今年のロボアニメ、最後の大攻勢に出る
TxEepk0
ダイナゼノン


種の映画発表(こいつは外伝)


マブラヴ投入


>>
ゲッターアークは?

>>
タケルもっとマッチョやろ

バックアロウ定期

>>
そんなものはないぞ

TxEepk0
最後の花火か?

ハサウェイ「あの・・・」

>>
だまれ

ゲッターロボって今年やっけ

>>
来月やな

>>
どうやってオチつけるんだろうな

ダイナゼノン←おっさん
SEED←おっさん
マブラヴ←おっさん
結局全部おっさん向けでは?

>>
まずロボットがおっさん向けやし

>>
seed好きな25歳っておっさん?

まだよく分からないこれとか・・・


>>
あまりに不細工過ぎてやばい
ヴヴヴもガワだけは良かったのに

>>
これ期待してる
なんだかんだサンライズのロボアニメはおもろいからな

TxEepk0
86民がマブラヴにパクリ認定するのが見たいわ

もうロボットは諦めろよ

>>
というか子供がロボアニメに入る為の入り口がないからほんとに終わるしかないよな

てか夏アニメが微妙すぎる

>>
でもひぐらしがあるから…

バックアロウは中島かずきの悪いところを煮詰めた典型的なクソ作品や

>>
谷口が枯れてるだけだろ

にわか「ガンダムだせぇ」
ワイ「はい売上」


>>
アンパンマンつえーな

>>
ガンダムどこか探したぞ

>>
ワンピってコミックだけでここに並んでるようなもんやんけこれ

種映画は脚本完成してるみたいやけど今から画を作るんかな


>>
駄作確定やん

『マブラヴオルタネイティヴ』2021年10月より連続5クール放送開始





それは、極限の世界で戦う人々の絆の物語―
この時空に存在する、無数の並行世界のひとつ―
そこで人類は、戦術歩行戦闘機(戦術機)と呼ばれる人型兵器を駆り、人類に敵対的な地球外起源種「BETA」と数十年にわたる戦いを続けていた。

滅亡の危機に追い詰められた人間たちが、過酷な運命の中でどのような生き様をみせていくのか―

『マブラヴ』は、ゲームブランド:age(アージュ)が企画・製作した2003年発売のアダルトゲーム。

2006年発売の『マブラヴオルタネイティヴ』と合わせてひとつのストーリーを成す。

アニメーション制作は「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」など数多くのヒット作を手掛けてきたWITSTUDIOが担当。

制作協力として「ギルティクラウン」「彗星のガルガンティア」などのProductionI.Gが参加。

監督は「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」の荒木哲郎。

シリーズ構成・脚本は「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ」「進撃の巨人」の小林靖子。

キャラクターデザイン・総作画監督は「PSYCHO-PASSサイコパス」「進撃の巨人」の浅野恭司。

そして音楽は、「機動戦士ガンダムUC」「進撃の巨人」の澤野弘之が務める。

2021年、世界中で大ヒットしたアニメ「進撃の巨人」を制作した実力派スタッフが再集結し、映像化不可能と言われ続けてきた「マブラヴ」の壮大なストーリーと圧倒的な世界観を、ハイクオリティなアニメーションで送り出す。

>>
本気なのが伝わってくる

>>
5クールなわけないだろw
夢見すぎなんだわ

>>
ガセやろ


こんなヒロインで売れるんか…?

>>
20年ぐらい前のアニメかな?

>>
だっさ

グリッドマンとダイナゼノンは監督も言ってたけど
「4クールアニメに置き換えてこのぐらいの時にこういう販促回でこういう玩具が出るはず」とシミュレーションしてシリーズ構成練ってるらしいからな

監督の机
















>>
タケミカヅチカッコイイね

>>
主役のUN不知火がないのは何故なんや…

>>
クーデターはさらっと流されそう

でもこのデザインは好き嫌いがはっきり別れそうや…


>>
ランスロットとガーランドとレーヴァテインを足して3で割った感じ

くぎゅのジェットジャガー


>>
このアニメどこの需要を狙ってるのか謎