初代ポケモンのきあいだめ状態は急所率を上げるのではなく「急所率を下げるもの」だったらしい
初代ポケモンのきあいだめ状態は急所率を上げるのではなく「急所率を下げるもの」だったらしい

>>「きあいだめ」と「クリティカッター」によって「はりきっている!」と表示される、
>>いわゆる「きあいだめ状態」は急所率を上げるのではない。効果がないわけでもない。

>>残念ながら「急所率を4分の1に減らす」という効果がある。

この記事読んで思ったんだけど初代の急所率が異常に高かったのって常に急所率上昇の処理がされてたのでは?
つまりきあいだめは無意味な技だったってことか
初代ポケモンのきあいだめ状態は急所率を上げるのではなく「急所率を下げるもの」だったらしい
>>
無意味どころか急所に当たりにくくなるマイナス技だぜ!
ヨクアタールの後につのドリルしたら必中なん?
>>
素早さが相手より低かったら無理じゃない?
>>
相手より素早さが上ならね
だからきりさくとかの
急所率高めの技はだいぶ壊れ気味な性能に…
初代ポケモンのきあいだめ状態は急所率を上げるのではなく「急所率を下げるもの」だったらしい
クリティカッターってクリティカルをカットするって意味かよ!
>>
今初めて知った…
>>
なわけねーだろ!
ゲーム中にも説明書にも急所率をアップするって書いてあるから!
初代ポケモンのきあいだめ状態は急所率を上げるのではなく「急所率を下げるもの」だったらしい
赤緑のアレコレはいわゆる裏コードとかじゃないの?
マジでただのバグなの?
>>
研究が進むにつれて何で発生したバグなのかが分かってきてあまりプログラマを責められなくなった
進行不可能になる不具合はあまり発生しなかったのが幸いだったな
>>
ダイパだと進行不可になるバグあったよね