【呪術廻戦】148話ネタバレ考察 五条さん、ガチで黒幕なのかもしれないw
五条さんどの面下げて箱から出てくるんだろう
もう出てこなくて良いだろこいつ…
>>
漏瑚に舐めプ&交流戦で花御に雑ムラサキ
で結果特級二体に逃げられてこの惨劇だからな
馬鹿目隠しが老害呼ばわりしてた爺さんが馬鹿目隠しのシリ拭いしてんのほんとひで 爺さんも夜蛾をコロしたくは無かったろうに

普通こういうのは老害共のシリ拭いを前途ある若人がしそうなもんだが
>>
夜蛾がコロされたのは五条も虎杖も関係なくね?
夜蛾の術式に上層部が目をつけたせい
>>
夜蛾タヒ刑の口実作ってんだし関係あるだろ
野薔薇とかも魂に攻撃できるから強いじゃんって思ってたんだけど
今は真人がいないから魂に攻撃できるって部分があんまり意味なさそうな気もする
>>
野薔薇の能力は真人関係なくエグいよ
準備が必要だけど遠距離から防御無視の直撃はマジエグい
共鳴りって可能性の塊だしいくらでも活躍させられそうだけどな
虎杖かお兄ちゃんに撃てば羂索に届きそうじゃね?
たしかに野薔薇は魂に攻撃ってのがなくても術式は強いか
これで野薔薇がゴリラだったら一人で無双出来そう
>>
虎杖かお兄ちゃんが再起不能になってしまうw
>>
悪魔の発想すき
それと今回で特級に認定される条件みたいなのもわかってきたな
少なくとも強さではないのはほぼ確定した

何というか夜蛾みたいな例がすでにいくつかあるんじゃないかと思う
それを鑑みると五条の封印は上層部視点だと理には適っていたんだなと
強すぎるからやれないだけで
>>
前にがくがんじが「特級はナナメに外れた存在」って言ってたけどあれ要するに呪術機関にとっても都合が悪い存在ってことなんやなぁ
前例が五条とかだから単純に強すぎて扱いが面倒だから模範にならんくらいに思ってたけどあれは五条や乙骨自身がくそ強すぎだから拘束しようがなかっただけなんだろうな
>>
今週号読んだ限りだと夜蛾の術式はこの世の理に干渉しかねないニュアンスを感じたもんな
夏油とは別ベクトルの無尽蔵の戦力だけでは留まらない何かが
>>
リカちゃんとか乙骨の意思に反してでも生かそうとするだろうし上層部もコロせなかったんだろうな
乙骨と虎杖がそうだけどヤバすぎる能力持った人は秘匿タヒ刑食らってたんだろうなって
現役の特級4人は生存を許された特級4人
>>
恐らく特級術師以外の呪術界が束になっても返り討ちにされるくらい別格なんだと思う
実力で自分の生存権を確保できている
特に五条の牽制が大きい
特級術師は最低条件が秘匿タヒ刑をなんとかできるだけの戦闘能力+特級認定される特殊能力って感じか
>>
九十九と乙骨の術式がより気になるな