『進撃の巨人キャラクター名鑑FINAL』で初代フリッツ王がすべての元凶として扱われる
『進撃の巨人キャラクター名鑑FINAL』で初代フリッツ王がすべての元凶として扱われる

初代フリッツ王

始祖ユミルの愛を利用したすべての元凶 奴隷だった始祖ユミルを、豚を逃した罪で部族から追放した王。

しかし彼女が巨人の力を得たことを知り、その力を部族との戦闘にまで用いてエルディア帝国の礎を築いた。 ユミルを奴隷という立場に据え置いたまま、彼女との間にマリア、ローゼ、シーナと3人の娘を儲けた。 ユミルの死後はその遺体を切り刻んで娘達に食べさせて、巨人の能力を継承させた。

どうしようもない外道なのは確かだけど全ての元凶だったっけ…
>>
これ冤罪でも何でも無く本当にユミルが逃してたからな
何考えてたんだろあの女…
『進撃の巨人キャラクター名鑑FINAL』で初代フリッツ王がすべての元凶として扱われる
王がユミルを食わせてなければ発症しないし元凶だろ!?
>>
けどさあ
本編の物語って結局ユミルが始めた物語の結果じゃねえ?