ編がいきなりメモ取ろうとするんじゃなくて録音してればそれで問題なかったと思う
アカ先生編集に何か言いたいことあるのでは?
と邪推したくなるよなこの編集らしき奴
>>
メディアミックスで何か嫌な思い出もしたんだろうかと勘繰ってしまう
>>
単にこの伝言ゲームの構造はトラブル起こしやすいなって思ったんじゃね
つってもアビ子先生側からしてみれば何度もリテイク出してるのにそのたびに真逆の方向に向かってって舞台見たら良いと思えるとか編集が言ったのを信じてたのに全然駄目だったっていう流れだからかなり裏切られた気持ちになっただろうし
真逆の修正しまくる脚本とは組めないと思っても仕方ないと思うが
>>
どの視点でも辛い視点や正当性や不満があって当然の構造を描かれててその原因は伝言ゲームで強いて言えば己が役割十分果たせてないのはきちんと言語化指摘出来てない先生だよねってだけだよ
>>
その辺は序盤でじゃあ言葉のドッジボールしましょうねで脚本家と突き合わせてれば殴り合いしながら解決しただろう問題ってのが読者視点で想像できるからなあ…
>>作劇的にはそうならないんだろうけどこのままアビ­子先生脚本になると原作的にはマッチしてても微妙な作品になって原作ファンからも一般ファンからも脚本家のせいになるんだよね
少なくとも良くなろうと悪くなろうと脚本のクレジットが変わってないので脚本家のせいになるな
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
そもそも人の作品借りてやろうって時に「漫画家様はこっちの分野は素人だからな〜困っちゃうな〜」みたいなスタンスなのが傲慢な気もする
>>
実際素人なのは事実なので変えないでほしいことや要望があるなら契約の段階でしっかりやらないと無理だよ
>>
事実として素人なんだから傲慢って言われても
原作者なら畑違いでもヒットさせられるって方が傲慢かな
完璧な形で伝わってるのを全く疑わないあたり編集とかはよっぽど信用されてんだな
どうみても編集のムーブが致命打だと思うが…
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
>>
まずアビ子先生がロジカルじゃないってとこから始まって編集が意図を汲み取りきれないのと中間会社がお怒りフィルタを掛けて謎の要望が出来上がってるから編集だけがどうこうの話ではないでしょ
脚本自体がこれセリフ削った方が良くない?ってなってるじゃん
>>
舞台のプロはこれでいいって言ってるので
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
誰も増やせとは言ってない中でこの勘違いだからGOAさんにも否はある
ただアビ子先生の案だとセットが増えるのでそもそも台詞の量が減ることはなかったと思われる
>>
だからちゃんとそれを説明するべきではあったよね
解釈間違っちゃったせいでその発想が出てこなかったけど
つまりもっとやんわりとGOAさんには原作を理解出来てない事と外れて欲しい事を言えば良かったんだ
>>
いやまあ時間が無いのでやんわりというとか言うのは止めてほしい所ではある
原作も脚本も悪くない問題はディスコミュニケーションだって話なんですけどね漫画は…
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
【推しの子】脚本家GOAさんの言い分も原作者アビ子先生の言い分も理解できるからどっちも辛い
>>
齟齬に関してはそう
現場で露骨に脚本ディスっちゃうのは原作者先生口悪かったねくらい
>>
それすらも伝言ゲームで丸で意図が伝わらないフラストレーションが積もりに積もって爆発した結果だったからな