呪術廻戦GIGA連載時はまさかここまで化けるとは思わなかった
呪術廻戦GIGA連載時はまさかここまで化けるとは思わなかった

ジャンプというよりガンガンと思った
連載前の読み切りが映画化するって何気にめちゃくちゃ珍しい事例では
>>
読切としてはシナリオは頭一つ出てる作品だからね
俺の伏黒恵の出番が無いようだが
>>
同時上映劇場版じゅじゅさんぽをやるしかあるまいな
0巻やっても原作の販促的には微妙そうだけどまあ単体で人気出てくれれば十分か
>>
本来あるべき形の過去偏だろ
呪術廻戦GIGA連載時はまさかここまで化けるとは思わなかった
>>
原作売れまくりだし
呪術高専の生徒が数人しかいないとか
当時はせっかくアイディア膨らませれるのにと思ってたが
今思うと英断だよな
40人5クラス5学年いても蛇足なだけ
>>
バタバタ死ぬシーン描かなくていいしね
>>
交流戦も個人戦を完全に省いて野球にしたの正解だよな
普通の漫画家ならあれで3巻は使ってた
>>
人数少ないのもそもそも呪術師が少ないという設定が反映されてて良い
呪術開始時に0巻を読み切りに収めないで前日譚にしたとこからして新人らしくなかったな
>>
芥見って最初から超期待株だったしな
連載会議満場一致で通ってからここまで超絶優等生な売れ方してるし
>>
足が太いだけじゃなかったのか・・・
新人時代の作品が劇場って普通に凄い
>>
まあこの短期連載が評価高かったからこそ
呪術の連載に繋がったわけだし