【感想】 逃げ上手の若君 19話 ここまで鎧が強い作品初めて見た… 敵将の不気味さ気持ち悪さが絶妙すぎる【ネタバレ注意】
逃げ若は溜め回だったけどやっぱり若様の色気がすごいな
【感想】 逃げ上手の若君 19話 ここまで鎧が強い作品初めて見た… 敵将の不気味さ気持ち悪さが絶妙すぎる【ネタバレ注意】
15万円おじさん
>>
一人7から8万円か
子供の値段安いな…
>>
することないから簡単に増えるしそれでいて割とすぐ死んだりで
大金出しても割りに合わないからね
逃げ若のフランス国旗男名前まんまじゃねーか!
【感想】 逃げ上手の若君 19話 ここまで鎧が強い作品初めて見た… 敵将の不気味さ気持ち悪さが絶妙すぎる【ネタバレ注意】
【感想】 逃げ上手の若君 19話 ここまで鎧が強い作品初めて見た… 敵将の不気味さ気持ち悪さが絶妙すぎる【ネタバレ注意】
(このハゲ強いな…)
>>
刀って結構斬れないんだなって思った
もっとスパスパいくのかと
>>
引いて切るときはめっちゃ強い刃物だけど
戦争中ってそういう状況にならんからねえ
>>
俺もそのイメージだったわ…単純に鎧が頑丈なんだろうな
>>
自分がイメージした通りに刀が当たるならスパッといくこともあるだろうけどお互い動いてるわけだからそもそもうまく当たらない
>>
兜割りが極意と言われるのはそういうことよ
剣とか刀って下手すりゃ竹も切れないからね一発じゃ
>>
あと基本的に両断の難易度は止まってる的<<<動いてる的だからね
>>
そもそも刀を防ぐための鎧だし防げなかったら使われんわな
>>
本格的な剣術だと鎧の隙間狙うってやってたのみたことあるわ
>>
江戸時代初期の新陰流は篭手の隙間の手首とか具足で守られてない足とか狙う実戦的なやつだね
そりゃ刀を防げないなら鎧なんてつける意味ないし
>>
ファンタジーだと鎧ごとざっくざく斬れるのが悪い
【感想】 逃げ上手の若君 19話 ここまで鎧が強い作品初めて見た… 敵将の不気味さ気持ち悪さが絶妙すぎる【ネタバレ注意】
>>
逃げ若も足利尊氏ならざっくざくとやりそう…
鉄の棒そんなふうに受けられるの
>>
鉄とかの鎧だぞ
これきっちり鎧をガードに使えてるのが達人技なんじゃねえかな!
>>
相手も当然薄いところを狙うからな…
>>
鎧をキッチリ全部位揃えられる立場の人間ならそりゃ技も磨いてるだろう
肩のアレ防御に使うやつなんだ…ってなった
>>
じゃなかったらなんだよ!?
>>
良い感じに壊れてダメージ表現する部品…?
>>
飾りかなって…
この漫画強いオッサンばっかだな
>>
×強いオッサンばっか
○オッサンになるまで生き延びた
兜は致命傷避けるのが目的で食らったら普通にダメージあると思うが
>>
全身を固めた鎧武者と戦うのは初めてかな?
【感想】 逃げ上手の若君 19話 ここまで鎧が強い作品初めて見た… 敵将の不気味さ気持ち悪さが絶妙すぎる【ネタバレ注意】
>>
逆に言えばこの数の紐一回で切れないとパーツ剥離し難いんだ
>>
部位破壊も楽じゃねえんだな…
>>
完全に殺しに来る武士相手に部位破壊とか現実的じゃねえな…
>>
狙って切れるモンじゃねぇ!
顔突かれたら死ぬのにポリ…はおかしいだろ
>>
相手子供なんすよ・・・体格差あるんすよ…
フル装備同士だと決着がつかねぇ!はそんなにってなった
>>
まあそりゃそうだろ
こんな重装備だとスタミナ溶けるし
籠手がそんな万能なら戦国の世に欠損する人でねーだろ
>>
籠手でキッチリ受けられる人は平気だよ
受けられなかったら死ぬだけだよ
>>
戦国の世がまず甲冑着た奴ら同士でじゃあスキマ狙おうぜって剣術発達した頃だろ!?
重い分動きにくいし簡単に受けてるようで衝撃はそのまま通るから体力と技術が相当いるんじゃねぇかな
>>
めちゃくちゃに要る
そんでこの時代の歴戦の手練れってマジでクソ強いのしか生き残ってない
肩のアレを盾にして構えると攻撃するところほとんどないよ鎧武者
盾を肩にたらして両手を空けるっていうのはすげぇ機能的だよね
>>
日本の昔の兵隊って盾持ってねえの何でだろうって思ってたけど肩のあれなのか…
>>
それ付けて駆け回れるようにした工夫も体力もやべえ…
ところで突きは?
>>
鉄板刃物で貫ける?
>>
突きが有効打になるならそれを気にして対処すればいいだけだ
銃が台頭するまでは鎧最強時代だからな
>>
基本は弓が最強装備っていうかキル数稼いでたからな…
着込むに越したことはない
漫画じゃよく切られがちな鎧だけど鉄の板切るなんて無理だし…
>>
斧や鉈でも切れる気がしねえ
>>
なんならまずひもや皮パーツ斬るのでもわりと難易度高い
戦場で動き回って殺すつもりでこっちくるやつの部位を見極めて正確に刃筋立てて切断!
できそう?
【感想】 逃げ上手の若君 19話 ここまで鎧が強い作品初めて見た… 敵将の不気味さ気持ち悪さが絶妙すぎる【ネタバレ注意】
>>
木材とか鉄の多層構造
>>
大体革製で要所に鉄
>>
小さい鉄の板と革の板を繋いで作ってる
全部鉄だと重すぎてやってられないのでメインは革かな
女の子の方超怪力とかじゃなかったっけ…
>>
怪力と言っても人知の及ぶ範囲だろうし相手は歴戦の猛者とかだし…
逃げ若は地味に解説ページがちゃんとしてて面白い
ジャンプで比較的ガチめな歴史ものやるの珍しいよな
【感想】 逃げ上手の若君 19話 ここまで鎧が強い作品初めて見た… 敵将の不気味さ気持ち悪さが絶妙すぎる【ネタバレ注意】
この時代(ではないけど)の甲冑って重さ13KGもあるんだな
13KGか・・・5分で音を上げそう
>>
26KGだったわ・・・
>>
鎧は一箇所に13Kgの荷重が掛かるわけじゃないからな
分散されてるからそれなりに動けるみたい(無しよりは疲れるだろうけど)
童組って超パワーみたいな力に感じたけど
兜や小手や胴で軽く受けられるくらいの力なのか?なんかがっかり
>>
鎌倉時代の子だからそのうち人を真っ二つになれるはず(偏見)
>>
鎧さえなければ大人斬り殺せる腕力体力の子供って時点で十分強いはずなんだけどな…
>>
これから成長するんじゃないのか
【感想】 逃げ上手の若君 19話 ここまで鎧が強い作品初めて見た… 敵将の不気味さ気持ち悪さが絶妙すぎる【ネタバレ注意】
気持ち悪がってるロリたちを落ち着かせるためのレス画像
>>
いつ使うんだよ
>>
人の価値がめっちゃお安い
>>
こんなモブの鎧も描き込めるCG化は神だ
>>
ここで現代の金銭価値をさらっと使うのいいな
人の値段がどれくらいなのかってのがスッと分かる
>>
このセリフ回し読んで天才かってなった
値が付くよ、まではよくあるけど
その価格になりたくないのかいって発想がすごい
>>
誘拐は犯罪だから合意は必要だよね…
>>
サイコパスでは?
鎧武者って刀通らないの!?ってなった
動かれてたら倒せねえじゃん
>>
刀通ったら鎧の意味無いじゃん
>>
鎧の隙間を狙うのだ
センゴクで言ってた
>>
だから介者剣法というのがある
>>
タフガイげんき思い出した
>>
倒せないぜ
なんなら矢も通らないぜ
だから隙間を狙ったり組み伏せて首切ったりしてた
>>
まぁ良く見るファンタジー物に出てくる鎧なんて紙同然に切り裂かれるから気持ちはよくわかる
あの当時の鎧ってそんな頑丈だったの?
>>
鎧頑丈だから合戦ではまず刺すとか切るじゃなくて叩くって手段になったらしい
そんな鎧を安安と貫通するから銃はやばかった
>>
攻撃防げないような防具だったら装備する意味がないし…
>>
西南戦争の時代だと鎧を装備する意味ないから動きやすい普通の服にするねってなったら白兵戦で刀が活躍するから皮肉だね
>>
なるほど…
やっぱやばいんだな銃って
>>
威力的には弓も鎧通せるくらいやばげなんだけどそれできるのは達人くらい
銃は達人じゃなくてもそれができる
おそろしや
>>
なんかじゃんけんみたいでおもしろいな
鎧ごとぶった斬るとか普通できない
こんな常識を思い出させてもらった
>>
そもそも人体斬るのだって早々…
>>
いわゆる兜割りって凄いんだなって
>>
そもそも兜割りといっても両断できるわけじゃないからな
何寸か切り込めればアッパレって感じだし
>>
西洋「なのでこうして鈍器で殴ってヘコませる」
>>
教会「残虐すぎるんで禁止です」
>>
金属を下手に凹まされて脱げなくなりそう
死ぬからいいのか
>>
というかそれが目的
仮にしななくても確実に戦闘不能にできる
日本刀は突くものだってどっかで聞いた気がする
>>
粘り気はある程度あるとは思うけどたぶん折れるぞ?
>>
大体時代劇のせいなんだけど当時の人からすると鎧で防がれるのは当たり前で
確実に殺したければ隙間狙いでぶっ刺す!斬るのはそれが上手くいった後の話
斬首すら普通は無理って言われてるしな
骨が硬過ぎて
>>
なのであれは首の骨の隙間を斬る
下手くそがやると斬れないので介錯を任されるのは栄誉だった
西洋では斬首の際は斧とか首切り用の剣使ったりしたけど
スパっと斬ってもらうために貴族が首切り役人にお金渡したりしてた
渡されたけどそもそも下手くそで何回やっても斬れなかったやつもいる
ギロチンは確実に首をスパっとできるので人道的?みたく言われたこともあった
>>
ギロチンは人道的ではあったんだが
見た目が刺激的過ぎてエンタメ性を加速させてしまったからなぁ
人間とは愚かなものよ
西洋の剣は重さで叩き斬るってのが主みたいなので実質鈍器
>>
それはものによる
普通に斬れ味追及してるのも多い
そもそも板金鎧なんて近世に入ってからだしな
逃げ上手最近面白くなってきた
やっぱ松井先生は頭おかしい敵キャラ出さないとな
>>
最近あのくらいの敵じゃそこまで頭おかしくないなってなってきてる
若君が刀構えてるページちょっとえっちすぎる
俺も死ぬときはこんな子に介錯されたい
【感想】 逃げ上手の若君 19話 ここまで鎧が強い作品初めて見た… 敵将の不気味さ気持ち悪さが絶妙すぎる【ネタバレ注意】
>>
うっすら冷や汗かいてるのがとてもえっちだと思います
若君の浅田って実在する人?
ネウロで出て来た編集長にしか見えないんだけど…
【感想】 逃げ上手の若君 19話 ここまで鎧が強い作品初めて見た… 敵将の不気味さ気持ち悪さが絶妙すぎる【ネタバレ注意】
>>
多分後者であってる
モブに担当の名前つけるお遊びだろう