【呪術廻戦】芥見下々先生「(禪院真希)は甚爾を目の当たりにして、いかに何を捨てるかっていう考え方にシフトしていきます」
何か捨てて手に入れるから伸びしろっつーか等価交換みたいな印象
真希さん何捨てるんだろうな
とりあえず手っ取り早いのは視覚とかか?
>>
呪霊やらは知覚できるらしいしいいよな無くなっても
身体能力全く落とさずに何か捨てるんなら記憶とか?
>>
最後なんのために戦ってるのも思い出せなくなるやつじゃん
そもそも天与の呪縛なのに後天的にもっとゴリラになりたいからこれ捨てますってやって強化されても良いものなんだろうか
まぁ想像とまた違う形の捨て方するのかもしれんが
>>
捨てて強化されると仮定してもどうしたら捨てたと認められるかもよくわからないしな
客観的に見える身体の部分でも放っといたら腐り落ちるようなところ切り落としたからって捨てたことになるのかみたいな
客観的に見えないもの捨てるならもっと訳わかんないし
>>
呪力全般が結局は負の感情に帰結するんだし
当人が捨てたとか無くしたと思えたら機能するんじゃないか
縛りってあとから結ぶのが基本でしょ
>>
天与呪縛のが不自然って言うか
六眼がいきなり生えてきた案件みたいに
あれもなんかしらのバランサーなんだろうな
真衣ちゃんが武器作って真希が使うって強化方法かと思ったのに
何か不穏な方向に進むのな
>>
出涸らしにそんな呪力ないし…
>>
銃弾一個作るのがやっとの人が何を
>>
そんな明るい展開が呪術に望めるとは思えない…
人間性をパパ黒と同じレベルまで捨てる
>>
ヒモになって渡り歩くのか…
>>
そういうの真依のがうまそう
ハンガーラックマンの家なんて人体を解体加工して悪趣味な置物つくるための道具しか無さそうだけど
真希さんその身体でどんな武器つくるつもりなの・・・
>>
ちゃんと普通の呪具も作ってるらしいぞ
視覚を捨てよう
まずそのダサイメガネ
>>
パパ黒が目が良すぎて呪力0でも呪霊見えてんの酷すぎる
あれ実際は見えてないけど空間の揺らぎとかで分かるって事なんかね
>>
伏黒パパは感覚で呪霊がわかるみたいだしその領域になればメガネはいらなくなるな
そもそも眼鏡ないと見えないし呪具ないと祓えないのにマキパイセンの呪力ってどこにあるの
>>
一般人並みの呪力ならある
コントロールできないから垂れ流し状態で身体能力の強化には使えない
>>
パイセンの呪力は一般人並という非常にタチ悪い微妙な弱さなのだ
パパ黒は完全に呪力ゼロっていう世界に1人レベルの特例だったわけだけど
ならパイセンは自分の中のわずかな呪力をどう捨てるかで
パワータイプやスピードタイプにフォームチェンジできるようになったりするかもしれん
【呪術廻戦】芥見下々先生「(禪院真希)は甚爾を目の当たりにして、いかに何を捨てるかっていう考え方にシフトしていきます」