ラスボス「うぅ…ぐすっ…実は俺にはこんな哀しき過去があってぇ…」主人公「そうだったのか…」
こういうのもっとやれ
間違いなく駄作やろ
>>
名作やぞ
>>
ナルト定期
>>
鬼滅の刃定期
敵「(世の中に対する色々な正論)」
主人公「うるせえ死ね!」
こういうパターンそこそこあるよな
>>
正論じゃくて極論だろ
>>
それでも!やぞ
>>
大体極論だろ
>>
4代目の悪口はNG
>>
それでも僕には守りたいものがあるから…
カイドウにも哀しき過去があるんか?

ラスボス「うぅ…ぐすっ…実は俺にはこんな哀しき過去があってぇ…」主人公「そうだったのか…」
>>
ラスボスは黒ひげやぞ
>>
ラスボスはシャンクスやで
>>
ラスボスはイム様やろ
悪役「愛ってのは痛みを伴うものなんだ」
>>
やめろぉ!!
>>
自分が未熟なせいでホモに掘られただけなのに師匠を逆恨みして闇堕ち(笑)するのはいかにもな猿展開なんだ
吉良は悲しい過去あるけど描かなかったんやっけ

ラスボス「うぅ…ぐすっ…実は俺にはこんな哀しき過去があってぇ…」主人公「そうだったのか…」
>>
今でいう過干渉の毒親をあの時代に思いついてたとか先見の明あるわ
>>
それでも吉良ぐらいの過去ある真人間も多そう
>>
嫌味な性格かもしれんけど基本的に斬りつけられただけの被害者だしな
鬼滅はどいつもこいつも悲しい過去あったのに
ラスボスだけただの畜生だよな

ラスボス「うぅ…ぐすっ…実は俺にはこんな哀しき過去があってぇ…」主人公「そうだったのか…」
鬼滅の刃の凄いところはそういう敵の回想を見開きで終わらせるところやな
他の漫画は長ったらしく悲しい過去とかやる中そういう手法をとったのはマジで画期的だわ
そら日本で1番売れるわな
>>
それやったの半天狗だけ定期
>>
無惨さまの悲しき過去なんか他の上弦に比べて短くなかった?
>>
クモの鬼とか長かったやんけ
>>
>>
こうやって自分が知ってることを相手にひけらかす奴きらい
知らない人からすれば知らねーよとしか言えないだろうが
こういうのでいいんだよこういうので

ラスボス「うぅ…ぐすっ…実は俺にはこんな哀しき過去があってぇ…」主人公「そうだったのか…」
>>
過去とかそれ以前に遺伝子レベルで悪以外のことがわからない存在として産まれるのは悲しいのに入るんやろか
>>
こいつはスレタイの逆張りの為ってだけで魅力はないわ
漫画だと悲しい過去があると同情するけど
現実で犯罪者が悲しい過去があってもあんまり同情できんよな
>>
そらリアルで人死んどるからな
>>
大概は同じ境遇でもまともに生きとる人間が大勢いる程度の悲しい過去やからな
頼むから呪術回戦はこれやるなよマジで

ラスボス「うぅ…ぐすっ…実は俺にはこんな哀しき過去があってぇ…」主人公「そうだったのか…」
>>
誰がそれやるねん
宿儺か?
>>
途中真人に生存競争うんぬん言わせたのすげー薄っぺらくて不安になったわ
>>
夏油にも悲しい過去が…ってやっとるからな宿儺と加茂にもあるやろ
>>
火山くらいなら…
スクナに認められて死ぬくらいなら
約束のネバーランドまでこれやったのは本当に勘弁してほしかったわ
>>
味方っぽい鬼に悲しい過去
敵の鬼に悲しい過去

読者置いてけぼりやで
>>
ピーターラートリーがこれやり始めたのは本気でうんざりしたわ
ラスボス「うぅ…ぐすっ…実は俺にはこんな哀しき過去があってぇ…」主人公「そうだったのか…」


ハレクラニに悲しき過去・・・
>>
しゅきぃ
ダイVSバーンは上手くバランス取った方だよな
>>
力こそが正義に対する「より強い力でボコボコにされればお前は満足なのか」とか
最後の「さよなら 大魔王バーン」って台詞が代表的だと思う