【感想】 読み切り漫画『扉を開けるな』世にも奇妙な物語のようなストーリー展開 シンプルだけど緊迫感がすごい【ネタバレ注意】
読み切りこえー!
【感想】 読み切り漫画『扉を開けるな』世にも奇妙な物語のようなストーリー展開 シンプルだけど緊迫感がすごい【ネタバレ注意】
読み切りはサンデー系列でもコンビで読み切り描いてるな元々知り合いなのかな
【感想】 読み切り漫画『扉を開けるな』世にも奇妙な物語のようなストーリー展開 シンプルだけど緊迫感がすごい【ネタバレ注意】
読み切りはなんか扱ってる題材と絵柄が噛み合ってない感じがする
>>
それがいい感じに不意打ちで楽しかったわ
読み切りは絵柄的にいろんな時代旅する冒険活劇とか期待しちゃった
>>
途中までワクワクしたけど扉が消えた瞬間オチが読めちゃうよね
>>
モブの格好で原爆ループまで読めたよ
広島行きを変えないなら過去の日本に行ったんだから知識チートで調子に乗ったらループ落ちでしたの方がホラーとしてはベタだけどまとまった気はするな
>>
普通の少年が知識チートなんかできないからそっちの方がとっちらかるよ
タイムスリップものや異世界ものでそれがなんとなく受け入れられるのは現代日本と違いすぎるから現代の常識が完全に未知の知識扱いできる上にその影響も自由に設定できるからだし
>>
でもなんか日付聞いてもしかして原爆投下日かも!って発想ができてる時点でご都合主義は感じてしまった…
>>
原爆投下日はわかるだろ!
>>
ハムの日と吐くの日は義務教育で習うだろ!?
>>
知らん語呂合わせだ
最近はそういうんもあるのか
>>
俺アラフォーだよ…
>>
いや…原爆投下日判るのは極めて現実的な範疇での現代人の優位性だと思うよ…
実際全員が全員ハッキリ覚えてるもんでもないがハッキリ覚えてる人が居ても全然違和感がないという意味で
>>
広島8月6日で原爆投下連想できない日本人なんていないだろ
>>
むしろ逆で現代人が具体的な日付覚えてる昭和の大事件なんて昭和20年8月6日と9日と15日くらいだろ
>>
平成だと311くらいしか覚えてねぇや
>>
あと911かな
515と226は昭和7年と11年が出てこない人多そうだし
最近ホラーオチ読み切り多いけど連載に繋がるんだろうか
>>
そこら辺は完全に読切で完結してるのと連載向けのと別れてるんじゃないだろうかな
今日のは前者だろうし
>>
アウターゾーンも元は10回限定の短期連載だしね
地下室の扉は元気なうちに埋めときゃよかっただろ…?
>>
それが出来たら主人公は最初から存在してないんだ
>>
自分が生まれてくるまで忘れてたので…
扉をあけるなってことは
今の人生には納得してないのか
>>
かわいい嫁さん貰って孫まで出来て何が不満なんだ…
読み切りは主人公が爺になって死んで別にループするわけでもなんでもないからな
>>
孫(自分)は行方不明扱いになるので阻止できるならするに越したことはないんだ
真面目に防ぐ気なかったんであのザマだけど
読み切り1回海底に繋がってるけど大丈夫か?
【感想】 読み切り漫画『扉を開けるな』世にも奇妙な物語のようなストーリー展開 シンプルだけど緊迫感がすごい【ネタバレ注意】
>>
どこでもドアは海底奇岩城でも大丈夫だったし
未練はないってモノローグはあったからそれでも
現在で生きた方が良かったという思いがちょっとだけよぎったんだろうさ
【感想】 読み切り漫画『扉を開けるな』世にも奇妙な物語のようなストーリー展開 シンプルだけど緊迫感がすごい【ネタバレ注意】
扉放置はまぁ本人視点だとループじゃなくてもう別世界になったような認識になってじゃあ壊そうとして今の世界から離れることになっても怖いし触れんとこってなったんじゃ
んで死ぬ寸前にループだコレ!ってなった忠告を
>>
まぁその扉の上に家建ててるんだが扉への道残したまま
今の人生に納得してても実際あの場面になったら「扉を開けるな…!」って言いたくなると思う
死に際にそれっぽいセリフ言えるなら俺は絶対に言う
>>
思わせぶりなこと言いたいよな
>>
シズマを…止めろ!
原爆投下の日に走って範囲外まで逃げれるかな…とかは思った
>>
どっちかというとなんで原爆投下の爆心地とその効果範囲知ってるのって…
>>
逃げたときの描写からして単純に街から離れて山奥に駆け込んだ感じだと思う
ここまで来れば放射能も…って言ってるけどそれが本当に判ってて言ってる保証もないし
素人に出来る原爆回避としては十分出来うる範疇で助かったのもラッキーだったねで納得出来る
>>
それが同時に現代知識でチートできるような人物じゃないって説明になってるよね
>>
そもそもこの話現代知識でチートするって話じゃ無いからね
>>
そんな主人公に対してビットコインかえだの任天堂株買えだのと言っている掲示板があるらしいな
>>
やるなら土地ころがしだよな!
>>
せめてもみじ饅頭だよね
>>
コンパイルの株も買っちゃうんだ…
>>
爆心地は原爆ドーム周辺なんだからともかく広島中心部と逆方向に逃げただけで効果範囲知ってるわけじゃないでしょ
>>
まあ無理だな
最初は防空壕の中に隠れてろで助かるのかと思った
>>
たまたまギリギリ範囲外に逃げれる位置だったのだろう
>>
警報解除から投下まで30分以上あいてるからな
>>
それでも比治山がせいぜいかな・・・
原爆投下はハムの日と覚えておけばいい
正直昭和20年で西暦換算の方が出来ないから俺は死ぬわ…
>>
昭和産まれなら西暦換算なんて楽なもんだけどな
つまりよぉ
原爆投下後の広島で球団を設営すれば大金持ちになれるって事だろ?
>>
金持ちかな…金持ちかも…
>>
広島カープは貧乏すぎて一度偽装倒産して樽募金でなんとか生き延びて東洋工業(マツダ)に助けてもらって広島東洋カープだそ
扉の消失と動画撮影になんか因果が欲しかったな
やらかし感が増す
>>
そこまでやると読み切りのボリュームに入らなくなる気もする
個人的には扉は過去への一方通行ってだけで扉の消失は納得した
>>
繋がった後扉が残るなら恐竜やローマ人来ちゃうからな…
時間が経つか閉めると消えると考えたほうが自然だ
おじいちゃん任天堂の株買っとけばよかったのに
>>
マイクロソフトとグーグルもだ
17歳に株に興味持てとか無茶言うなよ
>>
任天堂が将来的に大企業になるの知らない17歳はいないだろ
>>
任天堂が大阪二部に上場されたのが昭和37年だから広島の焼け野原から凡人がスタートしてそこで100株単位で株買えるようになるのってかなり難しいと思う
>>
ここから株で大儲けワッハッハなんて話いらんし…
死にかけの爺のとこに生まれたての子供連れてくるのはどうかと思う
>>
いやそれはみたいだろ!?
>>
心電図つけられてるような状況だしなあ
現代で17歳
出かける時お母さんがマスクつけてないのでおそらく2019か2020年
孫が生まれてすぐ死んだので17年前の2002年か2003年死去
1945年に飛んだので57年間にそれまでの17歳足して享年74歳
平均寿命より低いのは昔の人だからか放射線にやられたか…
>>
あの年代の70代は完全にヨボヨボだよ
戦後すぐで結構苦労しただろうし
>>
現代人の食生活で育ってきた10代の少年の体が思春期に戦後の食生活で過ごしたらまぁ
過去に行ったらまず現代知識で金儲けって方向に向かうのはお前らの悪い癖だと思う
>>
失礼なBTTFから続く伝統だぞ
広島に飛んだので戸籍とか全部有耶無耶になったんだな…
>>
タイムスリッパ―に優しい時代だないや全然優しくないけど
>>
現代日本なんかはアウトローがまともに生きていく方法ないからな
>>
現代知識チートあってもたぶん20年ぐらい無意味だろうな…
>>
そういう諸々含めてチョイスとしてはベストすぎて正直感心している
申し訳程度に戦争の悲惨さも描いてるけどそれ以外で創作に活用出来たんだなアレ…って
歩きじゃなくてそこら辺の車を借りてくぜ!って描写があれば良かったんだな
>>
当時の自動車普及率と操作性の違いと石油がないことを忘れるなよ!
>>
現代の17歳がクラッチあるマニュアル車運転できるかな…
そもそもなんで原爆投下のタイミングの遠く離れた広島に飛ばされるねんとか色々思うところはある
>>
それは流石に漫画を読む上で野暮すぎる
>>
トリケラトプスとティラノサウルスが一緒にいる場面とかガンマンの決闘シーンとか割と見所タイミングに飛ばしてくれる扉さんだから
相生橋と逆方向に全力で逃げる
建物が全壊した2km圏内からは余裕で脱出できるはずだ
>>
この主人公えらく土地勘あるな…
>>
おじいちゃんの故郷の広島行ったらばあちゃんと爺ちゃんの馴れ初め聞くと思う
原爆投下の日におばあちゃんはおじいちゃんにここに連れてきてもらったおかげで助かったんだよって
それにしてもおばあちゃん美少女すぎない?
【感想】 読み切り漫画『扉を開けるな』世にも奇妙な物語のようなストーリー展開 シンプルだけど緊迫感がすごい【ネタバレ注意】
バッドエンドかな…?
確かに生涯の最後に悔いは残ったけど概ね天寿全うしててそこまで不幸でもない気がする
>>
主人公76まで生きてるからな
割と大往生よね
原爆で焼け落ちた神社の地下に扉あったんだから主人公の家も広島だろ
>>
言われてみればそうだわ
>>
>>
よく読め
遠路はるばる自分の家のあった所まで扉探しに行ってる
【感想】 読み切り漫画『扉を開けるな』世にも奇妙な物語のようなストーリー展開 シンプルだけど緊迫感がすごい【ネタバレ注意】
生涯がわりと幸せそうだから最後の扉を開けるなが(そんなに必死に止める必要ある?)って感じだった
>>
未練はあったんだろう
>>
そりゃあそうなんだがなんかなあという気にはなる
急にホラーにオチ持って行ったような