漫画「遅効性の体を麻痺させる毒だ」ワイ「即効性の致死毒でいいやん」
これどうにかならんのか
0.1gでクジラとか動けなくするやつなんだけど
漫画「遅効性の体を麻痺させる毒だ」ワイ「即効性の致死毒でいいやん」
>>
0.1gでクジラとか殺せる薬の方がいい気がするンだわ
>>
殺したら能力盗めないしなぁ
「魔族になってしまう」という自分がくらってもデメリットの無い毒の解毒剤を常に持ち歩いてた飛影も謎だよな
漫画「遅効性の体を麻痺させる毒だ」ワイ「即効性の致死毒でいいやん」
漫画「遅効性の体を麻痺させる毒だ」ワイ「即効性の致死毒でいいやん」
>>
邪眼ってたしか当時A級の飛影がすべてを捨ててまで手に入れたもんよな
>>
交渉材料なくなるやん
>>
昔の戸愚呂がめっちゃ羨ましがりそうな力やな
漫画「遅効性の体を麻痺させる毒だ」ワイ「即効性の致死毒でいいやん」
>>
ブアッ

って冷静に草生えるな
>>
これ突かれたのレイやっけ?
弄ぶことには大成功やんけ
>>
ある秘孔を突くことで
体の痛みは数倍になる!
毒は訓練で耐性が付くという風潮
>>
つくぞ

アメリカ・ウィスコンシン州のトラック整備士ティム・フリードさんは、2000年ごろに「いろんな毒を体内に取り込み、科学者に血を提供して万能抗毒素を作ってもらう」という考えを持つようになり、これまでに200種類もの蛇にかまれて毒を取り込んできました。

毒が体内に入ると免疫機構が反応し、B細胞が毒の効果を失わせる抗体を生み出しますが、普通に毒ヘビにかまれた場合、抗体ができる前に死んでしまうことがあります。そこで、フリードさんは入手した毒ヘビから少量の毒を抽出しては希釈し、体に投与。ゆっくりと毒に対する抗体を体内で作り出していったとのこと。
>>
毒手かな?
強キャラに毒が効かんの安っぽいよな。どんなキャラでも毒くらったら死ぬからそれを前提に戦う方が面白くなると思うんやが
>>
どうやっても勝てないならあの毒でいいじゃんなんで使わないのってなりそうやししゃーない